電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,554件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

日本ではGX(グリーン・トランスフォーメーション)推進法案が可決され、28年度から化石燃料輸入事業者に対して二酸化炭素(CO2)排出量に応じた化石燃料賦課金を、33年度...

順次、排出量取引制度の運営や、化石燃料賦課金などの徴収といった事業を広げる見通し。

我が国における低炭素水素製造のための再生可能エネルギー資源などの状況を踏まえると、需要と経済性を満たすために日本は他の化石燃料資源と同様、海外に依存することが見込まれる。 ... さ...

化石燃料の利用に伴う温室効果ガスやエアロゾルの大気中への放出、それらに伴う気候変動、マイクロプラスチックに代表されるゴミの排出、農薬といった人為的な化学物質の自然環境への排出などは20世紀半ば以降急激...

グリーンパワーインベストメント、京セラ系DCにCO2ゼロ電力供給 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

新しいデータセンターは常時再生エネ由来電力を使うことで、化石燃料からの脱却を目指す。

石炭や石油に比べて二酸化炭素(CO2)排出量は少ないものの、化石燃料の液化天然ガス(LNG)を主原料とする都市ガス各社は、CO2排出が実質ゼロの「e―メタン」や再生可能...

「決して小さくない」(田村プログラムディレクター)としつつも、日本の化石燃料の輸入額の年20兆―30兆円に比べると小さいと分析。... 加工したい対象物だけを狙って加熱できるので、化石...

無尽蔵のエネ生む未来技術 レーザー核融合は水素の同位体である重水素と三重水素を核融合反応させ、1グラムの燃料から石油8トン分に及ぶエネルギーを取り出せる技術。... 化石燃料は埋蔵量...

また、日本では排出量取引制度が26年度から本格稼働し、28年度からは化石燃料の輸入事業者などに炭素賦課金が課せられる。

リコー、40年度に再生エネ100% GHG削減10年前倒し (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

また40年度までに燃料を使う設備を電化し、化石燃料から脱却。

日欧が協力、研究開発推進 化石燃料を使わずに空気中の熱を利用して熱エネルギーを生み出すヒートポンプ。... 燃料価格も上昇している中で、各社はどう生き残るかを考え続けている。

この目標達成のための手段であるが、付け焼き刃のエネルギー補助金ではなく、以下に述べる原子力の活用、化石燃料の活用、再生エネルギー拡大の抑制、そして税および課徴金などの廃止・減免など、本質的な対策を実施...

「これからここに化石燃料からのトランジション(移行)をどうするかという視点を入れた経済性を見ていく必要がある」。

同法案の成立を目指し、脱炭素の実現に不可欠な非化石燃料への転換のうち、液化天然ガス(LNG)といった既存の熱源をカバーするエネルギー源として普及を促す。

開催前から国営石油会社社長が議長を務めることに一部から批判の声が上がったが、ロス・アンド・ダメージ基金の運用を発表し、「化石燃料からの脱却を進める」ことで合意するなど一定の成果を上げた。

HATSUTORI、移動炉でバイオ炭量産 地域の資源循環に貢献 (2024/3/27 素材・建設・環境・エネルギー2)

【宮崎】HATSUTORI(宮崎市、服部かおる社長)は、移動可能な大型の無電源・無燃料製炭炉を使ったバイオ炭の量産化にめどを付けた。... HATSUTORIの服部...

対象は太陽光発電などのエネルギーや次世代リチウムイオン電池(LiB)、非化石燃料由来の革新材料、省エネルギーに寄与する半導体や人工知能(AI)、CCUS(二酸化...

どちらも燃料はウランだが、軽水炉はそれをジルカロイ合金被覆管に収め、減速材や冷却材には水を使う。... 燃料は耐熱性に優れ、減速材の熱容量は大きい。... とりわけ化石燃料に由来しない水素製造は、将来...

東ガスと三井物産、米からバイオメタン受け入れ (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

ゴミから大気に放出される有機性のメタンを化石燃料の代替として再利用することから、温室効果ガス(GHG)の削減手段として期待されている。

出光、ナフサ分解炉でアンモニア燃焼 実証で操業可能性確認 (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

既存の燃料の2割超をアンモニアに切り替えて操業し、アンモニア燃焼が可能であることを確認した。 ... ただ化石燃料と比べて発熱量が低く、着火性も悪いことから燃焼性に劣るといわれる。....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン