45件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

携帯電話に無くてはならない集積回路、Wi―Fiなど、天文学の発展と共に開発が進んだ技術もあるし、衛星による高精度測位は量子技術を用いた原子時計の精度向上と相対性理論のおかげであり、インターネット上の検...

安全な暗号鍵配送や認証のほか、原子時計の同期や量子センサーネットワークなどの多数の応用が期待されている。

NICT先端研究/情通機構(196)原子時計チップ (2021/10/12 科学技術・大学)

時刻同期 信頼性など両立 原子時計は最も正確に時を刻むことのできる時計であり、300億年動かし続けたとしても1秒もズレない驚異的な精度の光原子時...

日常生活のリズムを作る時刻は、太陽の運行ではなく原子時計が刻む周波数から作られる。また時刻基準である協定世界時は、数百台の原子時計の周波数を平均して作られる。... 地理...

受賞理由は東京大学の香取秀俊博士とともに光格子時計の原理実証と高精度化の研究を進め、開拓したこと。 光格子時計は全地球測位システム(GPS)に搭載している原子時計の1...

東陽テクニカ、JAXAに宇宙探査機の関連装置納入 (2020/7/16 機械・ロボット・航空機2)

水素メーザ原子時計を採用し、安定度の高い時刻信号を生成。

原子時計は時間情報のみならずGPSに代表される空間情報の基盤である。光領域の原子遷移を用いた光時計では従来型原子時計より精度が格段に向上する。... 単一イオン光時計の設計思想を拡張して多数個中性原子...

(冨井哲雄) “1秒”基準の有力候補 現在実用化している最も高精度の時計は「セシウム原子時計」。原子時計は原子が吸収する電磁波の周波数を基準に作られ...

NTTやNTT東日本、東京大学の香取秀俊教授らの研究グループは、光の周波数を基準とする高精度原子時計「光格子時計」同士をつなぐための長距離の光伝送実験に成功した。... 同装置を中継地点に配置し、24...

原子時計の研究及び無線通信機を活用した時刻比較技術の開発に従事。

私たちは、このような時計の用途を見据え、極めて高精度な原子時計を、微細加工技術を用いてチップ化することを目指している。... 原子時計は量子光学的に得られる原子共鳴に、マイクロ波発振器の周波数を安定化...

さらに正確な周期を原子が放射する電磁波に求め、今日では全球衛星測位システム(GNSS)など最先端科学に不可欠な原子時計を手にしている。 ... この定義を現示している...

これらの時計はさらに正確な時計を参照して時刻を合わせているが、その大元をたどるとほとんどすべて小金井の情報通信研究機構(NICT)本部にある日本標準時システムが生成する日本標準時にたど...

スマホ専用のアプリケーション(応用ソフト)を使うことで、複数の時計の時刻を一度に修正できる。同様の機能を持つ設備時計と異なり、設備工事が不要。... 専用アプリは高精度な原子時計の時刻...

東京工業大学の岡田健一准教授とリコー、産業技術総合研究所は、消費電力が60ミリワットで大きさが15立方センチメートルの小型原子時計を開発した。この原子時計はセシウム原子の電磁波共鳴現象を利用し、一般的...

だが中長期的な効果として、原子時計による全地球測位システム(GPS)、微小電気機械システム(MEMS)デバイスや電気自動車(EV)の性能向上などへの利用...

情報通信研究機構は、光の振動周波数を基にする「光格子時計」と、水素の共鳴周波数を基準にする「水素メーザ原子時計」を組み合わせた「光・マイクロ波ハイブリッド方式」の時計を開発し、光格子時計に基づく高精度...

現在の世界の標準時(協定世界時=UTC)は、原子時計の刻み(周波数)に基づき定められている。... だが原子時計には装置としての故障や寿命がつきものである。.....

情報通信研究機構と東北大学、東京工業大学は23日、圧電薄膜の機械振動を利用したシンプルな小型原子時計システムを開発したと発表した。

原子(物質)と光の相互作用を操る新手法になり、量子通信や量子シミュレーション、次世代の原子時計の開発などに役立つ。... 今回、微細加工技術を使って、原子と同等の量子的な性質を持つ超電...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる