1,118件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

事故後にも壊れた原子炉の冷却水が必要なため、今も増え続けている。

日本原子力研究開発機構と英国立原子力研究所(NNL)は、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」の技術分野での研究開発協力を始める。原子力機構は高温工学試験研究炉(HTTR)で培った高温ガス炉技術の高度化と...

7号機の安全対策工事は12月に完了し、2021年4月には原子炉を起動する前の検査も完了する見通し。

2050年を見据えれば、水素の利活用や炭素リサイクル、安全性の高い小型原子炉も有力な手段となり得る。

日本では原子炉で使用した燃料を再処理し、再び核燃料として利用する「核燃料サイクル」の方針をとる。... MOX燃料を使ったプルサーマル発電に対応する原子炉も稼働中は4基にとどまる。

16年から19年にかけて、国際廃炉研究開発機構(IRID)が原子炉格納容器の一部を、実寸大で再現した実規模設備を使って漏えい箇所の補修試験を実施した。今後、世界初となる原子炉格納容器に水を張らずに、容...

水中ドローンで有望な洋上風力発電、原子炉、ダム、深海調査、洋上養殖などの市場で、それぞれ大手事業者と提携する。

その後に展開するSiC繊維を使う材料では航空宇宙分野や原子炉・核融合炉材料で活用が期待される。 ... 今後は航空機エンジンや原子炉などでの用途を見込む。

例えば、原子炉の下方に落下したと想定されている、溶融した燃料、いわゆる燃料デブリを回収するには、その状態や性状を把握する必要がある。 しかしながら、対象となる空間はさまざまな原子炉構...

【過酷環境の調査】 原子炉格納容器は、原子炉やこれにつながる重要な機器を収めた容器であり、事故時に放射性物質が外部に拡散することを防ぐ目的がある。... さらに原子炉の冷却水が流出し...

日本原子力研究開発機構は、機器を原子炉容器に納める「タンク型」ナトリウム冷却高速炉について耐震性や経済性などの観点から検討し、国内の立地条件で設置できる見通しを得た。... ナトリウム冷却高速炉は、燃...

【軽水炉に実績】 三菱重工業は軽水炉(水を減速材と冷却材として使用する発電用の原子炉)のうちPWR(加圧水型原子炉)のメーカーとして1970年以降、国内24基の発電プラントの納入実績...

有事想定、核拡散抑止にも 現在、世界で使われている商業用原子炉はそのほとんどが大型軽水炉である。... 大型軽水炉は将来的には小型モジュラー炉にとって代わられるだろう。 &#...

日本原子力研究開発機構は、スーパーコンピューター上での大規模な原子炉シミュレーションをリアルタイムで可視化する技術を開発した。... スパコンによる原子炉の複雑なシミュレーション結果の理解には、計算デ...

最近IEAが打ち出した、コロナからの持続可能な復興計画において期待できる将来技術として水素、バッテリー、CCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)と並んで小型モジュラー原子炉(SMR)が挙げられた。&...

東電HD・東芝ESS、安全対策工事で新会社 柏崎刈羽原発 (2020/6/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

17年12月に原子力規制委員会から柏崎刈羽原発6号機、7号機の原子炉設置変更許可が下り、現在は7号機の審査と並行し、6号機の工事計画認可申請に向け準備をしている。

東電HD、使用済み核燃料取り出し実証 水中ロボ遠隔操作 (2020/5/18 自動車・機械・ロボット・航空機)

【いわき】東京電力ホールディングス(HD)は、福島第一原子力発電所の廃炉に向けて難関となる使用済み燃料プール内の核燃料取り出しに向けた実証を、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで行った。.....

中部電・浜岡原発、中性子照射の劣化は予測範囲内 (2020/4/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

中部電力は浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)で廃炉措置中の1号機について、原子炉圧力容器金属材料の中性子照射による劣化は予測範囲内だと確認した(写真)。... 原子炉は低合金鋼製で、中性子照射前でも低...

原子力の安全性向上や原子力人材の育成、高速炉の開発などの取り組みを進める。... 「21年に東京電力福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリを試験的に取り出す作業が始まる。... 「研究用原子炉『J...

第1弾として、2016年に東北大が設置した原子炉廃止措置基盤研究センター(CFReND)に、東電との共同研究部門「福島第一原子力発電所廃炉支援基盤研究部門」を4月1日に新設する。... 廃炉現場の技術...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる