63件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

「4、5年後にイチゴをロボットで自動収穫するサービスの提供にこぎつけるのが目標だ」と明かすのは、三松(福岡県筑紫野市)社長の田名部徹朗さん。 inaho(神奈川県鎌倉市)と連携し、野...

inaho(神奈川県鎌倉市)との連携・開発支援を強化し、農家の負担が減らせるアスパラガス自動収穫ロボットに取り組んでいる。導入コストはゼロで、収穫代金の一部をサブスクリプション(定額制)で受け取る。数...

20年3月にはさらに、農作物の自動収穫ロボットのAGRIST(アグリスト、宮崎県新富町)に1億円出資した。同社のロボットは人工知能(AI)と画像認識技術を活用し、ピーマンと葉を見分けて自動収穫できる。...

クボタ、米FarmXに出資 農業省力化に貢献 (2020/4/17 自動車・機械・ロボット・航空機)

2014年11月設立のFarmXは人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)センサーを活用し農作物への最適な給水の自動化など生育環境、収穫の効率化に貢献する技術に強みを持つ。 ...

3月には三重県いなべ市に国内最大級の農業用ハウスを完成させ、自動収穫ロボットなどを使った農業の自動化の実証試験を始めている。

JXTGホールディングス(HD)は農作物の自動収穫ロボットのAGRIST(アグリスト、宮崎県新富町)に1億円出資した。... AGRISTのロボットは人工知能(AI)と画像認識技術を活用し、ピーマンと...

佐賀銀、農業ロボに投資 (2020/2/26 金融)

佐賀銀行はグループ運営のベンチャーファンドを通じ、野菜収穫ロボット開発のinaho(イナホ、神奈川県鎌倉市)に2000万円を投資した。同社はキュウリなどの収穫時期を画像処理で判別、自動収穫する装置を研...

具体的には、(1)リモコンで遠隔操作するロボット(2)あらかじめ動き方を設定しておくことで自律的に動くロボット(3)それらのハイブリッド版のロボットに大別される。 ... その中でも...

2016年設立のARはリンゴの自動収穫ロボット開発や収穫作業の請負サービスなどを手がける。果樹収穫作業の省力・自動化に向けた技術開発におけるソリューション事業を推進し、米国などでの農作業の効率化に貢献...

米カリフォルニア州で(イチゴの収穫ロボットなどのノウハウを持つ)スタートアップのアドバンスドファームテクノロジーズに出資したが、技術的には日本でも水平展開できると思う。

すでにイチゴの自動収穫ロボットを開発するアドバンスドファームテクノロジーズ(カリフォルニア州)に出資した。

輝け!スタートアップ(19)inaho (2019/11/14 中小・ベンチャー・中小政策)

収穫ロボ、RaaSで提供 【収穫自動化】 inaho(神奈川県鎌倉市)は農業向けに収穫ロボットを開発する。特徴はRaaS(サービスとしてのロボット)として提供するこ...

大葉やイチゴなどの収穫ロボット、光合成計測技術やおいしさの見える化などを紹介する。

【35年市場予測】 それでは農業ロボット関連の市場規模はどうなっていくのか見ていこう。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が発表している「2035年に向けたロボット産業の将...

inaho、1.7億円資金調達 (2019/8/30 ロボット)

野菜収穫ロボットの製造や対応作物の拡大、人材の採用、市場開拓などに当てる。現在の対応作物はアスパラガスのみだが、キュウリやトマトなど人の目で見て収穫適期かどうかを判断しなければならない作物に対応してい...

アグリクロスは広さ130平方メートルの疑似農園で、5社が野菜自動収穫ロボットや農業支援の人工知能(AI)システムなどを展示する。

飛行ロボット(ドローン)や収穫ロボット、人工知能(AI)などを活用し、生育から収穫まで一連の作業を効率化して生産性を高める。... 実を傷付けずにつかむ専用ハンドを装着した収穫ロボットを活用する。収穫...

埼玉大学先端産業国際ラボラトリーは28日15時から同大研究機構棟(さいたま市桜区)で「2018年度 AI/IoT技術を活用したロボット開発人材育成実践セミナー成果発表会」を開く。これまでの受講者が製作...

立命館大学がデンソーやヤマハ発動機、豊田自動織機、スズキなどの民間企業と共同で、農業の自動化・ロボット化に向けた商品開発を加速している。... 無人トラクターや飛行ロボット(ドローン)の普及が進む稲作...

スマート農業加速 AI・IoTなど先端技術駆使 (2019/2/4 中小・ベンチャー・中小政策)

収穫に適したサイズ判断 佐賀県では人工知能(AI)を搭載したロボットがアスパラガスの収穫を始める。... 同社は野菜の自動収穫ロボットを軸に農業支援を目指すアグリ...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる