電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,120件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

技術共通化で開発期間短縮 ―2024年3月期の当期損益を赤字と予想しています。 ... デジタル変革(DX)を取り入れる中で技術...

KDDI、法人用国内向けIoT通信サービス ソラコムと基盤融合 (2024/4/3 電機・電子部品・情報・通信1)

ソラコムのIoT基盤を活用したKDDIのIoT向け国際ローミングサービス「グローバルIoTアクセス」とサービス基盤を共通化したことで開発・維持費用を削減し、低価格を実現した。

(総合1参照、編集委員・錦織承平、八家宏太) 複数車種開発・部品を共通化 開発期間4カ月短縮 日産は新中計で、30年まで...

64量子ビットプロセッサーなどの基盤となるシステムは初号機と共通化した上で、既存の古典コンピューターと連携するハイブリッド基盤を実装。共同研究先の企業向けにクラウド公開し、超電導量子国産機の産業化への...

補修部品倉庫の共通化やインドネシアの工場集約、日本の販売金融一本化、製品共同開発など連携が進む。... いすゞグループとして販売金融や中古車オークションの一本化を開始。... 一方、共通のプラットフォ...

複数の企業が連携し、共同受注や仕様の共通化などを進めることを支援要件とする。日本の装置メーカーは工程ごとに細分化され、蓄電池メーカーが個別発注しているため、すり合わせなどにコストや時間を要している。....

ホンダ・日産、協業検討 供給網巻き込み生き残りへ (2024/3/19 自動車・モビリティー)

ホンダと日産自動車は、自動車の電動化や知能化が急速に進む「100年に一度の大変革期」の中で、新興メーカーなどとの競争に勝ち残るために協業する検討を始めた。... 両社ともに中長期の電動化戦略を打ち出し...

日産自動車とホンダは15日、自動車の電動化と知能化に向けた協業を検討すると発表した。... 三部敏宏ホンダ社長は同日、都内で内田誠日産社長と共同会見し、車の電動化や知能化、新興メーカーの台頭といった急...

電気自動車(EV)の基幹部品であるイーアクスルの共通化や共同調達、車台の共同開発などを模索していると見られる。... 部品の共通化や設計・開発の協力で経営資源の効率化を図れれば、コスト...

資源開発各社も、引き続き需要が存在する化石燃料を安定的に供給する責任をもち、これまでの化石燃料の開発で得た知見を生かした低炭素エネルギー事業(英BPによる再生可能天然ガス製造事業の例)...

新サービス、来月運用開始 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI、東京都千代田区、西岡靖之理事長)は、サプライチェーン(供給網)に...

ニューノーマルで輝く(104)大日本印刷 仮想空間でサイバー訓練 (2024/3/12 電機・電子部品・情報・通信2)

サイバー攻撃に対する認識の共通化を図れ、組織連携の強化にもつながる。

ネイバー傘下のネイバークラウドは旧LINEのIT環境への広範なネットワークアクセスが許容され、従業員アカウントの認証基盤も共通化されていた。

パナソニックエレクトリックワークス社では新潟工場(新潟県燕市)などの製造拠点でモノづくりの整流化や内製化などに取り組む。 ... 江藤事業部長は「生産設備の改善や部品...

国内企業を中心とした協調開発体制を構築し、部品や係留設備、運用管理手法などを共通化。複数種類の浮体式に対応できるようにして、量産効果による低コスト化につなげる。... 共通基盤開発事業では、発電事業者...

第66回十大新製品賞/モノづくり賞 ナガセインテグレックス (2024/2/20 機械・ロボット・航空機1)

シリーズでの部品共通化、複合部品の生産(サブアッシー)で総コストも削減した。

経営効率化の一環で19年にシマキュウHDを設立した。... 一方、在庫可視化システムはHD傘下で共通化した。... 最近はグループ全体での採用活動も始めるなど、シナジーの最大化を図っている。

CFJは従来のCVJと構造が異なるが、部品を一部共通化でき、設備の大規模な投資や改修が不要。... 製造では原材料の現地化を進める。... 現地生産で納期を迅速化する。

長いスパンで在庫の確保など準備を進める」 ―効率化に力を入れてきました。 「基幹事業では、製造方法の変更などによるドア事業の効率化を進めてきた。... 今後の具体的...

ホンダ・GM、FCシステムを米で量産 年内に搭載車投入 (2024/1/29 自動車・モビリティー)

セルシール構造の改良、貴金属使用量の削減、大規模生産、部品調達先の共通化などで開発と製造の費用を低減。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン