80件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

肺がん患者由来の組織内で抗がん剤の一種である分子標的薬を介して免疫細胞ががん細胞を攻撃する現象を定量的に評価することに成功したと19年6月に論文で発表した。効率的な創薬探索のため、細胞を立体的に培養し...

東北大学大学院医学系研究科の井上彰教授らは、肺がんの増殖に影響する遺伝子「EGFR」に異常を持つ進行肺がんの患者に、がん細胞の特定の分子を狙った治療薬「分子標的薬」と抗がん剤を併用すると、治療効果が高...

協和キリン、米社と共同研究契約 分子標的薬を創製 (2019/11/28 素材・医療・ヘルスケア)

アーデリックスが見いだした標的を対象に、両社で分子標的薬の創製を目的とした研究を実施する。... アーデリックスは心腎領域に強みを持つ創薬ベンチャー。共同研究の期間は2年間で、アーデリックスが見いだし...

(小野里裕一) 【分子標的薬】 核酸医薬品はデオキシリボ核酸(DNA)やリボ核酸(RNA)など遺伝情報をつかさどる「核酸」を有効成分とする分子標的薬。低分子医薬品や...

こうした遅れが、がんの遺伝子変異をターゲットとした「分子標的薬」の開発の遅れにつながっている。 ... 検査の普及でがんゲノム情報の収集を加速させ、国内での治療薬開発の活発化を狙う。...

検査により、患者自身のがん細胞で起きている遺伝子変異に基づいて効果的な治療薬を見つけられる可能性が出てくる。... 保険適用で検査を運用するには「治療に結びつく可能性がある」という合理性がなければなら...

創薬 疾患再現した細胞で薬剤特定 iPS細胞は再生医療の他に創薬領域での活用も期待されてきた。... 特に既存薬の中から別の疾患の薬効を探す「ドラッグリポジショニング」と組み合わせた...

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らは26日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象に、白血病治療向けの分子標的薬「ボスチニブ」(製品名ボシュリフ錠)を投与する第1相臨床試験を実施すると発表した。...

また、その変異した遺伝子の産物であるたんぱく質や核酸などを標的としてがん細胞を攻撃する分子標的薬が多く開発されている。がんの原因である遺伝子の変異がわかれば、それに対する適切な分子標的薬を選択すること...

がんの場合、遺伝子変異を治療標的とした創薬が成功している。がん細胞特有の分子を標的とした薬剤「分子標的薬」は患者の遺伝子異常に応じて使われるため、治療効果が高い。

こうしたがん細胞特有の分子を治療標的として利用する治療薬は、「分子標的薬」と呼ばれる。... 分子標的薬は患者の遺伝子から、がんのタイプに最適な薬として使うため、治療効果が高い。 ....

抗がん剤を中心とした分子標的薬について、治験原薬から商用初期生産まで対応できる。従来、高薬理活性原薬の製造は大部分を外部委託していたが、HP棟の稼働後は6割程度を内製化する考え。... 稼働に伴い、高...

効果的な分子標的薬の開発に応用が期待される。

白血病根治に光明 京大、免疫機構を発見 (2018/3/5 科学技術・大学)

がん免疫治療薬「オプジーボ」のように免疫のブレーキを外せる可能性がある。... 従来のヒトCML治療は、がん遺伝子の突然変異で分子標的薬が効かなくなり、再発や急性転化によって完全な克服が難しかった。S...

一般的な治療では、細胞増殖の信号を伝達する酵素「Kit」を狙った分子標的薬「イマチニブ」の継続的な投与を行う。

コニカミノルタは25日、画像解析技術を使って創薬を支援する米インヴィクロを11月に約320億円で買収すると発表した。... 遺伝子検査や創薬支援などのバイオヘルス事業で、5年後に売上高1000億円、営...

変異が見つかれば、対応する分子標的薬などの治療を探す。

がん個別化治療の推進に取り組む国際団体のWINコンソーシアムは、転移性非小細胞肺がん(NSCLC)のファーストライン治療として、分子標的薬3剤併用療法の臨床試験「SPRING」の開始が、米食品医薬品局...

個別化医療の一つとして、特定のがん細胞の遺伝子変異やたんぱく質の発現などを分子レベルでとらえて、がん細胞に選択的に作用する分子標的薬が次々と開発されている。... 遺伝子診断とたんぱく質の解析により、...

量子科学技術研究開発機構の長谷川純崇チームリーダーらは、臓器を覆う「腹膜」に散らばった転移性胃がんに効果的な標的治療薬を開発した。... 研究チームは、胃がんのうち、細胞表面に特定の分子「HER2」が...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる