939件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

展望2021/商船三井社長・池田潤一郎氏 エネルギー転換に商機 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

水素の生産も安価な電力や二酸化炭素(CO2)を埋める場所が必要で化石燃料と同様に偏在する可能性がある。

発電不足リスク顕在化 電力各社、今冬の電力需給逼迫 (2021/1/22 建設・生活・環境・エネルギー)

化石燃料を燃やしてタービンを回す発電所は、燃料がないと発電できない。電力の安定供給はこれまで供給力の確保に主眼が置かれてきたが、化石燃料の制約などで発電量が不足するリスクが浮き彫りになった。... 1...

化石燃料燃焼などで発生したニトロフェノール類を含む揮発性有機化合物(VOC)は、大気中にPM2・5などとして存在する。

島津製作所、バイオ燃料の成分特定 仏社とシステム開発 (2021/1/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

島津含む4者で2年以内に、バイオ燃料の含酸素成分特定を数十分の短時間で行える「含酸素成分分析システム」の開発を目指す。 社会課題のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)実現...

豪、20年の石炭火力発電が低水準 (2021/1/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

東部電力市場で石炭やガスを使った発電による集中型の電力網から化石燃料と太陽光、風力、水力が混在する分散型の電力網に進化している実態が改めて浮き彫りになった。

「脱炭素」シフト エンジ、成長へ「医薬」開拓 (2021/1/12 機械・ロボット・航空機1)

中期的な需要は見込まれるが、温室効果ガス排出量を大幅に削減する「脱炭素化」が世界的に叫ばれる中、化石燃料需要の長期見通しは不透明感が漂う。 ... 「当社の方針は低炭素であって、脱化...

厳冬、電力需給逼迫 電力各社、総動員で対応も… (2021/1/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

火力発電の燃料不足を受け、電事連も支援に乗り出した。石油連盟と日本ガス協会に燃料の協力を要請した。 ... 石炭火力などの化石燃料発電は休廃止の方向だが、供給力が不足する局面では調整...

純電気自動車については化石燃料車に課す税金を免除。

これまでインフラを支えてきた化石燃料を中心とするエネルギー産業も、脱炭素に向けアクセルを踏み込まざるを得なくなった。 ... 再生可能エネルギーや原子力といった非化石電源の最大限の活...

中国では自動車エンジニア学会が35年までに新車の50%をEVや燃料電池車(FCV)などの新エネルギー車、残りの50%をガソリン車からHVに切り替える計画を発表。... 電気自動車(EV)は電池を含む製...

二酸化炭素(CO2)排出源となるガソリンは需要減少が避けられず、全国をカバーするサービスステーション(SS)は燃料供給だけではない業態への転換が求められる。備蓄が容易な石油は今後もエネルギー供給の「最...

アンモニアは燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないため、石炭火力の混焼などで有効な燃料。... 導入量拡大により発電コストを1ノルマル立方メートル当たり20円程度以下とガス火力以下に低減し、化石燃...

政府は二酸化炭素(CO2)などの排ガスを出さない燃料電池(FC)バスに新型コロナウイルス感染症などの検査装置を積み、各地で“出張検査”をするための技術開発・実証に取り組む。... 通常のバスに多く使わ...

純粋に化石燃料で動く車から、EVやHV、プラグインハイブリッド車(PHV)に移行する。

現在の調達コストは1ノルマル立方メートル当たり100円程度とみられるが、燃料電池車では同30円を下回らないと採算がとれず、鉄鋼業界は同10円を切らなければ利用は難しいとされる。 .....

生産あたりの資源消費量は増大し、化石燃料が枯渇に近づくのに対し、国際協調に欠けるため気候変動への適応策も困難である。

地球温暖化の問題は化石燃料を使っている間だけの議論だ。我々先進国は化石燃料のおかげでここまで発展してきた。... また途上国は今後も、化石燃料を使って発展せざるを得ない。

出光興産、木質バイオマス量産 ベトナムで来春着工へ (2020/12/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

2050年のカーボンニュートラルに向けて化石燃料の低炭素化が欠かせず、バイオマス混焼の普及に乗り出す。 ... 林野庁によると、国産材の燃料材は14年が200万立方メートルに対し、2...

【再エネ主力化】 石炭など化石燃料による発電比率が高い日本は、大胆な転換が迫られる。... 米中対立の激化に伴い、燃料調達を含めて経済安全保障の観点が重要視されつつある。

日立造船、御殿場市とゼロカーボン化で連携 (2020/12/1 機械・ロボット・航空機2)

日立造船と静岡県御殿場市は、ゴミ処理発電施設で発電した電力を同市内の公共施設で利用するなど、化石燃料に依存しない「ゼロカーボン化」に向けた包括連携協定を結んだ。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる