電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6,124件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2) (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞2)

加熱分解では赤外線ヒーターと回転式ヒーターブロックの導入で温度ムラを最小限にした。

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

(熊本市北区) ユニソク ピコ秒時間分解走査トンネル顕微鏡 約80ピコ秒(ピコは1兆分の1&...

シチズンマシナリー、国内外の技術者育む 本社に教育施設 (2024/4/16 機械・ロボット・航空機1)

修理技術者の教育では工作機械を分解して組み立てる実践的なプログラムなどを準備。

PCFCは燃料電池として発電するだけでなく、逆反応の電気分解により、高効率で水素を製造することもできる。... 現在は、セラミックスを主材料とする燃料電池や電気分解デバイスなどを対象に、材料や部材の創...

レゾナック、川崎市と実証 海洋プラ、水素などに再資源化 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

さらに他の廃プラと同様にKPRプラントを使い、高温でガス化することで分子レベルまで分解し、水素などにリサイクルする。

東レ、ポリアミド4微粒子化 海洋生分解性、化粧品原料向け (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

東レは10日、海洋生分解性を持つ真球状のポリアミド4(PA)微粒子を開発したと発表した。... 活性汚泥中だけでなく、土壌に比べ微生物が少ない海洋中でも十分な生分解...

さらに2種類のアルデヒド分解酵素を持たないマウスを解析。... 体内に入ったアルコールは分解されアルデヒドとなった後に無毒化する。アルデヒド類の解毒分解過程に関与する分子が働かないと早老症になると予想...

吉田教授らは、既存手法を発展させた「角度分解低エネルギー逆光電子分光」と呼ぶ新たな測定手法を開発。

分解できて清掃しやすい構造とした。

シャープ、大風量サーキュレーター発売 (2024/4/8 電機・電子部品・情報・通信)

ガードや抗菌ファンは工具を使わずに分解して水洗いでき、清潔に使うことができる。

高砂熱学工業は空調メーカーとしてさまざまな技術を持ち、地上での水電気分解装置や水素製造技術の開発などを進めてきた。... そこでJAXAなどとも共同で研究を進め、月面でも使える水の電気分解装置の開発を...

一方でポリエステルは分解し、PET(ポリエチレンテレフタレート)の前駆体であるBHET(テレフタル酸ビスヒドロキシエチル)に変換する。... これまでの研究で、ポリエス...

エプソン販売、紙種検知し最適化 再生紙製造装置に新機能 (2024/4/5 電機・電子部品・情報・通信)

ペーパーラボは使用済みの紙を分解し、細かくした繊維を結合させながら形を整えて紙を再生する。

クオルテック、大容量EDLCを試作 電解液に水溶液 (2024/4/4 電機・電子部品・情報・通信1)

クオルテックは2017年に有機溶媒よりも内部抵抗の小さい過塩素酸ナトリウム水溶液が、有機溶媒同等の3・2ボルトの分解電圧を持つことを発見、学会発表していた。

日本触媒、吹田に実験棟 環化重合性モノマーなど生産プロセス改良 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー1)

AOMAのほか、生分解性樹脂などの環境関連材料や、ナノ材料など光学系材料での活用を検討している。

またオキソ技術を活用した脂環式ジオールは電子材料関連への供給、海洋生分解ポリマーは環境面に寄与すると期待する。

CO2回収に使うMOFはガスの貯蔵や分解、吸着などの機能を持つ。

王子キノクロス/水耕栽培向け不織布 (2024/4/1 新製品フラッシュ2)

生分解性や水解性を持つ3種があり、根の張りの改善などを手助けする。

新開発の下水・産業廃水処理用空気圧送機は、微生物による汚泥分解に必要な酸素を汚水処理装置に送り込む。

独自の浄化処理技術により排せつ物をトイレの中で生物分解し、フィルターで濾過浄化した水は洗浄水として再利用が可能。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン