電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

428件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

イーバリュー、環境関連の法解釈を支援 (2024/6/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

廃棄物処理などの環境関連法のほか、独占禁止法や製造物責任法、労働安全衛生法など50以上の法規に対応する。

労働安全衛生や設備保全に関する事項、伸銅品の認知度向上などを検討・実施していく」と述べた。

資源の限られるスタートアップをオフィスや設備機器のハード面と、マッチング機会や労働安全衛生確保のソフト面の両方から支援。... 同社既存事業の強みを生かし、マッチングや資金調達の機会を創出したり、労働...

2023年10月の改正労働安全衛生規則施行により、最大積載量2トン以上の貨物車で荷物を積み降ろす作業の際に昇降設備の設置が義務付けられた。... 床面とトラック荷台との間にステップマッシュを設置するこ...

中央労働災害防止協会(中災防、東京都港区、十倉雅和会長)は、4月25、26の両日に、台湾積体電路製造(TSMC)子会社のJASM(熊本県菊陽町)で台湾人...

労働安全衛生法の改正に対応する狙い。... 23年4月に労働安全衛生法が改正され、労働者の有害物質のばく露程度を低減させる規制が導入された。

労働安全衛生法関係政省令の改正により、製造業などが取り扱う化学物質の管理が法令準拠型から自律的な管理に転換が求められる。... 広島県労働基準協会との共催。問い合わせは健康安全課(082・22...

国際規格を作成 国内の有力モノづくり企業が集い、日本発の新たな安全の考え方「協調安全」の現場導入を促進する官民連携組織が29日に発足する。... 日本主導で協調安全の国際規格作りにも...

不二倉業、トラック後付け昇降ステップ発売 (2024/1/16 生活インフラ・医療・くらし)

10月に施行される貨物自動車の労働安全衛生規則の改正などに伴う作業環境改善需要の高まりに対応する。

厚生労働省は事業主が従業員に受診を義務付ける定期健康診断の内容を見直す。... 事業者が従業員に年1回実施する定期健康診断は労働安全衛生法に基づくもので、検査項目は省令で定める。

労働安全衛生法で従業員50人以上の企業に義務付けられているストレスチェックは、従業員が数十項目の質問に回答する必要があり、頻繁に実施することは困難だ。

加藤製作所、来月7日に「テールゲートリフター講座」開設 (2023/11/16 機械・ロボット・航空機2)

2024年2月1日に労働安全衛生規則が改正され、テールゲートリフターの操作にあたっては所定の特別教育を事前に受講することが義務化される。作業時における労働災害の低減を目的に実施されるもので、違反により...

日本鍛造協会など、来月5日に安全衛生セミ (2023/11/2 機械・ロボット・航空機2)

日本鍛造協会、日本ダイカスト協会、日本鋳造協会、日本鋳鍛鋼会の4団体で構成する素形材産業安全衛生対策推進協議会は、12月5日10時20分―16時10分に「2023年度 安全衛生対策オンラインセ...

2023洗浄総合展/紙上プレビュー(1) (2023/10/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

労働安全衛生法の作業環境についての規制が強化されることに対応した各種グレードをそろえた。脱脂洗浄、フラックス洗浄、未硬化樹脂ノズル洗浄などの洗浄現場で、より安全に作業できるように顧客へのアドバイスにも...

労働安全衛生法により事業者は事業場の安全衛生管理体制を整備する義務がある。... 労働者の高齢化に伴い、高齢期の機能低下に対応した新しい労働衛生管理が必要である。 ... 労働衛生管...

山本光学、最適形状で曇り抑制 現場用保護メガネ (2023/10/4 機械・ロボット・航空機2)

24年4月の労働安全衛生法の改正で、化学物質を取り扱う事業所では保護メガネの着用が義務化される。厳しい作業環境で働く労働者にとって快適な職場環境の整備が求められれている。

労働安全衛生法関係政省令改正の要点を解説する。労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所の城内博化学物質情報管理研究センター長が講師を務める。... 問い合わせは新潟県労働衛生医学協会(025・...

昭永ケミカル、環境測定参入 事業所の化学物質・騒音分析 (2023/9/6 素材・建設・環境・エネルギー)

労働安全衛生法などの対象外の有機溶剤濃度やホルムアルデヒド、振動、引火点の検査・測定も引き受ける。

労働安全や健康などに配慮した企業経営が重視される中、来場者の注目を集めた。 ... 「ウェルビーイングがチームの競争力を高めることを全員で共有している」(安全衛生責任者のスチ...

住友林業と積水化、熱中症リスク抑制 作業員に装着型端末 (2023/8/10 生活インフラ・医療・くらし)

両社は作業員の体調変化を把握することで熱中症の発生リスクを抑え、職場の労働安全衛生を高める。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン