電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

309件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

硫化銅を使うことでアナモックス反応の途中で生成する反応性が高く不安定なヒドラジンを作れるか検証したところ、中間体として検出でき窒素分子に酸化することを確認できた。 アナモックス反応は...

九大、オルガノイドで膵がん治療効果を予測 (2024/5/14 科学技術・大学)

膵がんは二つのサブタイプに分類され、治療反応性や予後と相関することが知られる。... 研究グループは、臓器やがんの多様性を維持できるオルガノイドに着目。... だが、膵がんは薬剤反応性の個人差が大きく...

機能が推定されている酵素遺伝子であってもその基質や詳細な反応が不明のため、実質的には未知遺伝子であるものも多い。... 抗菌物質など各種化合物の前駆体を活性型に変換したり他物質との反応性や水溶性を変え...

東京理科大学の吉田優准教授と小林瑛宏特別研究生らは、ベンゼン環の上を置換基が転位するベンゾフラン合成反応を開発した。... ベンゼン環に水酸基の付いたフェノールにアルキニルスルホキシドを反応させる。....

三井金属、レアメタルの新溶液開発 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

三井金属は機能性粉体事業部で、タンタルやニオブをはじめとしたレアメタル(希少金属)の新溶液材料シリーズ「iconos(イコノス)」を開発した。... 液体のため混合や塗...

エポキシ樹脂は末端に反応性のエポキシ基を有する熱硬化性樹脂で、耐熱性や機械的強度、接着性などに優れる。... 今後、用途ごとに需要の回復度合いに差が出る可能性があり、川下を含めた市場動向が注視される。...

カーバイドスラリーは酸洗浄廃液の中和処理に使われているが、主成分が水酸化カルシウムであるためCO2との反応性が高く、回収・有効活用(CCU)にも適している。

反応性が高く、ポリマーが分解するなどの課題があった。

抗体医薬品開発に道 大阪大学の有森貴夫准教授らは、がん細胞だけに結合して正常細胞には反応しない抗体の取得に成功した。... 数百種類のHER2に対する抗体を作って細胞への反応性を調べ...

DIC、エポキシ樹脂硬化剤で技術開発 高耐熱で再成形可能 (2024/3/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

DICは200度C以上の耐熱性とリサイクル性を兼ね備えたエポキシ樹脂硬化剤の基本技術を開発した。... エポキシ樹脂は末端に反応性のエポキシ基を有する熱硬化性樹脂で、接着材や半導体封止材、複合材料のマ...

反応性の低い炭素―炭素間二重結合に芳香環を導入する。... 反応温度が下がると分子構造の幅が広がる。... ただ還元力が強過ぎて副反応が起きる。

4ジメチルアミノピリジンNオキシド(DMAPO)などを用いると反応性の低いインダゾールもカルボン酸と1段階で反応する。従来は2段階の反応だった。 ... 選択性が高く...

東京大学の夏康大学院生と鈴木康介准教授らは6日、金ナノ粒子の安定性と反応性を両立させる技術を開発したと発表した。... アルコールの酸化反応で高い活性を示した。... 金ナノ粒子は小さくすると反応性が...

商品トレンド/エポキシ樹脂 10月生産数量27%減 (2023/12/20 金融・商品市況)

半導体封止材需要が低迷 エポキシ樹脂は末端に反応性のエポキシ基を有する熱硬化性樹脂で、耐熱性や耐薬品性、機械的強度、接着性などに優れる。

開発したゲル材料は圧縮負荷をかけると水を放出しながら10分の1以下の厚みにつぶれるほどの柔らかさを持つが、負荷を除くと吸水して元の形状に戻る高い復元性を示した。... 木材から抽出した天然の構造を持つ...

焼けた倉庫には1万点を超える可燃性製品が保管されていたため、危険物総量により消防法が義務付けている許可を受けていなかった可能性が当初指摘された。 ... 「危険物」には、石油類や塗料...

半導体研究向け拡販 【千葉】ユーパテンター(千葉県船橋市、本多祐二社長)は、山口県産業技術センターと、単結晶に近い窒化アルミニウム(AlN)を、ステン...

一般的な着色技術より強度や耐久性に優れ、医療や車関連の部品、室内装飾品、キッチン用品、文具などの受託加工をしている。真空で気化した金属と反応性ガスを組み合わせてセラミック化し、加工対象物に照射する技術...

東和薬・大阪公立大、発がん性物質の発生発見 大気中のNOx一因 (2023/11/8 生活インフラ・医療・くらし2)

東和薬品と大阪公立大学は、発がん性が懸念される化学物質ニトロソアミン類のニトロソジメチルアミン(NDMA)について、大気中の窒素酸化物(NOx)が生成の一因になることを...

「ナノアーキテクトニクス材料創製プロジェクト」では、Society5・0およびカーボンニュートラルの求めに応じて、従来材料を凌駕(りょうが)する性能・機能性・反応性をもつ各種材料を創出...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン