電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,649件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

ホンダと三菱商事は13日、電気自動車(EV)バッテリーを利用した新事業を推進する共同出資会社「ALTNA(オルタナ)」を7月に都内に設立すると発表し...

リコーと日本ガイシの共同出資会社であるNRパワーラボ(名古屋市千種区、中西祐一社長)は13日、移設可能な蓄電池をニーズに応じて提供する新コンセプトの蓄電所を活用した...

三菱ガス化の新中計、環境に大型投資 循環型メタノール注力 (2024/6/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)やバイオメタノールの事業化などを念頭に、自社の拠出だけに限らず、共同出資会社の設立や国の補助金などを含めて検討。

KDDIと物流倉庫用自動化システムの共同出資会社を設立するなどテコ入れするが、早期の収益回復は課題だ。

HAPS事業では、NTTとスカパーJSATの共同出資会社であるスペースコンパス(東京都千代田区)とNTTドコモが主導し、みずほ銀行や日本政策投資銀行が参画するコンソーシアム(共...

KDDIとシャープ、データセクションで共同出資会社を設立する計画だが、出資額や投資額は未定。

JALと住友商事、“空飛ぶクルマ”で新会社 安全運航で協力強化 (2024/6/4 生活インフラ・医療・くらし)

日本航空(JAL)と住友商事は3日、日本で“空飛ぶクルマ”を運航する新会社「Soracle(ソラクル)」を折半出資で同日付で設立したと発表した。両社は2020年にエアモ...

三浦はダイキンの完全子会社で空調・冷熱設備の施工などを手がけるダイキンアプライドシステムズ(東京都港区)に147億円を出資し、株式の49%を取得して共同出資会社にする。... ...

NTT―AT、IT活用心身ケア展開 メンタル可視化など (2024/5/31 電機・電子部品・情報・通信)

NTT西日本とパラマウントベッドの共同出資会社「NTTパラヴィータ」(大阪市中央区)が提供する睡眠改善支援サービスとの連携も検討する。

VOLTA(ボルタ、静岡県富士市、今井健太社長)と三井物産など3社はリチウムイオン電池(LiB)のリサイクル事業を手がける共同出資会社を5月中にも設...

三菱電機とアイシンは電動車向け部品供給を強化するため、共同出資会社を立ち上げる。... (特別取材班) 三菱電機とアイシンが立ち上げる共同出資会社は三菱電機が66&#...

三菱電、ベトナムに共同出資会社 東南ア向け遮断器製販 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機1)

三菱電機は冨士ベークライト(岡山県矢掛町)と、ベトナムのハノイ近郊に工場自動化(FA)機器の共同出資会社を6月1日に設立する。... 将来はFA機器...

OA5社の通期予想、4社が増収営業増益 在庫調整・コスト減寄与 (2024/5/21 電機・電子部品・情報・通信1)

主に、海外人材の成長領域への配置などに伴う流動化コストや7月に設立予定の東芝テックとの共同出資会社の費用に充てる。複合機の開発生産の統合・効率化によるコスト低減に期待を寄せており、25年3月期には新会...

帝人など、在宅腎不全治療で新会社 医療機関に関連情報提供 (2024/5/21 生活インフラ・医療・くらし)

帝人は20日、ジェイ・エム・エス(広島市中区)と子会社の帝人ファーマ(東京都千代田区)が在宅腎不全治療に関する共同出資会社を設立する契約を結んだと発...

2024年度中にも共同出資会社を設立し、サービスを開始する。... 共同出資会社には豊田自動織機と三井不動産、三菱地所も参画する。... 運送会社や荷主を募って24年度中に3―4カ所の倉庫を対象にサー...

村田製、アールプラスに出資 プラ再資源化 (2024/5/17 電機・電子部品・情報・通信)

出資額や出資比率は非公表。アールプラスジャパンは2020年6月から事業開始した共同出資会社。

UBEとの共同出資子会社、宇部マクセル京都(京都府大山崎町)が同事業で電気自動車(EV)分野に参入する。... 同社はマクセルが51%を出資する連結子会社。.....

KDDIとソフトバンク、5G網構築の協業範囲を全国に拡大 (2024/5/9 電機・電子部品・情報・通信1)

5G、4G基地局建設の工法など工事仕様の共通化、部材の共同調達も検討する。... 両社は20年4月、共同出資会社として5Gジャパン(東京都港区)を設立。... これまでに5Gジャパンを...

海運3社の前3月期、大幅経常減益 コンテナ船需給軟化 (2024/5/9 生活インフラ・医療・くらし)

3社の共同出資会社が運営するコンテナ船事業において、前期までのコロナ禍の物流逼迫(ひっぱく)に伴う空前の好市況が沈静化し、需給が軟化して業績が下がった。

欧米を中心とする海外人材の成長領域への配置などに伴う流動化コストや、東芝テックとの共同出資会社の費用などを見込む。... 一部取り組みを始めているという海外人材流動化にかかわる費用約80億円、7月に設...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン