電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

729件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

競合しないバイオ資源を 国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)が、2023年11月30日から12月13日にかけアラブ首長国連邦...

研究者の事業化意識必要に 研究開発における投資の構造やそのリスクを考えてみたい。大学や公的機関も含めて、経営面、研究面から、短期、中期、長期の視点で、さまざまなリスクと利益の検討が必...

どのような未来を望むのか 生成人工知能(AI)は日本産業の生産性を高める飛躍の鍵だと考えるが、その普及でデータセンター(DC)の消...

最高責任者の任命必須 警視庁のサイバー空間をめぐる脅威の情勢などについての広報資料によると、海外のハッカー集団などからのサイバー攻撃は高水準で推移し、クレジットカ...

環境貢献、顧客とともに スコープ3は、企業の温室効果ガス(GHG)排出量計測の階層的な枠組みのうち、直接的な排出量(スコープ1)および間接的なエネルギ...

新たなシステム価値創造 日本における技術開発や技術評価において、システム技術に対する認識に大きな問題を感じている。 インターネットや人工知能&#...

卓見異見/web3と生成AI 日立製作所会長・東原敏昭 (2024/1/15 ひと カイシャ 交差点)

日本産業、飛躍の鍵 世の中を革新する技術が常にそうであるように、現在、世界的に注目されている次世代インターネット「web3・0(web3)」や生成...

アライアンスで国際的指針 2023年、欧州連合(EU)で人工知能(AI)の利用などをリスクに応じて規制する法案「EU AI Act」が...

標準化・デジタル化実行を 2024年早々に国会で議論される、物流の2024年問題を取り上げる。働き方改革関連法により、24年4月1日からトラックドライバーに対して...

独創的研究開発の障壁に 科学技術の新規分野に関する評価の構造とその対象となる報告書や計画書の論理を考えてみたい。 近年の科学技術の進歩...

社会で求められる“人財”像 企業活動で重要なことの一つは信頼を得ることだと考える。それを実現するには透明性が必要だ。 日立はここ10年来、ほかの...

自動化で情報開示に透明性 世界30カ国以上の最高経営責任者(CEO)を対象にしたIBMの調査で、ここ数年、重要な経営課題の上位に「サステナビリティ...

SDGs進め国際的信頼得る 今回は食料需要拡大による調達競争に触れる。調達競争は大きく農業資材のそれと生産品(食料品)とに分けられる。農業資材の代表といえば肥料だろう...

科学の本質に迫る議論を 科学技術が新しい社会の姿を次々と生み出す現代においては、研究開発や技術・事業評価のスタイルもまた変わる必要がある。 国の施策や企業の研究開発...

日本企業は自信を持ってよい 現代においては、企業にも社会課題の解決が求められるが、企業一社だけで解決することは難しい。単に顧客に製品を納入するだけではなく、複数の...

経営・IT共創、新たな価値 長期にわたる日本経済の低迷や景気の横ばいを憂う経営者の方から最近よく、日本企業のデジタル変革(DX)は海外と比べ遅れて...

環境変化踏まえた対策を 物価の高騰が続いている。日銀は過去からインフレ目標率を2%としているが、昨今の物価高はこの水準を優に超えており、政府の発表数字よりも高いのではと感じる...

小さな芽育て変革起こす 日本の新規分野開拓の力がまだ足りないと感じている。その構造的な要因を考察してみたい。 現代は、科学技術が社会の変革をけん引する時代である。

共感力が産業力強化のカギ 「失われた30年」をもたらしたのは、ダイバーシティー(多様性)の欠如ではないか。日本経済の輝きを取り戻し産業競争力を強化...

卓見異見/10月から新執筆陣 (2023/9/26 総合1)

毎週月曜日付「ひと カイシャ 交差点」面の「卓見異見」執筆陣4氏が10月から新メンバー(掲載順)になります。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン