電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

249件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

今年受注見通し、底堅く前年並み 2024年の工作機械市場は前年並みの受注水準をうかがう展開となりそうだ。... (西沢亮) &#...

重工大手には早速、受注として成果が出ている。 三菱重工は6日、「航空・防衛・宇宙」部門の24年3月期受注見通しを期初予想比9000億円増の1兆9000億円に引き上げた。... 受注拡...

日本ロボット工業会は、2024年の産業用ロボット年間受注額(非会員含む)が前年見込み比6・0%増の9000億円になるとの見通しをまとめた。世界経済の不透明感...

つなぐ/エンジ活況期へLNG上昇気流 CO2削減、新規案件本格化 (2024/1/1 機械・ロボット・航空機1)

一方、新エネルギーなどのEPCの受注を目指すケースもある。... 23年度中に受注したいが、24年度にずれるかもしれない」 ―多くの大型案件を受注できた場合、人員は足りますか。...

朝日ラバー、医療用ゴム生産1.5倍 福島の工場増築 (2023/12/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

既存製品のほか、新規で受注した製品の生産も予定する。 ... 同事業関連製品の開発・生産は第二福島工場と白河第二工場(福島県白河市)で手がけているが、今後の開発製品の...

検証2023/防衛事業拡大 重工大手、売上高上振れ (2023/12/20 機械・ロボット・航空機1)

政府の防衛予算大幅増を背景に受注が伸びており、強気の長期見通し表明が相次いだ。 ... 三菱重工は23年11月、24年3月期の「航空・防衛・宇宙」部門の受注見通しを従来予想比8000...

効果は既に受注に表れている。スタンド・オフ防衛など複数の大型案件を受注したことにより、11月には24年3月期の「航空・防衛・宇宙」部門の受注見通しを従来予想比8000億円増の1兆8000億円に引き上げ...

昨年度のエンジ産業受注、24兆円で過去最高 エンジ協調べ (2023/9/13 機械・ロボット・航空機1)

23年度の受注見通しはさらに伸びると予測した。 ... 海外での石油・ガスや石油化学の大型受注が寄与した。 23年度の受注見通しは、22年度を100とした指数で58...

日本ロボット工業会は5月に2023年の受注額見通し(非会員含む)を年初予想比1300億円減の1兆200億円(22年比8・3%減)に見直した。... 日本ロボット...

対象物を自動で高所に運ぶ間欠搬送コンベヤー「リフトベヤ」や、コンテナ集積装置「コンテナストッカー」はともに累計で数千台の受注実績がある。 最近では重なった成型トレーを自動で一つずつ切...

今年の鍛圧機械受注見通し、3730億円に上方修正 車生産回復 (2023/8/1 機械・ロボット・航空機1)

日本鍛圧機械工業会(日鍛工)は、2023年暦年の鍛圧機械の受注額見通しを22年12月予想比15億円増の3730億円(前年比微増)に上方修正した。.....

「2023年の鍛圧機械の受注見通しは22年と同等」と予想するのは、日本鍛圧機械工業会会長(コマツ産機社長)の北出安志さん。22年の受注実績は過去20年間で3番目の高...

7―9月期の工作機械受注予測DI、1.3ポイント改善 (2023/7/7 機械・ロボット・航空機)

日本工作機械工業会(日工会)がまとめた工作機械の受注見通しに関する調査によると、2023年7―9月期の工作機械受注予測DIはマイナス4・1と、前回調査(23年4―6月期の同DI...

調達網の強靱(きょうじん)化に一発逆転の方法はなく、確実かつ地道に進めるほかない」 ―日本ロボット工業会は5月に2023年の産業用ロボットの受注見通し(非会員...

この数値を3倍して12カ月分と仮定すると約1兆5800億円となり、日工会が年初に示した23年暦年の受注見通し1兆6000億円を若干下回る。日工会の稲葉善治会長(ファナック会長)は足元の...

一方、豊富な受注残が販売を支え、販売価格の改善なども収益を押し上げると見る。... 24年3月期の受注見通しは、コマツ子会社で非公表としたコマツ産機を除く3社合計で前期比約9%減の4570億円...

日本工作機械工業会(日工会)が15日発表した4月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比14・4%減の1326億7300万円となり、4カ月連...

ニュース拡大鏡/工作機械5社、4月受注9%減 本社調べ (2023/5/16 機械・ロボット・航空機1)

中国では一時期より受注の勢いは落ち着いたが、受注額の大きい案件を取り込んだ。... 今後の受注見通しについて牧野フライス製作所は「中国でのEV関連向けの受注を皮切りに、下期(23年10月―24...

DMG森精機の1―3月期、営業益2.6%増 (2023/5/11 機械・ロボット・航空機1)

受注額は同3・2%減の1453億円だったが、22年10―12月期比では31・6%増加。... 機械1台当たりの受注単価は5610万円(22年12月期平均は4980万円)...

部門別の受注見通しはロボットが堅調に伸びると予想する一方、「ロボマシンはスポット的受注もあるが先々の見通しが難しい」とした。工場自動化(FA)は22年度第4四半期の受注水準が底と捉え、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン