電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9,265件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

標高1130メートル、岩手で地熱発電所稼働 三菱マテなど3社出資 (2024/3/4 素材・建設・環境・エネルギー)

発電された電力の全量は、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用して社会に供給する。 ... なお、同事業はエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGME...

環境面では庁舎に太陽光発電(PV)と蓄電池を導入し、ニアリー・ゼロ・エネルギー・ビルを達成する。駅西側の住宅にもPVを導入し、新たな再生可能エネルギー関連の立地も計画中だ。

日本精工、風力軸受長寿命化 負荷容量25%向上 (2024/3/4 機械・ロボット・航空機2)

世界の主要国が再生可能エネルギーの導入比率を高める目標を掲げる中、日本精工は同軸受の投入をテコに風力発電向け需要を取り込む。

サントモ・リソースはインドネシアで再生可能エネルギー事業を展開する。... 再生エネで充電できるようになれば、配車事業の温室効果ガス排出量を減らせて要請に応えられる。 ... 市場性...

■執行役環境エネルギー本部副本部長 佐藤厚範氏 【横顔】ストラクチャード・ファイナンス部に所属していた際は、不動産の証券化取引が急速に拡大する局面やリーマン・ショックに伴う市...

日立エナジーが独工場増強 49億円投資、変圧器の供給拡大 (2024/2/29 電機・電子部品・情報・通信2)

欧州での再生可能エネルギーの導入拡大で変圧器の需要が増えており、供給力の拡大で対応する。 ... 今回の工場増強はエネルギー転換に向けて拡大する需要に迅速に対応するための、当社のコミ...

人工知能(AI)や再生可能エネルギーなどの先端技術を用いた展示などを予定する。

パワーエックス、群馬に系統用蓄電システム (2024/2/29 機械・ロボット・航空機2)

電力系統に接続された系統用蓄電池は、電力の余剰や不足に合わせて充放電を行うことで需給バランスを安定させ、再生可能エネルギーの一層の有効活用につなげられる。

例えば合成燃料の生産に使われる電力は、風力や太陽光などの再生可能エネルギー由来の電力でなくてはならないが、ドイツでは再生エネ電力を使って合成燃料を生産すると費用が割高になる。... 合成燃料を普及させ...

国内の工場から回収したCO2を豪州に船舶で輸送し、同国で再生可能エネルギー由来の水素と合成してe―fuelを製造するプロセスを検討する。... 豪州では再生エネ由来の電力を使った水の電気分解で製造した...

DMG森精機、木質バイオマス発電ガス化炉が連続2000時間稼働 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機1)

再生可能エネルギーを使う同熱電併給設備は、二酸化炭素(CO2)を実質排出せずに電気と温水を生み出す。

デジタル変革(DX)による商品小売りの効率化や、再生可能エネルギーの活用といったグリーン・トランスフォーメーション(GX)などで協業する。

東北電、再生エネ強化 企業向け専門組織新設 (2024/2/27 素材・建設・環境・エネルギー)

【仙台】東北電力は再生可能エネルギー由来の電力サービス事業を強化する。4月1日付で法人営業部にグリーンエネルギー事業室を新設。... 今後は蓄電池で再生エネ電力の利活用を促進するメニューなども組み合わ...

三井住友建、PPA向け水上太陽光発電 大阪・泉佐野市で稼働 (2024/2/27 素材・建設・環境・エネルギー)

再生可能エネルギーなどを学ぶ場として、地元の子どもたちを対象とする勉強会を開催したほか、発電施設には災害時に非常用コンセントとして利用できる蓄電池を設けた。 三井住友建設は再生可能エ...

今後、再生可能エネルギー設備や電気自動車(EV)の普及で銅の使用量は増加する見込みだ。

ゼロカーボンシティの実現に向けて、従来以上に再生可能エネルギーなどの利用促進、徹底した省エネルギーの推進、循環型社会の形成など市民、事業者、同市が総力を挙げて地球温暖化対策に取り組む。

対象事業に再生可能エネルギー関連の系統蓄電事業や、森林資産の取得・活用に必要な資金を追加した。

基本性能は蓄電容量が約10アンペア時で、エネルギー密度が1リットル当たり約400ワット時とする。 ... EVが将来的に普及しても、使用する電力が再生可能エネルギー由来でなければ、二...

その後の交渉は難航し会期は延長され、化石燃料の段階的廃止という言葉は入らなかったものの、50年ネット・ゼロを達成すべく化石燃料から転換していく、すなわち再生可能エネルギー発電容量3倍、省エネルギー改善...

JERA、人材流動化へ社内インターン制導入 (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

社員の自立的なキャリア開発をサポートし、海外や再生可能エネルギーなどの新事業に挑戦する社員を数多く育成するのが目的。... 脱炭素化に向け、アンモニアや水素の活用と風力・太陽光など再生エネの急増が求め...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン