1,024件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

化石燃料車の生産打ち切りについては、地域によってEVへの移行ペースが大きく異なるとして、具体的な時期は示さなかった。

今後、化石燃料需要の減少は避けられず、主力の燃料油事業と資源事業は脱炭素と能力減の両方の投資が必要になるのに加え、新たな成長事業育成も求められる。

30年には「発電燃料を天然ガスに換えることでCO2削減に即効性がある」(本荘武宏日本ガス協会会長=大阪ガス会長)と燃料転換に期待する。 ... 当面の化石燃料との混焼発電から、将来の...

一方で、化石燃料である石炭火力、LNG火力発電については、比率を可能な限り引き下げるとし、数値は明記していないものの、石炭・LNG合計で40%以下にする方向となった。

商船三井、バイオ燃料の自動車船を試験航行 (2021/7/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

EMLはグッドフュエルズ(オランダ)とバイオ燃料供給の契約を結び、自動車船にはオランダ・フラッシング港で約370トンのバイオ燃料を補油した。 今回用いたグッドフュエルズのバイオ燃料は...

深層断面/循環型社会 藻が活躍 (2021/7/14 深層断面)

同燃料は「サステオ」と称して展開。... 藻類で代替できれば、化石燃料の使用を減らせる。 ... 化石燃料の代替物を見つけるだけにとどまらず、意識改革まで視野に入れるべきだ」 ...

電力新時代 変わる経営モデル(47)Jパワー(4)社長・渡部肇史氏 (2021/7/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

化石燃料の電源を止めずに供給責任を果たしながら、この間に技術を次々と実装して低炭素化を進め、最終的には二酸化炭素(CO2)フリ―の水素発電に持っていく。... 需給変動に即応するため、燃料を使った調整...

そうした中、新たな航空燃料としてSAF(持続可能な航空燃料)が注目されています。... 【Q】どんな燃料なの? ... これまでの化石燃料由来と比べて二酸化炭素(CO2)の排出量を大...

化石燃料の燃焼などで人間が排出するCO2量と、植林などで吸収するCO2量が同じである概念で、自然界にある炭素の総量を変えないようにすること。 ... 脱炭素社会に向けた取り組みとして...

オランダを走る全自動車(化石燃料車やエコカーを含む)の数と充電設備の数を対比させると1基につき109台となる計算で、この数値が低いほど消費者にとって電気自動車(EV)へのシフトが魅力的となる。

ユーグレナは29日、同社のバイオジェット燃料で民間の航空機を飛ばすことに成功した。... また同日、同社のバイオ燃料の名称を「サステオ(SUSTEO)」とすることも発表した。... 地中にある化石燃料...

化石燃料の需要が残る東南アジアでCCUSの役割は大きく、30年には3500万トン、50年に2億トン以上のCO2回収が必要となる見込み。... このため各社は、ガスタービンの燃料転換を脱炭素化の切り札に...

その脱炭素化の特徴は、大量に消費されてきた化石燃料から再生可能エネルギーへの代替が生じ、変化が非常に大きく早いことだ。... 【制約多い鉱山開発】 大規模な代替が生じる脱炭素化は、膨...

アンモニアは水素のキャリアや燃料などの用途も期待されており、技術の早期実用化を目指す。 ... そのためエネルギーや化石燃料を大量に消費し、温室効果ガスを排出している。

同ネットワークは、日本が注力するCCUSの技術確立へ各国と協力関係を構築し、今後も化石燃料需要が残るASEAN地域を中心に世界的な動きを加速させる。

化石燃料の電源構成割合、10年前と同水準 需要は減少せず (2021/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

【ロンドン=ロイター時事】21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21)は15日、世界の再生可能エネルギー動向に関する2021年版のリポートで、19年に化石燃料が世界全体のエネルギーミッ...

液化天然ガス(LNG)は二酸化炭素(CO2)排出量が他の化石燃料よりも少なく、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出量はゼロ、窒素酸化物(NOx)も少ないといった特徴を持つなど、今後も中心的な...

炭素排出削減を求める圧力の高まりに直面する中、シェルは化石燃料からの転換で重要局面を迎えている。

ガス協会、カーボンニュートラル実行計画策定 (2021/6/11 建設・生活・環境・エネルギー)

実行計画は3段階あり、まずは即効性のある化石燃料から天然ガスへの転換や燃料電池(FC)などのガスの高度利用、次に二酸化炭素(CO2)とCO2フリー水素からメタンを生成するメタネーションの商用化、さらに...

化石燃料を使用しつつ温室効果ガスを有効活用したり、閉じ込めたりするところから技術開発が進み、燃料転換が実現する」 《環境ビジネスでは蓄電池分野に注力。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる