35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

16年内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官兼官房審議官(官房担当)、17年官房審議官(経済社会システム担当)兼規制改革推進室次長兼計量分析室室長兼内閣官房副長官補付兼内閣官房まち・ひと・しごと創生本...

経済活動を包括的に把握する統計体系である国民経済計算においても、「知識」を生産に用いる資産として計上するよう改定が行われてきている。 ... 実際の統計作成は今後の課題であるが、日本...

内閣府経済社会総合研究所は18日14時から霞山会館(東京都千代田区)で「EU新体制下の欧州経済」と題する国際会議を開く。欧州ブリューゲル研究所(ベルギー)のニコラ・ヴェロンシニアフェローが基調講演。そ...

AIが労働市場へ及ぼす影響を実証分析する内閣府の研究結果で、こうした状況が明らかになった。... 内閣府によると、情報通信技術(ICT)などの新技術と労働の関係は従来、定型的な業務は人の代替、非定型的...

旧経済企画庁(現内閣府)に入って約35年。... トップを務める経済社会総合研究所は景気動向指数や国内総生産(GDP)統計を扱うほか、中長期の社会変化の調査研究などを行う。... 14年内閣府官房審議...

すなわち、地域が抱える社会的課題を解決しその持続性を確保していくことは、科学技術に期待される重要な役割である。... 例えば長崎大学では、内閣府のプラットフォーム内で「島嶼(しょ)SDGs分科会」を立...

内閣府経済社会総合研究所は30日、人工知能(AI)やロボティクスと労働市場をテーマにした国際会議を都内で開き、国内外の研究者ら約100人が参加した。冒頭あいさつで同研究所の井野靖久所長は「人口減少や高...

横顔/広島県福山市長に就任した枝広直幹氏 (2016/9/15 中小企業・地域経済2)

00年主計局調査課長、06年官房会計課長、09年中国財務局長、11年内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官、13年近畿財務局長。

同センターや内閣府経済社会総合研究所、トヨタ自動車FP部の関係者らによる講演の後、企業によるフリートーキング、懇親会がある。

大きな曲がり角を迎えた中国経済―。... 中国経済の成長鈍化は日本の貿易に少なからぬ影響を及ぼす。 ... 内閣府経済社会総合研究所と中国国務院発展研究センターがまとめた共同報告書「...

直近では地域活性化で総合特区事務局なども担当した。 ... 関西経済の動向は、重要指標の雇用情勢を注視。... 00年主計局調査課長、06年官房会計課長、09年中国財務局長、11年内...

日中両政府の研究所が30日、共同研究の報告書をまとめた。... 内閣府経済社会総合研究所と中国国務院発展研究センターが共同報告書「中国の人口高齢化―進行の趨勢、経済への影響及び対策」をまとめた。......

日本経済は20年余り、ゼロ成長を余儀なくされている。... 内閣府経済社会総合研究所が昨秋発表した「産業別に見た情報化投資の経済効果」では、情報化投資が付加価値の成長に寄与していると確認できたのは、対...

内閣府経済社会総合研究所は17日、IT投資がどのような経済効果を生むかを産業別に実証分析する「産業別情報資本ストックの構築に基づく生産関数モデル分析」の結果を発表した。

内閣府が11日発表した9月の消費動向調査によると、消費者マインドを示す消費者態度指数は前月比1・6ポイント上昇の38・6となり2か月ぶりに前月を上回った。... 内閣府経済社会総合研究所では消費者マイ...

内閣府経済社会総合研究所の空閑信憲特別研究員がまとめた6次産業化が稲作農業経営体の生産性に与える影響のリポートによると、6次産業化に取り組んだ農家とそうでない農家を比較すると、2005―08年の全要素...

内閣府が7日、発表した5月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標とされる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比3・0%増の7334億円と2カ月ぶりプラスとなった。... 製造業、非製造業とも減少な...

内閣府経済社会総合研究所は27日、東日本大震災の影響を適切に反映させるため2011年1―3月期の国内総生産(GDP)速報(1次速報値)の推計方法を一部見直すと発表した。

内閣府が6日、発表した2011年2月の景気動向指数(CI、05年=100)速報値は、足元の景気動向を示す一致指数が前月比0・4ポイント上昇の106・3と4カ月連続で改善した。ただ、3月に起きた東日本大...

3年ぐらい前に健康診断でメタボと診断された。何とかしなくてはいけないと考えていた時、息子から自転車に乗るように勧められサイクリングを始めた。自転車を中心とする運動と自分でつくる野菜中心の食事で体重を1...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる