1,906件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日産が電気自動車(EV)で培った4輪を細かく制御する技術を生かし、月面探査車の走破性向上を目指す。 探査車には日産が、新型EV「アリア」に搭載した4輪制御技...

東レエンジ、半導体向け超音波検査関連機器 重量4分の1 (2021/12/1 電機・電子部品・情報・通信1)

計測機器における制御技術を活用。

豊橋技科大、センサーなしで揺れ制御 クレーン実証に成功 (2021/11/29 機械・ロボット・航空機1)

【名古屋】豊橋技術科学大学の寺嶋一彦学長らの研究グループは、アーム状クレーン(ジブクレーン)の揺れをセンサーなしでなくす制御技術をクレーンメーカーの相浦機械(...

三菱電機と産業技術総合研究所は25日、稼働中のFA(工場自動化)機器をリアルタイムで調整する人工知能(AI)制御技術を開発したと発表した。...

気象制御、豪雨被害防ぐ/人々の心、豊かで元気に 「気象の制御」と「心の変化の仕組みを解明」―。... 「まずは気象学におけるシミュレーションによる制御技術や制御理論の研究だ...

不二越は独自アルゴリズムを採用した新視覚制御技術を開発し、電機・電子分野におけるケーブル挿入作業を自動化する用途の展開を始めた。

世界トップレベルのハイブリッド車(HV)向け電池技術を生かし、EV向け高容量電池を開発。... 旧日立ビークルエナジーが前身とし、マクセルのモノづくり技術や日立グループの高信頼システム...

スタイリングや装備を刷新し、先進技術による走行性能で乗る楽しさを提供するモデルとした。 ... 電子制御技術で運転操作を支援する。

ロビット、食品外観AI検査 インラインで全数可能 (2021/11/11 機械・ロボット・航空機2)

食品分野の選別工程に必要なAIや撮像、ロボティクス技術をすべて自社で保有することで、高精度の異常検査を瞬時に行い、インラインの全数検査を可能にした。... ロビットは元々は自動車部品の外観検査を手がけ...

島田理化、インバーター省エネ化 加熱立ち上がり時間半減 (2021/11/10 電機・電子部品・情報・通信2)

パルス幅変調(PWM)制御技術と炭化ケイ素(SiC)素子を採用し、インバーター性能を効率化した。... プログラミング可能な集積回路(FPGA)を用いた制御基板のデジタル化により、加熱立ち上がり時間を...

 不二越は独自のアルゴリズムを採用した視覚制御技術を搭載し、電機・電子分野のケーブル挿入作業を自動化する「コネクタ挿入アプリケーション」を11月中旬に発売する。... また、従来機...

MF-TOKYO2021 Online/インタビュー(2) (2021/11/9 機械・ロボット・航空機2)

いろんな人が働ける工場にしたい」 【記者の目/課題解決に技術力で貢献】 ベンディング用の高硬度金型「CEFH」は従来のスタンダード品に比べ耐摩耗性を4倍に高めた。....

ニュース拡大鏡/ソフトバンク・NTT、二次電池開発アクセル (2021/11/3 電機・電子部品・情報・通信)

3月時点では1キログラム当たり450ワット時だったが、リチウム金属の界面制御技術や電解液技術の改良などにより密度を高めた。

連合(アライアンス)を組む日産自動車と部品を共有して開発を効率化しつつ、PHV技術や4輪駆動(4WD)技術で“個性”を発揮できた自負心が垣間見える。 ... しかしPHVでは独自の技...

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)は四足歩行ロボット向け制御技術を開発した。... 機体にはMITの四足歩行ロボット「ミニチーター」を使用し、二つの制御系を組み込んだ。... ...

EV本格展開の先兵となるbZ4Xでトヨタがこだわったのが、長年の蓄積を持つ電池技術と、車両の一体制御によるエネルギーの効率利用だ。  ... 電池の挙動を細かく制御して劣化を抑え、1...

強みの4輪制御技術に高出力な駆動システム「ツインモーター4WD(4輪駆動)」を組み合わせ、滑らかで力強い走りを実現した。... 連合を組む日産自動車とプラットフォーム(車台)や運転支援技術などを共用し...

電流が高くなるほど、電気的に反発する重陽子の反発力を抑え込みながら加速する必要があるため、加速器の内面に衝突させないよう、高い加速電界、高い工作精度、大電力高周波の高速フィードバック制御などの極めて高...

コマツ、鉱山機械を電動化 米プロテラからバッテリー調達 (2021/10/28 機械・ロボット・航空機1)

プロテラは商用車の電動化技術に強みを持つ。... プロテラ製バッテリーはこの点でも特徴ある構造と制御技術により優れているという。  ... 世界鉱山大手と温室効果ガス削減に向けたアラ...

射出成形機では型締め力を工夫して樹脂吐出量を減らしたり、成形後に無駄となるランナーを制御技術で減らす研究もしている」 ―電気自動車(EV)化やIT化も射出成形機に追い風です。 ...

おすすめコンテンツ

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる