電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6,573件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

横浜市立大学の金子惇准教授らは、へき地と都市部で「かかりつけ医療機関」が提供する医療の質に差がないことを明らかにした。

北海道大学の渡利晃久大学院生(研究当時)と飯塚芳徳准教授らは、人為的な硫黄酸化物(SOx)の排出最盛期である1970年代は、大気中の硫酸エアロゾルにより雲量が増加し、地...

九州大学の駒形森大学院生と小川浩太助教、舘卓司准教授らは、カメムシに寄生するヤドリバエの新たな生態を解明した。

加えて、福井県内の大学に在籍する学生や准教授、研究者などを対象にした研究助成事業の公募も始めた。

新潟大学の河内泉准教授らは、目の神経や脊髄への炎症で、視力障害や手足のまひなどが現れる自己免疫疾患「視神経脊髄炎」の仕組みを明らかにした。

東工大・東北大・富士通、「富岳」でLLM構築 (2024/5/14 科学技術・大学)

CPUでも一定の能力 東京工業大学の横田理央教授と東北大学の坂口慶祐准教授、富士通の白幡晃一シニアプロジェクトディレクターらは、理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で大規模言...

早大、子ども向け熱中症対策アニメ公開 (2024/5/14 科学技術・大学)

制作したのは同大の細川由梨准教授と新潟大学の天野達郎准教授らの研究グループで、動画は2021年に公開した「からだと水分」に続く第2弾。

「研究を始めてから約10年がたち、やっと時代が追いついてきた」との感触を得るのは、「マイナスカーボン」の実証に取り組む玉川大学准教授の友常満利さん。

同学部の土屋翔准教授は「リカレント教育とデータサイエンス経営学の相性は良い」と強調する。

例えば小学5年生の年齢で来日間もない子は、概念把握や思考などの認知能力は年相応でも、「日本語ができないと能力全般が低いとみなされてしまう」(東京外国語大学多言語多文化共生センターの小島祥美セン...

「国外の森林火災は人ごとでないと知ってほしい」と訴えるのは、北海道大学准教授の安成哲平さん。

東北大学の平永良臣准教授と長康雄特任教授、東京工業大学の舟窪浩教授らは、走査型の誘電率顕微鏡を300倍高速化した。

玉川大学農学部の友常満利准教授、杉崎義和大学院生らの研究グループは、木材を炭化したバイオ炭(バイオチャー)を都市緑地の森にまき、木材の微生物による分解に伴う二酸化炭...

東邦大学の脇司准教授と法政大学の島野智之教授らの研究グループは、国指定の天然記念物ヤンバルクイナにだけ寄生する新種のウモウダニを発見した。

ディープラーニング(深層学習)の権威であるカナダのモントリオール大学のヨシュア・ベンジオ教授によれば、AIをシステム1=無意識で反射的な思考、システム2=時間をかけた論...

北川特任教授は「日本に実機を作る技術があると示せた。... 取締役の根来誠阪大准教授は「開発工数も大きく、大学の研究室から出せると思われていなかった」と振り返る。... 北川特任教授は「日本はトップで...

東京大学大学院工学系研究科付属量子相エレクトロニクス研究センターの中野匡規特任准教授(研究当時、理化学研究所創発物性科学研究センター創発機能界面研究ユニットユニットリーダー兼任、現芝浦工業大学...

岡山大学の亀高諄大学院生(研究当時)と鈴木弘朗研究准教授らは、150度C以下の低温域で高い熱電変換性能を示すカーボンナノチューブ(CNT)糸の作製に成功した。

東京大学の井手口拓郎准教授らは、空間分解能が120ナノメートル(ナノは10億分の1)の中赤外顕微鏡を開発した。

同センターの冨岡克広准教授は、シリコン基板上にインジウムガリウムヒ素などの化合物半導体のナノワイヤを積んだ「縦型トランジスタ」を世界に先駆けて開発した。... 冨岡准教授は研究成果の事業化も視野に、い...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン