326件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

計画の見直しはあるが円借款はほとんど止まっていない」 ―政府が19年に東南アジア諸国連合(ASEAN)のインフラ開発や女性活躍への資金を援助する「対ASEAN海外投融資イニシアティブ...

ヤンゴン環状線向け新型車両66両(YCRプロジェクト)とヤンゴン・マンダレー幹線鉄道向け新型車両180両(YMプロジェクト)で、両プロジェクトの契約総額は約690億円。日本政府とミャンマー政府の間で締...

三菱商事は、エジプトの大手建設会社オラスコム・コンストラクションなどとコンソーシアムを組み、カイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道システム納入を受注し、約900億円で契約を結んだ。... 今回のプロジェクト...

東芝インフラシステムズ、インドで浄水場受注 (2020/11/10 電機・電子部品・情報・通信1)

国際協力機構(JICA)の円借款事業の一環。

プロジェクトは国際協力機構(JICA)による円借款、現地政府との単独契約、PPP(官民連携)などさまざまだが、切迫した案件は政府間で条件変更の交渉をしている。

受注額は約4000億円。... 国際協力機構(JICA)の円借款融資で資金を調達する。

同バイパス建設事業は清水建設を代表企業とする共同企業体(JV)が、同国公共事業道路省から、4月に全長約30キロメートルの工事のうち10・7キロメートルを円借款事業として受注している。

双日は、ミャンマーの電力エネルギー省から基幹変電設備整備事業を約150億円で受注した。... 双日は19年11月、今回の事業と同じく円借款案件である「通信インフラ改善事業」を受注するなど、ミャンマーで...

IHI・三井住友建JV、バングラデシュの鉄道橋受注 (2020/4/20 機械・ロボット・航空機)

日本政府の円借款により、同国中央部のジャムナ川に架かる多目的橋と並行した鉄道橋を建設する計画で、両社の共同企業体(JV)が手がける。 ...

先月末、両国政府間で同計画の一部である、ヤンゴンと中部バゴー地方域の都市タウングー間の老朽化した施設・設備の改修、新規車両購入向けの円借款(406億400万円、償還期間40年、金利は年0・01%)に関...

清水建設、インドネシア高速鉄道2期工事 340億円で受注 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

現地の国営建設会社アディカリヤと共同企業体(JV)を組み、受注額は約340億円。2期工事は1期工事と同様、交通渋滞解消を目的に日本政府の円借款で建設される。... 総工事費は1期の1420億円を上回る...

18年の政府開発援助(ODA)の実績額は約141億6352万ドル(約1兆5642億円)。... 純額方式の場合、最終的に返済が完了した円借款プロジェクトはプラスマイナスゼロになってしまうことがあるが、...

16年に日本とフィリピンで結ばれた「フィリピン沿岸警備隊海上安全対応能力強化事業(フェーズII)」の円借款事業で建造する。

合計受注額は非公表だが、百数十億円とみられる。日本政府の有償資金協力事業として実施し、国際協力機構(JICA)の338億円強を限度とする円借款契約も行っている。

東亜建設工業、SEZ造成工事 バングラで契約 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

工期は912日(約30カ月)、受注額は約85億円。国際協力機構(JICA)による政府開発援助(ODA)の有償資金協力(円借款)で実施する。

神鋼環境ソリューション、カンボジアで工事受注 大型浄水場改善 (2020/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

国際協力機構(JICA)の政府開発援助(ODA)の円借款資金協力案件。... 12年に、JICAとカンボジア政府が締結した「シェムリアップ上水道拡張事業」を対象とした円借款に基づく事業。

住友電工、大容量電線を大量受注 バングラ基幹送電向け (2019/12/27 電機・電子部品・情報・通信)

いずれも日本による円借款事業で20年度から出荷を始める予定。

アビジャン港穀物バース建設、東亜建設が契約 (2019/11/25 建設・生活・環境・エネルギー)

契約金額は約90億円。国際協力機構(JICA)による日本政府開発援助(ODA)の有償資金協力(円借款)で実施する。

受注金額は約70億円。同国向け通信分野では初の日本政府による円借款事業となる。

日本政府は政府開発援助(ODA)で支援する構えで、円借款を活用した初の衛星輸出となる。... 日本政府は円借款などを通じて優れた先端技術を持つ日本企業と連携し、ベトナムの防災対策を支援することにした。...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる