電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,997件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

神鋼が新中計、ROIC最大8% アルミ事業立て直し (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

両事業とも、24年度中に黒字化を目指す。 ... 中計期間中に投資判断を行う9500億円のうち、CN対応に3000億円程度、デジタル変革(DX)を...

日建設計、超高層ビル脱炭素でプロトタイプ開発 構造を合理化 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

従来の大規模オフィスで一般的だったさまざまな基準を見直し、必要な機能を見極めた上で構造・設備の合理化を徹底した。... 開発したプロトタイプでは、柱と耐震部材を構造上合理的な位置に配置してビルの骨組み...

拡販策とともにさらなる効率化を進める方針だ。 ... アルファは自動車部品事業で得意先の生産台数の増加や合理化活動の進展で、24年3月期にアジアを除く、日本、北米...

「フォローの風は吹いていないが(ウクライナ)情勢の安定化が実現すれば紛争後の復興需要も見込めるだろう。汎用品の合理化と構造改革を徹底しつつ、自動運転に対応した高性能センサー『LiDAR...

双葉電子が新中計、27年3月期に営業黒字転換 (2024/5/16 電機・電子部品・情報・通信1)

また、売上高の5割強を占める金型部品などの生産器材事業は、顧客の調達から生産まで広範囲で合理化を支援し、コアユーザーを拡大する。

担い手不足の対策として今後検討している内容については「IT・ソフトウエアの導入などによる合理化・省人化」が23・2%で最も高い割合となり、新たな取り組みを検討している様子もうかがえる。 ...

栗本鉄工所の新中計、設備・成長投資3カ年で180億円 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機1)

主力の水道管などを製造する工場2拠点の生産合理化を進めて収益性を高める。... 24-26年度の新中期経営計画では、資本コストや株価を意識した経営の実現を本格化。

新社長登場/J-MAX・山﨑英次氏 構造改革進め筋肉質に (2024/5/8 自動車・モビリティー)

本社工場(岐阜県大垣市)も合理化投資を予定する》 「溶接ラインの無人化などに取り組んでいる。デジタル変革(DX)の活用、人工知能(AI)...

一方、日本国内の生産現場では人手不足による自動化ニーズは底堅い。... 業界全体として包装機械単体で一つの工程を自動化するだけでなく、搬送装置やロボットまで組み込んだ自動化ラインの全体提案まで幅を広げ...

今後、小型軽量化や部品点数の削減、共通化の推進など、同ユニットの改善を引き続き進める。 フジテック 「乗り場」ユニット ...

その後、会社案内を担ぎ求人で大学を行脚したり、構造改革による合理化計画を練ったりと「人」にまつわる仕事に携わる。 ... 03年ごろまでの2度の合理化で全グループ社員は最盛期の約50...

サイサン、LPガス販売2社を買収 (2024/5/3 素材・建設・環境・エネルギー)

近接エリアとのシナジーや物流合理化により、供給を安定化させるとともに規模拡大を進めるのが狙い。岡山県内企業のグループ化は初めてで、都道府県別では36番目の進出になる。

具体的には人員削減とともに研究開発リソースの集中や、生産体制の最適化など事業の合理化を急ぐ。... 中長期的にはラービグでの市況の影響を受けやすい石化の高度化も視野に入れている。... 住友化学は国内...

一方、25年3月期のコア営業損益は1000億円の黒字化を予想。特に住友ファーマで合理化を進める方針で、すでに24年3月期に北米人員を約半分にしており、25年3月期も研究開発費の圧縮などを行う。

電動化や競争力強化に向けた投資も増える傾向にあり、各社は業務効率化などに一段と力を入れる。 ... 前期に計上した約2000億円の品質関連費用がなくなり「合理化改善のほか成長領域での...

他にも物流体制の見直しや間接部門の合理化を計画。

インキ、構造改革を加速 (2024/4/29 素材・建設・環境・エネルギー)

DICは2025年の営業利益計画を引き下げ、26年以降を見据えた経営資源配分や合理化を進める。... 例えば、印刷インキはパッケージ印刷に用いるリキッドインキの海外展開などを強化する一方、紙媒体向けで...

引き続き合理化や原価低減などによる収益改善を着実に進め、電動化対応への投資に向け利益を確保する。 ... 24年3月期連結決算はトヨタの生産台数回復や合理化改善な...

ベリタステクノ、データ保護に新機能 AI活用で自己防衛 (2024/4/26 電機・電子部品・情報・通信)

ベリタス360ディフェンスではこうした脅威を予測する防御機能に加え、データ管理業務の合理化などを含めたデータ保護で新展開を図っている。

ABBと独tesa、車体の穴ふさぎ作業を完全自動化 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機2)

スイスのABBと粘着テープメーカーの独tesaは、自動車の車体の穴をふさぐ作業工程に関して協業し、完全自動化を実現した。... 自動車製造工程の合理化や生産性向上を実現する。...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン