電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

132件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

▽税制=北野嘉久JFEホールディングス社長▽金融・資本市場=高島誠三井住友銀行会長▽産業競争力強化=手代木功塩野義製薬会長兼社長▽外国人政策(新設)=深...

JFEホールディングス(HD)の北野嘉久社長は14日、記者団の質問に応じ、今回の対中関税への影響はないとしながら「米国に納められないから、東南アジアにモノが流れ、需給が緩むことが想定さ...

JFEHDの次期中計、インドなど重点投資地域に 高付加価値品で攻め (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

JFEホールディングス(HD)の北野嘉久社長は14日、記者団の取材に応じ、2024年度末に公表予定の次期中期経営計画で、市場成長が見込めるインドなどを重点投資地域として検討する考えを示...

JFE HDの前3月期、事業益26%増 構造改革など奏功 (2024/5/8 素材・建設・環境・エネルギー)

北野嘉久社長は同日の会見で今後の戦略について京浜地区の跡地利用を鉄鋼、エンジ、商社に次ぐ第4の事業の柱にすると説明。

4月から…こう変わる (2024/4/1 総合3)

法制度 ▽改正労働基準法 自動車運転業などの時間外労働に関して上限規制が適用 ▽改正金融商品取引法 ...

鉄鋼3社、月3万円賃上げの回答「横並びならず」 (2024/4/1 素材・建設・環境・エネルギー)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は定例会見で、春季労使交渉(春闘)で鉄鋼3社の賃上げが高いレベルでの回答となった一方、3社横並びでな...

「多額の費用を要するため、欧州などと同等の政府支援をお願いしたい」と訴えるのは、日本鉄鋼連盟会長の北野嘉久さん。

経営ひと言/日本鉄鋼連盟・北野嘉久会長「開かれた貿易を」 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

トランプ元米大統領が返り咲いたら対中政策はどうなるか、との質問にこう答えるのは、日本鉄鋼連盟会長の北野嘉久さん。

鉄連会長、日鉄の米社買収「脱炭素・高級鋼で日米の連携深まる」 (2024/3/1 素材・建設・環境・エネルギー)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は29日の会見で、日本製鉄による米USスチール買収が日米鉄鋼業界に与える影響について個社の社長の立場として「買収が成...

JFEホールディングス(HD)は6日、社長に傘下のJFEスチールの北野嘉久社長(65)が、後任のJFEスチール社長に広瀬政之副社長(60&#...

経営ひと言/日本鉄鋼連盟・北野嘉久会長「環境と成長両立」 (2024/1/19 素材・建設・環境・エネルギー)

鉄鋼業の国際競争力について「脱炭素の開発成果を設備投資に結びつけられるかにかかっている」と語るのは、日本鉄鋼連盟会長の北野嘉久さん。

2024TOP年頭語録/東北電力・樋口康二郎社長ほか (2024/1/8 素材・建設・環境・エネルギー)

JFEスチール・北野嘉久社長 ありたい姿検討 2024年は(25年度からの)新中期計画を策定する年。

つなぐ/見えてきた脱炭素製鉄 鉄鋼3社の注力技術 (2024/1/1 素材・建設・環境・エネルギー2)

「どの技術が優位か今は言えない」(JFEスチールの北野嘉久社長)状況だが、各社の注力技術の現状と見通しをまとめた。

来年度の粗鋼生産、横ばい予想 鉄連会長「先行き不透明」 (2023/12/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は20日の定例会見で、国内粗鋼生産量の2024年度見通しを「23年度とほぼ横ばい」とし、「内需には力強さが感じられず...

北野嘉久社長は同日の脱炭素化に関する説明会で「(研究開発と設備実装への)政府の支援を前提に、高炉法に匹敵する電炉での高品質・高機能材の大量供給体制を実現する」と述べた。 ...

経営ひと言/日本鉄鋼連盟・北野嘉久会長「中国増産を警戒」 (2023/11/3 素材・建設・環境・エネルギー)

「中国産鋼材の輸出に伴う東南アジアの需給の緩和を懸念している」と力を込めるのは日本鉄鋼連盟会長の北野嘉久さん。

鉄連会長、過度な円安に懸念 「物価上昇の大きな要因」 (2023/10/27 素材・建設・環境・エネルギー)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は26日、為替の円安傾向について「1ドル=150円超のレートは個人的には過度な円安。

今年度の粗鋼生産見通し、9000万トン割れ 鋼材需要環境厳しく (2023/10/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は、2023年度の国内粗鋼生産が9000万トンを割り込む見通しを示した。... 北野会長は「年換算では1億トンレベル。... 過剰な設備...

国内産業界からは日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)、積水化学工業の加藤敬太社長、日本生命保険の清水博社長が出席。

今年度の粗鋼生産見通し、9000万トン割れ 鉄連会長 (2023/9/27 素材・建設・環境・エネルギー)

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は26日の会見で、2023年度の粗鋼生産見通しについて「自動車向けが回復する一方、建設の大型物件の後ずれ、中国経済失...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン