33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日本医科学動物資材研究所は、4月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。... 同業他社が少ないなか、世界有数メーカーの日本総代理店となるなど業容を拡大し、動物試験受託機関をはじめ医薬品メーカー...

人で安全性や有効性を確認する臨床試験は、7月中の実施を目指す。 ... アンジェスなどは公表当初の3月に9月の臨床試験を目指すとしていた。... 動物試験の良好な結果を受け、臨床試験...

臨床試験の手続きを迅速化するとともに、研究への財政支援を強化する。... 開発中の新型コロナのワクチンについて動物試験を終了後、早期に臨床試験に移行する。... タカラバイオが製造を担い、新日本科学が...

肺炎球菌を対象にしたワクチンに関しては、動物試験まで進んでいる。

HanaVax(東京都品川区、黄宝星社長、03・4540・1752)は、開発した肺炎球菌を対象とするワクチンについて動物試験を実施した。... 今後開発を進め、2022年に安全性を確認する臨床試験の開...

「再開にはまだ時間がかかるが、動物試験で見いだされた毒性所見の原因究明を進めている。... 第II相段階の臨床試験を実施中で、有望視されている」 ―今後の展望を教えてください。...

JXTGエネ、抗糖尿乳酸菌を発見 食後の血糖値上昇抑制 (2018/5/30 建設・エネルギー・生活2)

JXTGエネルギーは糖質分解酵素のアミラーゼやグルコシダーゼに対する阻害活性がある乳酸菌を発見して培養し、動物試験で食後の血糖値上昇を20%程度抑制する効果を確認した。現在、ヒト試験の準備段階にあり、...

同社のCGM(持続血糖測定)センサーは動物試験で5日間の校正なし動作が確認されており、30分位内での調整が可能。

従来は分析が難しかった物質でも試験ができるようになる。 ... 動物試験に批判が集まっている中で、動物代替の試験が求められている。同社は日本動物実験代替法評価センターの小島肇事務局長...

産総研、ヒト細胞で化学物質の有害性評価 (2017/1/10 科学技術・大学)

化学物質の生体への影響評価は動物試験で行われているが、コストや倫理面などの課題がある。それに代わる手法として細胞による試験手法が開発されているが、検出に半日以上かかるなどの課題があった。 &#...

主要緑茶43品種を使ったマウスによる動物試験で、加齢に伴う認知機能の低下を最も抑制する結果が得られた。

その一方で、動物試験を減らす声も高まっている。

医学や科学技術の進歩により、これまで安全とされてきた物質に発がん性が発見されるなど食品のリスクが高まってきたことを踏まえ、究理棟では動物試験や微量精密分析機器で物質の健康影響を調べる。

さらに米国での臨床試験に向けては国内大手製薬会社と検討を始めている。 ... サンショーは日米欧の医薬品申請に向けた動物試験ガイドラインによる安全性試験を、1年半かけて実施。... ...

これを従来型のハンター症候群治療酵素に適用した「JR―141」は、動物試験で脳への薬剤移行や中枢神経系障害の改善効果で良好な結果を示した。専門医と協議を進め具体的な開発計画を策定し、2016年度内の臨...

明治は乳たんぱく質の摂取により運動後の疲労や筋損傷、口渇感が改善することと、独自製法で作成した酸性乳飲料が筋合成促進作用を持つことをそれぞれ、ヒト試験と動物試験で確認した。ヒト試験では運動後の乳たんぱ...

パイプライン(開発品一覧)では主力製品「SB623」の慢性期脳梗塞向けが、2015年半ばには米国で150人規模のフェーズIIb臨床試験、年内に外傷性脳損傷向けが米国において50人規模でフェーズIIから...

すでに動物試験や医師の手術トレーニングへの導入・実証試験を始めており、使用感などを確認しながら改良する。

アンジェスMGが開発中の高血圧症治療ワクチンについて、共同研究パートナーの大阪大学が安全性と有効性を示す動物試験の研究成果を、日本高血圧学会が先週開いた総会で発表した。

10年以内にヒトを対象とした臨床試験を目指す。... 2013年度中にブタを使った動物試験でデータを収集する計画。基本性能試験やプロトタイプ製造を経たうえで、10年以内をめどにヒトでの治験につなげる。...

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる