892件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

トナミホールディングス、濃飛倉庫運輸と協業開始 (2022/1/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

これにより配送生産性と品質向上でシナジーを創出し、ドライバーの労働時間や配送コストの削減、トラック走行距離短縮による二酸化炭素(CO2)排出量の抑制を図る。

平均年間労働時間は1332時間と欧州内でも少ない。 一方で、日本の平均年間労働時間は1598時間と、ドイツを266時間上回る。時間当たりの労働生産性の算出は、分母に労働時間が入り、働...

自動車業界の労働組合が加盟する自動車総連は13日、都内で中央委員会を開き、2022年春闘で企業内最低賃金の引き上げに積極的に取り組む方針を決めた。... 総労働時間の短縮、働きがいや生産性の向上など働...

年金制度改正法、来年度施行 高齢者の就労促す (2022/1/13 中小・ベンチャー・中小政策)

また女性のパートタイマーなど多様な就労を推進するため、短時間労働者に対する年金制度も見直される。... 短時間労働者を適用対象 短時間労働者を被用者保険(...

迫られる働き方改革 3つの法改正、4月施行 (2022/1/11 中小・ベンチャー・中小政策)

東京労働局が1月中旬から2月にかけて延べ800人規模で開催予定の企業の人事担当者向け説明会。... 企業は一般事業主行動計画を策定し、都道府県労働局に届け出る必要がある。... 「採用」「継続就業」「...

厚生労働省が公表した2021年11月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、名目賃金を示す現金給与総額は、労働者1人当たりの平均で28万398円と前年同月比横ばいだった。... 1人平均...

デジタル分野などに照準 厚生労働省は、特定求職者雇用開発助成金を一定の条件を満たした企業に現行より上乗せして助成する。... 現行の制度のうち、例えば、特定就職困...

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(324) (2021/12/21 中小・ベンチャー・中小政策)

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業に対し、「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」に基づき、厚生労働大臣が認定する制度である。... もちろん計画を達成すれば...

厚生労働省は16日、企業や労働組合、労働者などを対象にした第4回目の裁量労働制に関するヒアリング調査の概要を公表した。 今回は、多くの企業が超過勤務者の健康の確保するため、1カ月の所...

総額として1時間当たり40円を目安の要求水準とする。企業内最低賃金については、月額17万3000円(月間所定労働時間163時間以下の場合)、時間給1060円を要求する。

宿泊、飲食業に従事するパートタイム労働者を中心に、労働時間の減少により賃金が減少しているのが響いた。... 一人平均の総実労働時間は、一般労働者が前年同月比1・3%減の165・6時間。パートタ...

自己啓発に時間を使うほか、「単身赴任者からは『家族の元に早い時間に帰れる』といった声が届いている」(小西達也人事部次長)。... FF運用前は、実労働時間が長い人も多かった。... こ...

ニュース拡大鏡/総合印刷、社内外副業を解禁 (2021/11/19 電機・電子部品・情報・通信)

一つは、就業時間外で他社雇用を認める「社外副業・兼業制度」。月40時間を上限として社外での副業・兼業を認めている。 ... 労働時間の20%を目安に行うことが原則で...

宿泊、飲食業に従事するパートタイム労働者を中心に、労働時間の減少により賃金が減少しているのが響いた。... 1人平均の総実労働時間は、一般労働者が前年同月比0・3%増の161・2時間。パートタ...

30分の延長に加え、これまで3時間かかっていたシステムの再起動を1時間半程度に短縮する。... 現在、1日の取引時間はロンドン証券取引所が8時間半、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が...

今後労働人材の確保が難しくなる中、働き方の選択肢を増やすことで、優秀な人材の確保や採用につなげる。... 年間総労働時間を18年度の2030時間から21年度に1969時間までの削減を見込む。

西松建など、コンクリ打設情報共有システム チャットボットを活用 (2021/10/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

これにより防止管理業務などの総労働時間が3―6割短縮できる。

三党は、パンデミック(世界的大流行)でテレワークが普及したことに伴い労働時間の柔軟化も目指す。

これまでに長時間労働の解消のための取り組みを実施した。 社員が自分の出退勤予定時間をデスク上のモニターなどにカードで掲示して社内に周知することで、その時間にスムーズに退勤で...

Mujin、オンラインで物流ロボセミ (2021/10/21 機械・ロボット・航空機1)

2024年問題のセミナーでは、働き方改革関連法でトラックドライバーの労働時間が制限されることについて、物流倉庫運営側の影響・対策を説明する。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる