電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,176件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

1月に公共放送局NDRが、「大手自動車部品メーカーZFは、2020年代末までに従業員を約1万2000人減らすことを検討している」と報じた。... ドイツの自動車メーカーは中長期的に経営戦略の中心を内燃...

総合化学メーカーにて、触媒、機能性材料などの研究開発に従事後、20年より現職。

例えば石油化学業界では、中国/欧州の大規模化学メーカーに対するグローバル競争力を維持すべく、出光興産と三井化学が京葉地域でのエチレンプラントの共同利用を発表している。... 野村総合研究所&...

KHネオケム、プラントの予兆診断 システム順次導入 (2024/4/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

KHネオケムはエアコンに使われる冷凍機油原料などを得意とする化学メーカー。

ブラジル化学大手ブラスケム、日本開拓加速 (2024/4/12 素材・建設・環境・エネルギー)

植物由来プラ、投資・協業機会探る ブラジルの化学大手ブラスケム(サンパウロ)は、日本でもう一段の市場開拓に乗り出す。... 日本での工場新設につい...

船舶業務のDX加速 船員不足解消に新提案 (2024/4/11 機械・ロボット・航空機1)

工場が24時間連続で稼働する化学メーカー向けに提供していた電子操業日誌のサービスを、船舶事業者に提供を始めた。

化学メーカーではオキソ技術で合成したアルデヒドからさまざまな誘導品を製造している。... 半導体メーカーレベルのクリーンルームを設け、石油化学メーカーとしてクリーン度はかなり高い」 ...

日本やマレーシア生産子会社でのSAP生産を2024年度中に停止し、解散するほか、中国にある同社最大のSAP生産子会社を現地化学メーカーへ売却する検討を始めた。... また中国生産子会社である三大雅精細...

成長をけん引する高機能材料 三菱ケミカルG(1)電池材料 (2024/3/26 素材・建設・環境・エネルギー2)

またインドの化学メーカーのネオジェン・ケミカルズと電解液のライセンス供与に関する契約を締結しており、量産を予定している。 ... 正極材メーカーの韓国L&Fと連携し、米国のイ...

日系の自動車や化学メーカーでは成功事例が増えているものの、食品・飲料メーカーにとっては文化の違いや市場の複雑さによりハードルが高いのが実情。... B9ビバレッジズは15年設立の新興ビールメーカー。....

半導体・電子材料への経営資源の集中など両社の強みを融合し、世界有数の機能性化学メーカーになるべく変革を加速している。... 後工程や材料のスペックが半導体全体をデザインする上で密接になっており、米国の...

インドでは、MUアイオニックソリューションズが同国の化学メーカー「ネオジェン・ケミカルズ」(マハラシュトラ州)と電解液のライセンス供与に関する契約を締結。... 一方、中国メーカーなど...

ニッポンの素材力 トップに聞く(12)カネカ社長・田中稔氏 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

そのために必要な資源を積極的に投入する」 【記者の目/化学メーカーから変貌も】 ライフサイエンス領域への重点シフトを打ち出し、関連事業への投資を強化してい...

一方、3000億円規模の市場に多様な企業規模の国内化学メーカーがシェア争いを繰り広げている。 ... さらに競合を含む材料メーカーの買収で業界再編を促すなど投資を積極化させる。...

今後、製薬会社や化学メーカーと共同研究を進め、30年にも大企業からのM&A(合併・買収)による出口戦略を描く。

レゾナックHD、石化再編で新たな一手 事業分社、26年上場目指す (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

従業員・株主と“三方よし” 石油化学業界の再編に新たな一手が出てきた。... ある化学メーカー幹部はこううなった。... 脱炭素関連では住友化学と三井化学、丸善石油化学が千葉県の京葉...

ニッポンの素材力 トップに聞く(4)住友ベークライト社長・藤原一彦氏 (2024/2/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

電気自動車(EV)の普及などモビリティーの電動化が加速する中、機能化学メーカーの技術力を生かせる場面は今後さらに増えるだろう。

環境省・国環研、19日に化学物質試験法セミ (2024/2/8 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省と国立環境研究所(国環研)は19日13時30分から、「生態影響に関する化学物質審査規制・試験法セミナー」をオンライン形式で開催する。第1部では同省の担当者が、国内外の化学物質審査...

同業の化学メーカーと意見交換し、刺激を受けている。

中国増産、再編の背中押す 2024年は日本の化学産業にとって激動の年となりそうだ。... 化学業界は中国経済の停滞により、汎用品分野で大きく影響を受ける。... 中国の大増産は、日本...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン