76件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

水電解で生じる酸素もスピンが平行にそろっているため生成効率が向上する。... 二硫化モリブデンの層状化合物の層間にキラル分子(鏡像異性体)を取り込ませる。... 水電解で生じる酸素はス...

クレハ、米社と有機フッ素化合物処理技術開発で契約 (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア1)

クレハは米スタートアップのClaros Technologies(クラロステクノロジーズ、ミネソタ州)と共同で、PFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリ...

金属塩などの廃棄物を出さない」と説明するのは、大阪大学教授の水垣共雄さん。... 副生成物は水のみで、固体触媒は生成物の分離も容易。

副生成物が水分子になるため、従来のエーテル合成法に比べて廃棄物の少ないプロセス開発につながる。 白金ナノ粒子とモリブデン酸化物を酸化ジルコニウムに担持した触媒を開発した。... 触媒...

開発した「W型ラジアント(熱交換)チューブ式水素バーナー」は燃焼速度が速まると発生しやすい副生成物の窒素酸化物(NOx)が増えないよう、バーナー内で燃焼時の水素と空気の...

TROSはアルコールを利用して再生、再利用することができるので、本技術では実質的にはアミン、CO2、アルコールのみが消費され、副生成物は水だけである。

副生成物を回収し、元の試薬に再生してリサイクルする。... この反応で生じる副生成物は結晶性が高く、回収しやすい。... 回収した副生成物はPh3Pに再生して再使用する。

酸化酵素のシトクロムP450に適用すると、目的化合物の生産率を最大で従来に比べ6・4倍に増やせた。 ... この予測の中から目的化合物ができる複合体と、副生成物ができてしま...

さらに副生成物の炭素が触媒表面に析出する量も著しく減った。

副生成物の水分は蒸発させて取り除く。... 従来は脱水剤を添加していたが、脱水剤が副反応を起こすなど脱水剤の再生がコストになっていた。

凸版印刷・ENEOS、バイオ燃料を連続生産 難再生の古紙使用 (2021/6/15 建設・生活・環境・エネルギー)

現在、実用化されているバイオエタノール生産は毎回、生成物を取り出し原料を再投入するバッチ式のため高コストが課題。... 副生成物の二酸化炭素(CO2)は分離・回収し有効活用する。将来は...

片方はクロロプロピルシランが生成されるが、もう一方は副生成物ができてしまう。この副生成物ができる中間体を不安定化し、中間体ができても元に戻すことに成功した。

三浦工業が地下水濾過装置 微生物利用で薬品削減 (2021/3/8 機械・ロボット・航空機1)

電気代を含むランニングコストが約半減するほか、有害な消毒副生成物の生成を抑えられる。 ... アンモニア性窒素を含む地下水を浄水処理する場合、従来の方法は多くの薬品が必要なことに加え...

非可燃・非爆発性で毒性が低く、工業的には酢酸生産時の副生成物となる安価なギ酸は常温・液体のため既存の液体燃料用インフラ設備を利用できる。

(江上佑美子) “空飛ぶクルマ”に商機/設備投資・技術開発で布石 炭素繊維はポリアクリロニトリル(PAN)繊維が原料のPA...

がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、大きな分子の化合物ががん細胞に集積する「EPR効果」を解明。... 副生成物が少なく目的の反応を優先的に進ませる技術を確立した。 同...

原料の溶液を連続的に供給し目的の生成物を合成する手法を最適化し、安価で入手しやすい原料から芳香族アミン類を高効率に生成することに成功した。副生成物は水や炭化水素のみで、現行の合成手法に比べ廃棄物の量を...

細野氏-酸化物半導体「IGZO」世界に 材料やデバイスの開発は日本のお家芸と言われる。... 副生成物を抑え、目的の反応を優先的に進ませる技術を確立した。 ...

福助、植物由来レジ袋拡販 スーパー向けシェア40%へ (2019/9/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

バイオレフィンはサトウキビから砂糖をつくる時に抽出される副生成物の廃糖蜜が原料。

現在、イソプレンはナフサ熱分解の副生成物として工業的に生産されているが、イソプレン生成技術を確立することにより、石油への依存度が低減でき、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)削...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる