5,218件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

企業研究/エア・ウォーター(5)「海」を起源に多角化挑戦 (2021/4/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本海水の福島県の製塩工場が、原発事故の影響で閉鎖を余儀なくされた。

ただ、EU内で賛否が分かれている天然ガスや原発を「グリーン」とするかどうかは判断を先送りした。... 排出量が比較的少ない天然ガスや原発も「グリーン」とするよう要求した。... 原発をめぐっても、フラ...

東電会長に小林喜光氏 (2021/4/23 総合1)

(総合3に関連記事) 東電は柏崎刈羽原発などでテロ対策の不祥事が相次ぎ、ガバナンスを改革して地元や社会の信頼を回復することが急務。

(総合1参照) 柏崎刈羽原発は原子力規制委員会から“レッドカード”を出され、福島第一原発の補償原資として頼みの綱である再稼働が早くても1年半以上かかる事態になった。さらに、国は福島第...

【福井】福井県議会が21日開いた全員協議会で、関西電力の美浜原子力発電所(福井県美浜町)など稼働40年超の原発の再稼働について、最大会派の自民党は条件付きで知事に一任する意向を表明した。... 40年...

東京電力ホールディングスは、福島第一原子力発電所の処理水処分に関連する損害賠償について、専用の問い合わせ窓口を開設した。電話番号は0120・429・250。受付時間は平日9―19時、土・日・休祝日9―...

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は20日、茨城県庁で大井川和彦知事と面会(写真)し、東電福島第一原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出に関する対応を伝えた。... 大井川知事は...

東電福島第一原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出について説明。... 小早川社長は会談で「福島の復興と(原発の)廃炉を完遂する覚悟で、私が先頭に立って進める」と述べた。... 小早川...

【福井】福井県議会は19日、全員協議会を開き、関西電力の松村孝夫副社長原子力事業本部長ら幹部の出席のもと、美浜原子力発電所(福井県美浜町)など稼働40年超の原発稼働の可否をめぐる質疑を繰り広げた。.....

原発関連事業者13社、テロ対策で知見共有 電事連会長 (2021/4/19 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、東京電力柏崎刈羽原発で起きた核物質防護事業(テロ対策)に関する一連の不祥事を「極めて重く受け止めている」とし、原子力関連事業を行う企業(13社)が協力し...

内堀雅雄福島県知事は15日、東京電力福島第一原子力発電所から出る放射性物質を含む処理水の扱いについて梶山弘志経済産業相に要請書を手渡した。政府が13日に処理水を海洋放出する方針を決めたことに対し、今後...

梶山弘志経済産業相とグロッシー国際原子力機関(IAEA)事務局長は14日、東京電力福島第一原子力発電所に保管されている放射性物質を含む処理水の処分方法が決まったことについてオンライン方式で会談した(写...

原子力規制委員会は14日、政府が東京電力福島第一原子力発電所の処理水を海洋放出する方針を決めたことを受け、今後の取り組み方針について議論を始めた。論点は実施計画、モニタリング、第三者によるレビューの3...

柏崎刈羽原発ではテロ対策の核物質防護設備の故障にもかかわらず長期間対策を取らなかったり、他人のIDカードで中央制御室に不正入室するなどの重大事案が何件も起きた。

原発建屋内で発生する放射性物質を含む水を汚染水とする一方、海洋放出が可能な基準に浄化した水を処理水と定めた。... 処理水については福島第一原発内のタンクで保管していたが、22年秋には満杯になる見通し...

科学的に安全が確認できた処理水を、いつまでも原発敷地内に貯留し続けることは合理的ではない。... 残念ながら福島第一原発は廃炉の完了まで冷却水が必要であり、汚染水を生み続ける。

再稼働に向け準備を進めてきた柏崎刈羽原発で、侵入検知の設備が故障した状態が続いたり、所員が他人のIDで中央制御室に入室するなどの事態が相次いだ。... 福島第一原発事故から10年、「福島への責任貫徹」...

中部電、浜岡原発停止10年 再稼働へ安全対策に力 (2021/4/9 建設・生活・環境・エネルギー)

それでも「脱炭素社会実現に向けて浜岡原発の再稼働は欠かせない。... (市川哲寛) 【脱炭素化に必要】 浜岡原発は中部電唯一の原発で、停止前は全社発電量の約15%を...

岸会長は「菅首相から『福島第一原発の廃炉に向け処理水の放出は避けて通れない問題である』と説明があった。... 原発敷地内にある処理水の貯蔵タンクは2022年夏にも満杯になる見通し。

(編集委員・鈴木岳志、同・六笠友和、高島里沙) 原発事業を抱え… 福島第一の廃炉撤退「あってはならない」 「原発事業をやっているのだから、ファンドにポンと買われて福...

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる