18,898件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

放射性医薬品、需要増に対応 日本人の死因第1位のがんは、治療の多様化や高度化が進む。... 効率化に加え、人の介在を減らすことで事故のリスクを減らせる。... 新基準や新しい医薬品に...

在宅勤務や経営のIT化が背景にあるようだ。 ... いずれも製鉄工程の効率化のためでもあり、鉄鋼大手各社は老朽化した高炉の改修を進めている。

軸受各社の業績が落ち込んでいる。2020年3月期連結決算は自動車向けなどの需要減少に新型コロナウイルス感染拡大の影響が重なり、各社の営業利益は前期比5―7割減少した。21年3月期は6月から欧米などの自...

従来の第1グローバル自動車営業本部、第2グローバル自動車営業本部、中国自動車営業本部を一本化し、営業活動を一元管理するほか、組織運営の効率化を図る。 ... 一般産業用品部門で他社と...

イエールは金融機関に対し、住宅ローン業務を効率化する技術の提供やローン希望者の紹介をしている。みずほ銀は営業チャネルに同社を加え、取引拡大と業務の効率化を目指す。

【京都】堀場製作所は、半導体製造で使うリン酸の濃度管理を効率化する「光ファイバー式熱リン酸濃度モニター CS―620F」を発売した。... 冷却機構と冷却時間の削減で製造工程の効率化に寄与する。...

テクノツリー、帳票とマニュアル連動 点検時間を大幅削減 (2020/7/1 電機・電子部品・情報・通信)

【神戸】テクノツリー(兵庫県明石市、木下武雄社長、078・940・8556)は、主力製品の電子帳票システム「XC―Gate(エクシーゲート)」をベースに、各種設備マニュアルとチェックシートなどの帳票を...

その結果を活用し、企業の業務効率化やマーケティング力向上のためのシステム開発・コンサルティングなどを行っている。 ... 新潟県の観光資源や特産品が持つ価値を可視化し、新たなビジネス...

大野精機(東京都大田区、大野義栄社長、03・3761・5092)が販売する治具などが、加工の効率化やコスト削減につながるとして好評だ。... 先を見据えて効率などを見直す企業が多かったのでは」と話す。

出光、AIで配船計画立案 時間60分の1・効率20%向上 (2020/7/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

出光興産は30日、内航船による製油所から油槽所への海上輸送の計画立案を人工知能(AI)でシステム化する実証実験を完了したと発表した。計画時間は従来の60分の1に削減し、燃料費や距離などの輸送効率は20...

東海道新幹線 56年目の進化(2)のぞみ12本ダイヤ (2020/7/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

「ひかり/こだま」や回送車両を含め、1時間当たり20回の発車をさばくため、清掃や発車準備といったオペレーションの効率化に工夫を重ねた。

50年に自動化・トラブルゼロ 2050年に「自動化」と「トラブルゼロ」を目指す―。... DXの旗艦プラントでは、自動化などのDX技術をフル活用する前提で新たに設計し、既存工場の改善...

業界内には投資に及び腰の会社もあるが、勝ち残った会社はコロナ対応を機に省人化や効率化投資を加速している。二極化が始まっている」 ―二極化で“伸びる店”のキーワードは。 ...

東レエンジニアリング(東京都中央区、岩出卓社長、03・3241・1541)は、次世代ディスプレーと期待されるマイクロLED(発光ダイオード)ディスプレーの生産工程を、従来より約10倍高速化できる装置を...

事務作業、ITで効率化 高齢化社会の進行で、介護サービス対象者の増加が見込まれている。... 一つ目は文書作成などの介護事務に関する領域のITなどの活用による効率化、二つ目は介護現場...

「セールステック」と呼ばれるITを活用し、営業活動を効率化するツールを開発、プロ代理店約1300店舗に導入した。... 自動車保険の場合、AIによる最適化提案で成約率は約2―3倍になった。

東海道新幹線 56年目の進化(1)2020年 日本の大動脈 (2020/6/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

年初にANAホールディングス(HD)の片野坂真哉社長は「鉄道との連携が課題となる」と話し、日本航空(JAL)の赤坂祐二社長も「国内公共交通の効率化を考えなければならない」との考えを示した。 &...

書類の電子化のほか、銀行との共同店舗化、ウェブ化に伴ったセミナー会場の見直しなども検討する。... これを弾みにペーパーレス化を進める。 ... 電子化することで手続きを効率化、迅速...

ミスミ、ウェブ調達支援サービスで樹脂材拡充 (2020/6/30 機械・ロボット・航空機)

メヴィーは樹脂部品と金属部品の一括発注が可能で、調達を効率化できる。

マツダ、来年度定期採用505人 技術系は今年度並み (2020/6/30 自動車・機械・ロボット・航空機)

採用人員減は新型コロナの影響ではなく、業務効率化や工場の安定稼働に必要な人員などを総合的に考慮した結果という。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる