電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,344件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

飛島建設とナイス、非住宅の木造・木質化推進で新会社 (2024/5/23 素材・建設・環境・エネルギー1)

飛島建設とナイスは、オフィスビルや商業施設など非住宅建築分野での木造・木質化の取り組みを拡大するため、6月に新会社を設立する。... 木材の利用拡大を図ることにより、脱炭素社会の実現への貢献にもつなげ...

自動車関連企業やそれらのサプライヤーを誘致し、ホリバMIRAが手がける自動車開発支援サービスや試験設備の利用拡大につなげる。

JFEエンジ、木質バイオマス利活用 北海道由仁町と実証 (2024/5/22 機械・ロボット・航空機2)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、福田一美社長)は北海道由仁町と連携し、同町で木質バイオマスエネルギーの利用拡大に向けた実証事業に取り組む。... JFEエンジが新エネルギー・産...

東京都は20日、再生可能エネルギーを用いたグリーン水素の活用促進に向けた「福島県産グリーン水素 都内利用拡大開始式」を巴商会(東京都大田区)が運営する新砂水...

鹿島、新環境ビジョン策定 再資源化率など指標見直し (2024/5/20 素材・建設・環境・エネルギー)

低炭素建材の開発やネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)拡大を進める。資源循環では、再生材の利用拡大や廃棄物の分別・回収、木造・木質化建築の拡大を図る。

JR東海、自立給電実証 路面太陽光・EV廃電池活用 (2024/5/10 生活インフラ・医療・くらし2)

鉄道関連施設での再生可能エネルギーの利用拡大や、災害時の非常用電源としての活用を見込む。

富士通ゼネ、米社と協業 省エネ空調機で市場開拓 (2024/5/9 電機・電子部品・情報・通信2)

【川崎】富士通ゼネラルは米国の販売子会社を通じ、北米で中小規模のビル・店舗向けにエネルギーの高効率利用を支援するサービスを手がける米バダフライ(コネティカット州)と協業を始めた。......

九電送配電、九州停電情報アプリ提供開始 (2024/5/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

利用は無料。... アプリの利用拡大により、既存の「携帯メールサービス」からの置き換えを見込む。

(狐塚真子) 固体高分子型装置に注目 世界では再生可能エネルギー由来の電力で水を電気分解して得られるグリーン水素の利用拡大が検討されている。... ...

MM総研(東京都港区、関口和一所長)は、会計ソフトウエアを利用している個人事業主は40・2%で、そのうちインターネットを介して会計ソフトの機能を使うクラウド会計ソフトの利用率は...

製紙各社、SAFで攻勢 バイオエタノール商用化 (2024/5/2 素材・建設・環境・エネルギー)

酵素はパルプの糖化に再利用することが可能で「酵素の新規調達量を減らし、製品ライフサイクル全体で発生する二酸化炭素(CO2)や製造コストを減らす効果が期待できる」(イノベーション...

B2B(企業間)取引では、新たな「請求書カード払い」というアプローチも始まり、インバウンド(訪日外国人)でのさらなる利用拡大も期待されるが、セキュリティーや手数料の面で...

そこで京都市は観光客の利用も多かった市バスが1日乗り放題になる「バス1日券」の発売を23年秋停止し、3月末で利用も止めた(市営地下鉄・市バス1日券は継続)。... 東海中部国際空港の利...

日揮HD、英ファンドに出資 脱炭素技術の提案強化 (2024/4/25 機械・ロボット・航空機2)

日揮HDは、企業グループとして取り組むべき重要課題(マテリアリティ)として「環境調和型社会」の実現と「エネルギーアクセス」の向上を掲げ、水素輸送において最も有力なキャリアとして期待され...

トラック運転手の残業上限規制に伴う「物流の2024年問題」で翌日配送できる範囲が狭まる中、航空輸送でトラック輸送のすき間を埋め、事業拡大を目指す。 ... 主な取...

農林水産省は米粉の利用拡大を目指すプロジェクトチーム「米粉営業第二課(通称コメニ)」を結成し、本格的に活動を始めた。唯一自給可能な穀物の米の消費を拡大する一環。 .....

船も利用、災害リスク対策 マンダムはドライバーの時間外労働時間制限による「2024年問題」を見据え、国内唯一の工場である福崎工場(兵庫県福崎町)から流通卸代理店への物...

【名古屋】デンソーやUACJ、野村総合研究所、三井化学、早稲田大学などは9日、使用済み自動車をリサイクルし、再び自動車として活用するために必要な解体や再利用に関する技術の確立に向けた実証を始めたと発表...

同社のアジア太平洋地域における事業拡大などを主導し、世界初の商業宇宙ステーション「アクシオム・ステーション」の開発に貢献する。地球低軌道の利用拡大に向けた動きを加速させる。 ... ...

これを合い言葉に、中部の官民が中部国際空港(セントレア、愛知県常滑市)の利用拡大に向けたキャンペーンを2024年度に進める。... そのための仕掛けとして「セントレア利用宣言!...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン