287件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

シナリオ非開示1万人参加 中部電、全社防災訓練 (2020/12/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

南海トラフ地震、原発災害想定 中部電力は1日、シナリオ非開示型の全社防災訓練を行った(写真)。最大震度7の南海トラフ巨大地震が発生して同社管内約490万戸が停電、...

防災科学技術研究所と海洋研究開発機構は「南海トラフ地震・津波をはじめとした地震・津波防災に資する調査観測、研究等についての包括的連携協力に関する協定」を結んだ。南海トラフ地震や津波の調査観測や観測デー...

静岡大学の北村晃寿教授らは、過去の南海トラフ地震で海底地すべりが発生し、津波被害が拡大した可能性を示した。過去5000年間の南海・駿河トラフ地震の津波堆積物を調べた。... この分析から、1096年の...

大和ハウス、3階建て住宅に新モデル 広い空間実現 (2020/9/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

南海トラフ地震などの大地震を想定し、地震の揺れを軽減する「Σ形制震パネル」も搭載。

名大など、防災・減災のオンライン講座 (2020/9/3 大学・産学連携)

名古屋大学は19日と10月2日の9時―16時35分に南海トラフ地震などの大規模災害に対処する人材を育成するオンライン講座「防災・減災カレッジ」を愛知県らと共同開催する。

南海トラフ地震の発生予測の精度を向上できると期待される。 ... 研究グループは、南海トラフのプレート境界付近の様子に似ているとされる宮崎県延岡衝上断層に着目。... 次の巨大地震が...

超多点で地震データを計測し解析を行い、内陸地震が起こるメカニズムを解明する。... これまで納めた地震観測装置は累計2700台強だ。 京大の飯尾教授によると、内陸地震の研究は将来予測...

気象庁と産業技術総合研究所は23日、南海トラフ地震に関わる地殻変動監視を強化すると発表した。... 南海トラフ地震の情報を素早く発表できると期待される。 ... 南海トラフで今後30...

感染症対応、戸惑う中小 最大震度6弱を記録し、府内で死者6人を出した大阪北部地震から18日で2年。... 関西の高速道路網も地震発生後に全線を閉鎖し、物流への影響は全国に及んだ。.....

設置は将来的に発生が予想される南海トラフ地震対策の一環だ。

兵庫県は今後の発生が予想される南海トラフ地震対策の一環で淡路島南部の福良(ふくら)港に同水門を設置する。

だがモウラスは海の観測が不十分で南海トラフ地震の想定震源域の西半分は空白になっている。... 【津波高を計算】 近年、南海トラフ地震に関し多くのことが分かってきた。研究者らが共通して...

19年の台風19号は内陸部の水害対策のもろさを見せつけ、今後は南海トラフ地震や首都直下型地震への備えが問われる。

南海トラフ地震発生による各地の津波の発生確率を閲覧できるシステムを構築した。 南海トラフ地震と言っても震源域には多くのパターンが想定される。

近い将来発生が予想される南海トラフ地震では117分で最大7メートルの津波が押し寄せると推定されており、減災・防災対策は喫緊の課題。 ...

今後30年以内に南海トラフ沿いで大地震が発生し、一定の高さ以上の津波が来襲する地域ごとの確率をウェブ上で閲覧できる。... 防災科研マルチハザードリスク評価研究部門の藤原広行部門長は「南海トラフ地震の...

防衛省は21―23日の間、南海トラフ地震を想定した日米共同統合防災訓練を実施する。地震発生時における在日米軍との共同対処の方法を実動で訓練。

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)は、巨大地震の発生が懸念される「南海トラフ地震」の長期評価に基づき、将来発生する可能性がある津波の地域ごとの発生確率を公表した。今後30年以...

◇  ◇ 南海トラフ地震・首都直下地震と水災害に関する二つの対策本部も発展的に統合する形で発足した。

大規模地震対策が叫ばれる中で注目される感震ブレーカーについても、防災科学技術研究所(防災科研)の産学官連携プロジェクトに参加し、機能向上を急ぐ。... これを生かせば、地震発生時に倒壊しそうかどうかの...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる