5,187件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日本原子力研究開発機構と森林研究・整備機構、筑波大学の研究グループは、2011年3月の福島第一原子力発電所事故の後の福島県の森林の放射線量の要因を明らかにした。

同社は原子力発電所の廃炉作業向けに遠隔ロボを特注で設計・製作している。

展望2021/日本電産社長・関潤氏 中国事業に拡大の余地 (2021/1/15 電機・電子部品・情報・通信)

携帯電話の振動モーターから、原子力発電所向けまで製品は幅広く、拡大余地は十分にある。中国は風力発電も積極的。... 「世界の発電電力の約半分をモーターが消費しており、高効率モーターで地球温暖化防止に貢...

関西電力は14日、定期検査中だった大飯原子力発電所4号機(福井県おおい町)を17日に運転再開すると発表した。

それでも需給は逼迫し、日本卸電力取引所(JEPX)のスポット価格は過去最高値をつけ、高値水準が続く。... 構造的な課題は原子力発電所の長期間の停止で安定供給が確保できず、LNGに頼った電源構成となっ...

展望2021/中部電力社長・林欣吾氏 新生活様式対応に商機 (2021/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

「太陽光発電やバイオマス発電などの特徴や課題を洗い出して新規開発し、洋上風力発電の公募事業で落札を目指す。顧客の工場などの屋根に太陽光発電を設置する事業も積極展開する。海外も再生可能エネルギーを中心に...

展望2021/九州電力社長・池辺和弘氏 脱炭素に原子力重要 (2021/1/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

―対テロ施設建設のため停止していた川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)2基が2020年12月までに発電を再開しました。 ... ただ東日本大震災以降、原子力を学...

【福島の責任全う 東京電力ホールディングス・小早川智明社長】 福島第一原子力発電所の事故から10年を迎える。... 停止後10年になる浜岡原子力発電所の再稼働に向けてギアチェンジし、...

経済界全体が中長期視野で検討すべきだ」 ―エネルギー問題の中で原子力をどう考えますか。 「福島第一原子力発電所の事故以降(原子力の)議論が凍結した。... 原子力は...

JAEA、福島原発廃棄物の線量分析 来年6月から (2020/12/30 建設・生活・環境・エネルギー)

【いわき】日本原子力研究開発機構(JAEA)は放射性物質の分析・研究施設となる大熊分析・研究センター(福島県大熊町)で、福島第一原子力発電所の廃炉作業で発生したがれきや伐採木、焼却灰などの中・低線量放...

11月から、風力発電機の自律飛行点検が可能な国産ドローンの提供を開始。... 風力発電機は安全運用のため損傷確認の定期的点検が必要とされるが、山奥や洋上に建てられる例が多い。... 同社では電力鉄塔や...

関西電力は、原子力発電所が立地する福井県に対し、懸案の使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外立地計画に関する説明が、約束の年内にできないと伝え、陳謝した。

導入量拡大により発電コストを1ノルマル立方メートル当たり20円程度以下とガス火力以下に低減し、化石燃料に対して競争力を持てる水準とする。実用段階にある脱炭素の選択肢として原子力発電所の再稼働は着実に進...

【第9位】原子力政策、再始動 日本の原子力政策が再始動した。宮城県の村井嘉浩知事は11月11日、東北電力女川原子力発電所2号機の再稼働に同意すると表明。... ■東証、終日停止 社長...

そのためには発電コストを下げ、供給安定性を向上しなくてはならない。安全性の確保を大前提として、既存の原子力発電所をベースロード電源として再稼働する必要もある。... 大型の発電設備に水素を使うのは現在...

福島県浜通り地域におけるロボットや新しい農業、原子力発電所の廃炉に向けた取り組みの成果を披露した。

災害時に避難所となる施設への再生エネ設備の設置や、再生エネの導入計画を策定できる人材育成も支援する。 ... 原子力発電所事故による除染土壌の中間貯蔵施設の整備が進み、東日本大震災復...

原子力発電所の使用済み核燃料対策をめぐり、電力事業者が連携に動きだした。電気事業連合会(電事連)は、東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電(原電)が共同出資するリサイクル燃料貯蔵(青森県むつ...

政府は、東日本大震災の復興推進会議(議長=菅義偉首相)を持ち回りで開き、東京電力福島第一原子力発電所事故の被災地域に設置する「国際教育研究拠点」の整備案を決定した。ロボットや農林水産業分野、原子力災害...

川内原発2号機、24日に発電再開 九電、来月下旬に通常運転 (2020/12/21 建設・生活・環境・エネルギー)

【福岡】九州電力は川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)2号機での発電を24日に再開する。16日に「特定重大事故等対処施設(特重施設)」の運用を始めて、新規制基準下での発電態勢が整ったため。... 川...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる