電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

25,252件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.029秒)

ニュース拡大鏡/全国一律サービス変更 NTT、モバイル軸に (2024/4/24 電機・電子部品・情報・通信1)

既存の携帯通信設備を活用することで山間部や離島など不採算地域への設備投資が効率化できるからだ。

東ソー、PE樹脂値上げ 来月7日納入から (2024/4/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

CRでも物流の効率化などさまざまな対策を手がけてきたが、物価高騰を背景とした諸原料価格や固定費の増加、物流コストの上昇は自助努力の限界を大幅に超えている。

キヤノンIT、デジタルインボイス対応 財務システムに新機能 (2024/4/24 電機・電子部品・情報・通信2)

キヤノンITソリューションズ(東京都港区、金沢明社長)は、財務会計と人事給与分野に特化したシステム「スーパーストリーム―NX」に、インボイス制度に対応したデジタルインボイスの発行や受け...

同県内の11拠点を集約して物流や人員を効率化する。... 付加価値を提供して差別化する。

LLMの学習効率化と学習データの収集評価、LLMの日本語性能の高度化の3テーマで協定を結んだ。

NXHD、シンガポール社に出資 (2024/4/24 生活インフラ・医療・くらし2)

物流の効率化に向け、SWATの人工知能(AI)技術などを活用し、配車業務のデジタル化や輸送実績データを使った新サービスの開発に取り組む。

クボタなど、大阪市水道局からPFI事業受注 基幹管路耐震化 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機2)

クボタなどは大阪市水道局から、水道基幹管路の耐震化で国内初となる民間資金を活用した社会資本整備(PFI)事業を受注した。大阪市の浄水・配水施設をつなぐ基幹管路の更新に民間事業者の技術を...

(特別取材班) 部品を原料に再資源化/先端技術で効率生産 DMG森精機は工作機械の使用済み鋳物部品を回収し、再び同社製...

東京都は2024年度にモーダルシフトを推進する「東京港物流効率化等事業補助金」を拡充する。... モーダルシフトを促進することで、物流の24年問題や輸送分野の脱炭素化につなげる。

ロボット変革―ゼネコン技術連合が描く未来像(8)現場の産廃処理効率化 (2024/4/23 素材・建設・環境・エネルギー2)

AIで分別作業サポート 「建設現場で発生する産業廃棄物に関する新技術を各段階で開発し、廃棄物処理の効率を引き上げる」。... いずれの技術も、先行して関西圏での実用化を検討。

県内企業のDX化に取り組み、マッチングなどを行う「埼玉県DX推進支援ネットワーク」の体制を強化。... 深刻な人手不足が続く中、中小企業が持続的に成長するには、DXで業務を効率化したり、新サービスを生...

ブラザー・ダイドー、段ボール印刷・パレ積み効率化 (2024/4/23 機械・ロボット・航空機1)

協働ロボ併設ライン ブラザーインダストリアルプリンティング(東京都大田区、奥山晴美社長)は、ロボット商社のダイドー(名古屋市中村区、山田貞夫社長)と協...

デジタルで海運効率化 船員不足対応・安全性向上 (2024/4/23 機械・ロボット・航空機2)

運航の効率化を進めて船員の業務負荷を下げることが求められる一方、運航の安全性向上ニーズも一層拡大。... 通信環境を整備することで、航海時の安全性向上や洋上作業の効率化を図る。... 業界の発展には業...

アナ・デジ制御利点融合 ロームが電源用評価基板 (2024/4/23 電機・電子部品・情報・通信1)

アナログ回路の性能を最限引き出すためにデジタル要素を融合し、電力活用の効率化に貢献することを狙う。

車の積み込み効率化 商船三井、船内計画システムを運用 (2024/4/23 生活インフラ・医療・くらし)

検数協会の登録システムとのデータベース連携により、車の積み込み業務を効率化できる。

人手で行っていた作業を自動化し、ロボット稼働中に従業員は別の作業ができるようになった。 ... 「作業速度で言えば人の方が3倍速い」(武井社長)ものの、省人化に成功し...

建設現場の作業を効率化する墨出ロボットなども製品化した。

ミスミ、機械部品ECで納期自動表示 加工400社の在庫活用 (2024/4/22 機械・ロボット・航空機2)

国内外で400社を超えるサプライヤーの在庫状況や工場の生産能力情報をネットワーク化。... 利用者は購買の業務効率化に加え、手持ち在庫を削減できる。... サプライヤーにとっても、既存商圏外の需要取り...

ローソン、デリバリー3000品に拡大 店舗在庫自動連携 (2024/4/22 生活インフラ・医療・くらし)

同社は時間効率化の需要や高齢化の進行などで今後もデリバリー需要が高まるとみて、サービスの拡充を強化する。

静電チャックを製造する中津工場(大分県中津市)では次の需要期に向け、住設事業に先行して製造現場の自動化・無人化を進めており、効率化を図っている。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン