594件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

田辺三菱は脱プラを推し進める観点から、PTP包装の代替素材を探索する。... 循環型社会構築につながる素材として、使い捨て食器や紙コップなどの食品包装材用途で採用が進む。 ... P...

深紫外線発光ダイオード(LED)は発光する方向とは逆方向に熱が発生するため、生鮮食品やフィルム、包装材などに熱の影響を与えることなく表面殺菌できる。

超音波振動によって袋をシールするタイプの包装機を新たに導入する。現状のヒーター式に比べ消費電力を低減できるほか、商品一つ当たりの樹脂製包装材の使用量も抑えられるという。... 包装機だけでなく「生産ラ...

フィルムなどの包装材向けで、2021年中にも量産を開始する。... 食品、医薬品包装用途に使われることが多いポリエチレン、ポリプロピレンといったポリオレフィン系樹脂向けに開発した。 ...

コーナン商事、EC納品期間を半減 自動梱包機導入 (2020/11/13 建設・生活・環境・エネルギー)

大阪府泉大津市のEC販売専用の物流施設に商品を自動で包装する「自動梱包(こんぽう)機」を1台導入した。... 売上高100億円目指す 自動梱包機の導入により、包装材の段ボールを商品に...

東洋アルミニウム(大阪市中央区、楠本薫社長、06・6271・3151)は、塩野義製薬子会社のシオノギファーマ(大阪府摂津市)と共同で、錠剤やカプセル剤といった薬の紛失リスクなどを低減できる「ピール&プ...

三洋化成はTBMに出資し、石井食品はTBMの新素材を食品包装材に使う研究をしている。

サカタインクス、アールプラスに出資 包材用インク開発 (2020/11/4 素材・医療・ヘルスケア)

サカタインクスはプラスチックの再資源化技術を開発するアールプラスジャパン(東京都港区)に出資し、同社の技術で再生した樹脂を使った包材用インクを開発する。... アールプラスジャパンには原料、包装材、飲...

イムラ封筒、紙製緩衝材付き包装材の生産2倍 EC向け需要増 (2020/10/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

イムラ封筒は2021年夏をめどに、相模原工場(相模原市中央区)の紙製緩衝材付き包装材の生産能力を月産200万枚から同400万枚に引き上げる。... プラスチック緩衝材の代替に加え、コロナ禍の巣ごもり需...

スペインの大手食品軟包装印刷会社、SP Group(コルドバ市)と共同で実施した。... 各国の食品包装規制にも準拠した。軟包装材は食品や洗剤の詰め替え品などの包装に使われている。

パッケージメーカーなどに導入され、生産能力向上や、新たな包装材の試作開発・量産化に貢献している。

リコー、高出力レーザーマーカー開発 個別情報、毎分300m印字 (2020/8/27 電機・電子部品・情報・通信2)

大量生産ラインで高速搬送されているフィルムやラベルなどの包装材に、最大毎分300メートルの速度で印字できる。... 今後はフィルムやラベルだけでなく、箱や袋などの包装材料への印字もできるように開発を進...

業界で一般的な印字幅2インチサイズの半分に小型化したことでランニングコストを半減し、食品包装材などのわずかなスペースに無駄なく印字できる。 ... 従来難しかった植物由来など環境配慮...

その3分の1にあたる容器包装用プラスチックは、その大半が1回使って捨ててしまう「シングルユース」「ワンウェイ」だ。プラスチック包装材の95%の価値=年800億―1200億ドルがそれにより失われていると...

これにより、工場で生産品目の切り替えごとに発生していた作業が削減できるほか、原料や包装材などの資材の調達を効率化することができる。

SCREEN、IJ印刷機開発に着手 多品種少量対応 (2020/5/26 機械・ロボット・航空機)

食品包装用樹脂フィルムといった軟包装材、段ボール、紙器(紙箱)のそれぞれに対応する同印刷機を2021年春から順次発売。... ライフスタイルやマーケティング手法の多様化、製品ライフサイクル短期化で多品...

薄い食品包装材など、高エネルギーX線を使うと明暗の差が出にくい対象物の検査精度を向上できる。... 薄いアルミニウム製の食品包装材などはX線を透過しやすいため通常の高エネルギーX線では明暗の差がついた...

素材で実現 食品ロス削減 機能化学などが開発 (2020/5/1 素材・医療・ヘルスケア)

【防かび作用】 保存試験では、ネット包装では3日だった枝豆の保存期間を7日に、無包装では1日だったブロッコリーの保存期間を4日に延長することができた。... ガスバリアーで賞味期限延...

果物、冬眠でおいしさ維持 三井化が特殊包装材 (2020/4/7 素材・医療・ヘルスケア)

三井化学は、果物を数カ月冬眠させて新鮮な状態を保つ特殊包装資材「アドフレッシュ」を2020年度中に上市する。

アツギ、包装材に環境配慮型素材 今春夏から切り替え (2020/3/23 素材・医療・ヘルスケア)

アツギは2020年春夏シーズンから、商品パッケージに用いている包装材を環境配慮型素材に切り替える。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる