45件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

買収後、栗田の海外事業は北南米が日本、アジアに次ぐ事業規模となる。

一方、販売は、豪州や北・南米などでコンクリート補強繊維を販売してきたEPCホールディングスの子会社化により、海外の拠点数が一挙に増加した。

北南米の米州全体で大衆迎合的な自国優先主義が広がる中、政策の変化に対して柔軟に生産地を最適化する。

南米としては安定した経済と治安の改善が進むコロンビアでは、海外企業の進出が増加している。... 太平洋と大西洋に面し、国際的な経済協定が多く結ばれているため、「北南米への貿易拠点として有効だろう」(エ...

旭硝子、米に中枢拠点 バイオ医薬統合 (2018/1/10 素材・ヘルスケア・環境)

従来は旭硝子がアジア、CMCバイオロジックスが北南米、バイオミーバが欧州の各市場を担ってきた。

欧州と北・南米、アフリカ大陸をつなぐ玄関口の顔を持ち、アジアをはじめ、ブラジルなどポルトガル語圏諸国共同体(CPLP)と経済的な交流拡大を推進している。

ニッタ、米子会社に第2工場建設 (2016/3/7 素材・ヘルスケア・環境)

北南米市場で旺盛な物流向けなどの伝動・搬送用ベルト需要に対応する。

ドイツの濾過機メーカー、ボケラの買収では、製品力の増強とともに、欧州や豪州、北南米の販路を獲得した。

今回の契約では、SCREENHDの北南米地区の販売会社がインクジェット印刷機分野で培ったノウハウや技術を小森コーポの北米販売会社に提供し、販売活動を支援するという。

自動車関連メーカーの開発拠点が集まる米国を中心に、北南米市場の需要を取り込む。

「欧州だけでなく北南米や豪州など、世界各国の廃棄物処理施設に750台以上普及している」(中嶋洋一富士車輌取締役執行役員営業本部長)という。

またKLKと共同で展開しているマレーシア事業に加え、今後は北・南米や欧州での展開も検討する。

併せて、ボケラの持つ欧州や豪州、北南米の販路を活用することで、海外販売を充実する狙いだ。

米国の電炉鋼需要は13年夏を底に増加に転じており、北南米でタイト化する電極需要を取り込む。 ... 南米の需要増も見込めることから、北南米の電炉鋼生産は18年に13年比35%増の1億...

三菱商事は11年にチリの大手サーモン養殖会社を買収し、主に北南米と日本向けに供給している。

5年後に北・南米市場で売上高20億円、欧州市場で同15億円を目指す。

アジアや北南米などでの拠点の拡充にも意欲的だ。... 南米は容器用材料の需要が期待できる。

しかし日本・北南米・アジアに多い「Aタイプ」と、中国・インドの「BSタイプ」に展開が限られた。... 欧州や中東、アフリカ、北南米で強い、シェア10%強の首位レグラン(フランス)の追撃態勢が整う。&#...

新工場からは北・南米や欧州に輸出する計画だ。

供給先は日本向け3割、北・南米や中国、東南アジアなどの海外が7割だ。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる