電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,361件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【A】「J―クレジット」と呼ばれる制度で、省エネルギー設備や再生可能エネルギーの導入によるCO2削減量を「クレジット(排出枠)」として国が認証します。... 従来の設備の電力消費などが...

再生可能エネルギーとデジタル変革(DX)で地域を支える。 ... ラピダス(東京都千代田区)の半導体工場の建設が決まった北海道千歳市とは産業振興と再生...

10年代は再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)で導入量を伸ばし、主力電源化を決断。... 「国は再生エネ重視へと体制を転換し、さらにGXで経済産業省をはじめ、各省庁や自治体がP...

再生原料2割に増やす ―希少金属のタングステンを用いる製品を主力としています。 ... 当社では現状、タングステン関連の使用量の約17%...

(編集委員・松木喬) 再生エネ地産地消 分散型台帳で”色分け” 恵那市内は山が連なり、里山の風景が広がる。... 恵那電...

経団連は原発再稼働や再生可能エネルギーの供給量拡大、さらに次世代革新炉や蓄電池の開発の必要性を訴える。 エネルギー安全保障と脱炭素を実現する上でも、再生エネを主力電源化しつつ、ベース...

JERA、再生エネ2000万㎾開発 英に子会社、35年度目標 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

洋上風力や陸上風力、太陽光、蓄電池など再生エネ案件に対し、開発投資と建設を行う。同社の発足を踏まえ、JERAは2035年度までに再生エネ電源2000万キロワットの開発を目指す。 JE...

日本ガイシ、ハンガリー社からNAS電池受注 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー1)

ガンツの生産拠点に設置し、敷地内の太陽光発電設備と連携することで、再生可能エネルギーの利用率向上を図る。 2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼ...

それを踏まえ県は、2024年度予算で次世代産業として期待されるロボットや再生可能エネルギーなど成長産業の育成に重点的に取り組む。 ... 原発事故以降、県は原子力...

グリーンパワーインベストメント、京セラ系DCにCO2ゼロ電力供給 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

両社は再生エネを地産地消で利用する基本合意を結んだ。... 施設の電力を再生エネ100%にするには電力の需要量と再生エネの調達量を一致させ、一時的に使った火力発電の電力も再生エネに換算する方法...

再生エネなど脱炭素も含め重要物資に関して懸念国や特定国への依存を防ぐ仕組みを構築する。

ソニーセミコン、タイで画像センサー新棟完成 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

工場は2021年度から再生可能エネルギー100%による稼働をしているが、24年内に4号棟の屋根のほぼ全面に太陽光パネルを設置し、全面稼働させる。4号棟稼働後も再生エネ100%を維持する...

産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(FREA)や福島県ハイテクプラザ、県内水素関連企業、山梨大学、福島国際研究教育機構(F―REI)とも連携。... 宗像所...

石炭や石油に比べて二酸化炭素(CO2)排出量は少ないものの、化石燃料の液化天然ガス(LNG)を主原料とする都市ガス各社は、CO2排出が実質ゼロの「e―メタン」や再生可能...

温室ガス算定、差別化競う ICT新興が協業加速 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

イーダッシュが協業するエナリスは、イーダッシュのシステム採用企業に対し再生エネ由来電力を供給する。... 採用企業は排出量を把握するだけでなく、再生エネの活用による削減策も打てる。 ...

素材産業の脱炭素化に欠かせない水素も、再生エネを活用して供給する姿を描いた。 再生エネを効果的に使う電力制度の整備などで、50年のエネルギー自給率は85%に高まる。... 再...

九電、地熱事業を子会社に移管 (2024/4/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

再生可能エネルギーの拡大に向け、グループの再生エネ事業を集約し意思決定の迅速化などを図る。... 大規模な地熱と水力の統合により、多様な電源を擁する国内最大規模の再生エネ事業者となる。九電はグループの...

意思決定を迅速化し、機動的に再生エネ開発を進めることでアフリカの持続可能な経済成長を後押しする。 ... まずはアフリカの再生エネ事業を段階的にエオラスに集約した上で、各国の状況に適...

脱炭素化にあたり、再生可能エネルギー由来の電力や水素・合成燃料などの次世代エネルギーを活用。温室効果ガス(GHG)の吸収作用を持つ海洋植物などの「ブルーインフラ」の再生・創出・保全を進...

一正蒲鉾、北海道工場を再生エネ電力に (2024/4/8 生活インフラ・医療・くらし)

【新潟】一正蒲鉾はおせちの「なると巻」や海外向け商品などを生産する北海道工場(北海道小樽市)で使う電力を再生可能エネルギー由来に切り替えた。... 生産拠点での再生エネ転換は、聖籠工場...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン