198件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

【川崎】三和クリエーション(川崎市中原区、手塚健一郎社長、044・740・6800)は、生産性向上のため工場に協働ロボット1台を初導入した。... 小ロット多品種対応 &#...

目につくのはデンマーク・ユニバーサルロボットの協働ロボットだ。... 協働ロボット本体だけでなく、「UR+」と呼ぶユニバーサルロボットの認証を受けた周辺機器の引き合いも増えているという。伊藤課長は「実...

協働ロボ向け事業を育成 ―事業環境の変化が絶え間なく続きます。... 21年3月期の販売額は、好調だった19年3月期レベルまで戻したい」 ―開発中の協働ロボット向け...

生産現場における映像活用は製品の点検や異物混入の防止の他にも、画像処理ソフトウエアを活用することで、作業の効率化や協働ロボットのサポートといった使い道がある。 ... デンソーウェー...

協働ロボットの世界市場は30年に120億ドル規模への成長が見込まれるという。... 両社は独立した企業として互いの事業を続け、同拠点では協働ロボットや自律移動ロボット(AMR)を開発製造する。 ...

―御社のロボット事業の展開をお教えください。  ... 成形機からの取り出し作業などに、人手不足対策として取り入れてきた」 ...

ロボットメーカーにとっては宿泊・飲食サービス業は約70万事業所(2016年時点)あり巨大市場だ。... 汎用的なロボットなら、どんな厨房でも働けるということではないだろう」 ―ロボッ...

ムダな仕事を減らすとともにRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)や協働ロボットの導入、活用などで業務を効率化する。省人化で捻出した人材は強化事業や新事業に振り分ける。 ......

高収益目指し集中投資 川崎重工業は20日、中長期の技術開発方針に関する説明会を開き、2030年度への成長分野として精密機械・ロボット事業と水素サプライチェーン事業...

金花芳則社長に代わり、精密機械・ロボットカンパニープレジデントの橋本康彦取締役常務執行役員が社長に昇格する。ロボット部門からの社長就任は初めてだ。... 半導体ロボットや協働ロボットを立ち上げた手腕に...

協働ロボットを試験導入したが、使い方が増やせるかなどを検討している。... 大型トラックのプラットフォーム(車台)共通化で開発の効率化が期待でき、いすゞとUDを合わせた普通トラックのシェアは国内トップ...

橋本氏は入社以来、ほぼ一貫してロボット畑を歩み、半導体向けロボットや手術用ロボット、協働ロボット事業を立ち上げた経歴を持つ。... ロボット事業部門から社長が選ばれるのは初だが、橋本氏は「ロボットはす...

第62回十大新製品賞/本賞 安川電機 (2020/2/13 機械・ロボット・航空機2)

【食品仕様の人協働ロボット MOTOMAN―HC10DTF】 安川電機の人協働ロボット「MOTOMAN(モートマン)―HC10DTF」は、食品業界での利用を想定して開発した意欲作だ。...

各社が食品や外食向けのロボットを開発、展示会の出展や資金調達などで事業拡大を図っている。... アールティは食品工場の弁当工程など向けの協働ロボットを開発する。... 中川社長は「食品ロボットは必ずし...

「2019国際ロボット展(iREX2019)」の併催事業として、ロボットメーカー、ユーザー、システムインテグレーター(SIer)、経済産業省が参加した。... iREXロボットフォーラム2019・パネ...

厳しい状況だが、メキシコでシート部品事業を拡大するほか、日本でも新しい車種が立ち上がるので力を入れたい」 ―メキシコ工場の設備増強など縫製事業を強化しています。 ....

この恩恵をまず受けたのが協働ロボだ。... 安全面から協働ロボが採用されている。... 加工時間が長い分、協働ロボにも余裕が生まれる。

開発から35年の歴史が詰まったサービスで、事業化に尽力した若い社員らに感謝したい。 ... 【安川電機・村井真二ロボット技術部部長】 食品製造工程に最適化し、これま...

主に自動車用シートの組み立て作業で2020年度から協働ロボットなどを本格導入する計画。... 協働ロボットの導入による生産効率化を進めることで、競争力を高めつつ、事業体制を強化する。 ...

東京ロボの力制御技術をベースに量産型の協働ロボットを開発する。これを機にヤマハ発は協働ロボット市場に参入し、ロボティクス事業の拡大につなげる。 ... 両社はヤマハ発の量産技術などを...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる