592件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

疾病診断・食品管理に一役 三菱ケミカルと京都大学の田中一生教授らは、可視光を人の目に見えない「近赤外光」に変換する高分子フィルムを開発した。... 可視光を吸収して波長600ナノメー...

情報通信研究機構の鎌田隼研究員と大友明上席研究員らは、有機電気光学ポリマーで可視光の光変調器を開発した。... 吸収損失を2万分の1以下に抑え、エネルギーの高い可視光で動...

理化学研究所基礎科学特別研究員の木邑(きむら)真理子氏は、ブラックホール近傍のガスから放出されるエネルギーを、可視光からX線まで幅広い波長を組み合わせて観測する研究の独創性や、幅広い共...

可視光とX線を高速に同時観測。... 急激に光が変動する領域では、相関が高い部分で可視光がX線に対して1―2秒程度遅れて変動することが確認できた。... X線と可視光の高速同時観測が確立できたことで、...

2019年に光触媒シート面積100平方メートル規模の紫外光吸収光触媒を用いた実証設備を設置した。今回の事業では29―30年に可視光吸収光触媒を用いたヘクタール級の水素製造設備で実証実験を実施。... ...

可視光を当てた領域から紫外光を当てた領域へビーズを運ぶ。... 可視光照射下ではチューブ状の分子ロボがDNAを介して群れを作り、ビーズを捕捉して運ぶ。... 光の照射位置を変えることでビーズを目的の場...

近赤外光と可視光を同時に撮影できるカメラと解析用ソフトウエアで構成する研究用装置。光治療薬や光診断薬などを研究する大学病院や製薬企業に提案する。... 解析ソフトウエアでは、近赤外光と可視光で撮影した...

初期の光触媒は、紫外光のみを吸収し可視光は利用できなかった。しかし、19年に可視光でも安定に水素を生成する光触媒が、堂免一成東京大学特別教授により開発された。... 例えば、原料は異なるが合成後の組成...

500ナノメートル角程度のグラフェンを赤外光の光源として利用する。光源に極めて近い空間には、周辺に広がる光よりも強い近接場光が存在し、これを試料に当てて赤外光の吸収を測る。... 赤外光は波長が長く解...

シーメンス、X線光子計測CTの承認取得 低被ばく・1秒撮影 (2022/3/8 素材・医療・ヘルスケア1)

今回、製造販売承認を取得した次世代CT「NAEOTOM Alpha(ネオトム アルファ)」は、従来の検出器のようにX線光子を可視光に変換するのではなく、各X線光子とその...

紫外光を当てると青い蛍光を発する。... するとPDMSが光解離で分解して黒鉛質炭素が生じる。... グラフェン量子ドットは紫外光や可視光を吸収して青色の蛍光を発する。

岡山大学発ベンチャーのビジュアルサーボ(岡山市北区、見浪護代表)は、可視光だけで機能する3次元位置姿勢計測システムを発売した。赤外光を用いる従来システムは太陽光の強い屋外や光が減衰する...

これにより変換に必要な励起光強度を1平方センチメートル当たり数十ミリワットまで下げられ、太陽光と同等の弱い強度で可視光を紫外光へ変換できた。従来は太陽光より1000倍程度強い可視光が必要だった。...

近赤外光利用太陽電池の開発において基礎的な知見になる。 ... 波長2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の赤外光の透過率が約80%と、赤外...

UV透過率5割超向上 三菱マテが無機黒色顔料 (2021/12/22 素材・医療・ヘルスケア)

可視光域の吸収性能は保ちつつ、樹脂を硬化させるためのUV照射時間を従来の25%以内に短縮。... 製造では、黒色顔料を混ぜ、光に反応させて硬化する。ただ硬化に必要なUV域の光さえ吸収してしまう...

透明な頭部マネキンの内部から目に見えない赤外光を照射して、頭部に手が触れると赤外光が反射する。この反射光をカメラで撮影する。可視光で映像を投映することも可能。

東京工業大学の渡辺義浩准教授は東京エレクトロンデバイスと独フラウンホーファー応用光学・精密機械工学研究所、独ヴィアラックスと共同で、可視光(RGB)と赤外光(...

分子科学研究所の伊沢誠一郎助教と平本昌宏教授らは、有機半導体薄膜の界面で目に見えない近赤外光からエネルギーの高い黄色の可視光へ変換することに成功した。... 基板上に感光体と発光体...

可視光の透過度は99%。

実験では、ROV本体から有線接続で独立して動作するトラッキング式水中光無線通信機を開発。通信機の親機と子機が互いを捕捉して自動で光軸を合わせ、子機に接続されたROVを陸上のパソコンから操作した。......

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン