電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

121件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

中嶋氏は「日本の自動車産業が国際競争力を維持していくためには、協調領域においてJARIの役割は大きい。業界発展の一助になるべく頑張りたい」とし、坂本氏は「新体制のもとでカーボンニュートラル(温...

ロボット変革―ゼネコン技術連合が描く未来像(10)BIMで社会課題解決 (2024/6/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

遠藤グループ長は「設計・施工とは異なる領域の“感覚”が加わり、BIMデータが持つ多様な価値が見えてきた。... 先行する日本建設業連合会のBIM分科会や、標準化を進める「ビルディングスマートジャパン」...

その中で、国内初となるプラスチック材料のサーキュラーエコノミーに関するデータ駆動型研究を推進するプラットフォーム「SIPラボ」をNIMSに設置し、産学官の協調領域研究の推進と産業競争力の強化に向けたデ...

実現に向けたキーワードが、企業などの枠組みを超えた「協調体制」だ。 同戦略ではサイバーセキュリティーや高精度三次元地図といった9領域を協調領域と位置付けた。... とはいえ、車を動か...

三井化、物流の効率化加速 データ基盤を26年刷新 (2024/5/30 素材・建設・環境・エネルギー1)

特にデジタル技術を生かせる領域を物流面と位置付け、トラック共有化の実証などに取り組む。... 一連の取り組みは各社が互いの知見を持ち寄り、一体で取り組む協調領域として化学業界や業界を超えて展開させるこ...

そこで協調領域を定めた上でデータ基盤を構築し、各社が利用できるようにする。

協調・事業領域すみ分け このような状況下で日本企業が競争力を維持、さらに拡大していくためには、従来のような国内の既存事業を起点とした「IN-OUT」戦略だ...

一つあるのは、競争領域、協調領域の境目が変わるのではないか。例えば、DPPで提示するような情報は、従来は競争領域の情報で、各企業が秘匿していたが、それが協調領域に移ってゆく。... そこで、協調領域の...

そこでは、V2X進展のためには、協調領域と競争領域を分け、協調領域に取り組むことが重要とされた。 V2Xにおける協調領域とは、交通事故減少などの安全性確保や、渋滞緩和や省エネルギーに...

これまで約2年間の活動で、同研究会は参画企業の協調領域である「半導体関連人材の裾野拡大」「関連産業の基盤強化・発展」につながる事業を展開してきた。

日本を代表する商用車メーカー同士、協調領域と競争領域の線を見極めて取り組んでいくのがいすゞグループのスタンスだ」 【記者の目/市場けん引、試される局面】 ...

そこで企業や業界の枠を越えた協調領域を作り、各種データを集約、活用できるデータ連携基盤を構築すると同時に、中立性を担保しながら共通データを取り扱う事業者を認定する。

「協調領域を示せるのが商用車だ」とチームで難題に挑む決意だ。

デジタル人材育成に取り組む中での課題、将来予測される課題などを共有することで、お互いのためにもなる協調領域と捉える。

脱炭素や電動化など大変革期を迎える自動車業界を勝ち抜くための国内各社の協調をけん引する。 ... 片山氏は「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)や物流効...

先進技術の普及期においては、まず開発や市場導入を優先し、多様な企業が協調するオープンイノベーションの活用が定着している。市場拡大の期待が高い燃料電池車(FCV)も、そうした協...

国内商用車メーカー4社は「協調領域を増やそうと思いを一つに活動している」と説明する。 物流インフラの整備や人材確保などについても4社が協調し、関係省庁などに情報発信する。

インタビュー/スバル社長・大崎篤氏 米でEV加速 (2023/9/15 自動車・モビリティー)

そのためには、できるだけ現物を使った評価を減らし、シミュレーションやデジタルツインを使った効率的な開発手法でサプライヤーとやりとりしながら机上の検討を可能にしたい」 ―今後、トヨタ自...

また、工業廃水や塩湖かん水などのLiB以外の原料からのリチウム回収も想定し、QSTでは23年度より第2期アライアンス事業として「超高純度リチウム回収技術LiSMICの早期社会実装アライアンス」を形成し...

ロボット変革―ゼネコン技術連合が描く未来像(1)資材の自動搬送 (2023/8/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

建設”協調領域”第2幕 ゼネコン各社が一体で挑む“協調領域”の技術開発が、実用化に向けた第2段階に入った。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン