電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

658件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

光学機器の迷光対策 オキツモ、機能性低反射塗料を発売 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機1)

光学機器内部に発生する不要な光の反射や散乱である「迷光」を吸収し、遮断する。... 同シリーズは可視光から赤外光領域まで対応する。... 従来、可視光には黒色アルマイト処理や塗料、赤外光にはシートやフ...

原子力機構、「黒漆」の詳細構造解明 (2024/3/7 科学技術・大学1)

可視光を通さないため通常の手法では分析が難しく、黒色が生じるメカニズムやその構造はよく分かっていなかった。

ぎんれいは可視光通信実験衛星で、信州大と信州衛星研究会が連携して開発した。

光と熱で変形制御 北大、分子スイッチ開発 (2024/2/29 科学技術・大学1)

熱で刺激すると片腕だけ、光で刺激すると両腕が回転する。光刺激は可視光と紫外光を使い分けられる。... セレンを頭とするセレノベンズアミドは可視光で両腕が回転する。

CO2→CO還元 ダイセルと金沢大、ダイヤ固体触媒開発 (2024/1/17 素材・建設・環境・エネルギー2)

太陽光に最も多く含まれる可視光を独自のダイヤモンド固体触媒に当てることでCO2をCOへ還元する。... ダイヤモンドに可視光を当て、CO2をCOに還元したのは世界で初めて。ダイセルの爆轟(ばく...

可視光の波長よりも小さなナノスケールの構造解析に用いられる電子顕微鏡やX線散乱法は、水素原子の観測を苦手とする。

プラナスケミ、ボルト点検向け新塗料開発 (2023/12/13 機械・ロボット・航空機2)

また、従来塗料の施工では専用の紫外線(UV)照射機が必要だが、新塗料は一般的な可視光発光ダイオード(LED)ライトで施工可能。

高い可視光透過率と低い抵抗を両立しているという。

輝け!スタートアップ(183)OPTMASS ビルが電池、太陽熱も遮蔽 (2023/11/3 中小・ベンチャー・中小政策)

OPTMASS(オプトマス、京都府宇治市、中川徹社長)は太陽光を構成する可視光と赤外光のうち未利用の赤外光の活用を目指し、無機材料で無色透明な太陽光発電池の開発を進めている。... 赤...

可視光領域において面全体の16波長分の分光データを取得し専用のソフトウエアで色検査アプリケーションを構築。

太陽電池の発電性能でなく、薄膜の光吸収やマイクロ波伝導度など計測しやすい物性値で評価する。... 紫外光や可視光、赤外光の吸収と励起光、電荷の動きやすさを表すマイクロ波伝導度などを測定する。

OPTMASS(オプトマス、京都府宇治市、中川徹社長)は、赤外光利用の「太陽光発電池」と赤外光の熱線遮蔽(しゃへい)材料で建材メーカーなどを開拓する。... OPTMA...

遮熱・高速無線通信両立 東北大、透明窓実現へ (2023/10/19 科学技術・大学2)

東北大学のグエン・ヴァン・ミン特任研究員と金森義明教授らは、熱となる近赤外を反射し、可視光や第5世代通信(5G)、6Gの電波を通すメタマテリアルを開発した。... 273テラヘルツ&#...

亜鉛錯体は可視光を吸収しないため無色になるという常識があった。二つの亜鉛原子を近づけると電子軌道が変化して可視光を吸収するようになる。... 可視光を吸収しやすくなり、色が付いた。

開発したフィルムは直径約11ナノメートルの銀ナノワイヤの使用により、可視光や近赤外光において従来品と比べて高い透過率と低い拡散反射率を実現した。

この技術では、化学形による移動速度の違いを利用した分析法である薄層クロマトグラフィ(TLC)を用いてAt―211を化学形ごとに分離した後、TLC上でAt―211が放出するα線をシンチレ...

九州電化は画像センサーの写りに影響しないよう、光の反射を抑える低反射メッキの技術を持つ。... ロボットや半導体に関連し、九州電化が開発テーマとするのが光や軽量化、電磁波。... 光では可視光以外の光...

DICの近赤外線蛍光色素、MITのタグ技術に採用 (2023/9/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

また同社の蛍光色素を用いた蛍光タグは可視光の影響を受けにくく、モーショントラッキング(動きを追跡する機能)では、より高精度な情報の読み取りが期待できるという。

光触媒で処理したアレルゲンがアレルギー反応に関わる抗体「IgE」との反応性を失うことを明らかにした。 ... 405ナノメートル(ナノは10億分の1)の可視光で光触媒...

JDI、ミリ波反射板を大型化 5Gエリア拡張に貢献 (2023/8/23 電機・電子部品・情報・通信1)

JDIが開発した液晶反射板は、ディスプレーなどの光制御に使う液晶を電波の反射制御に応用し、ミリ波を任意の方向に反射可能としている。... またJDIは、可視光を透過する透明な反射板も開発している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン