電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

158件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

研究開発の道案内 KRIの挑戦(2)長寿命蓄電池 (2024/3/7 科学技術・大学1)

00年には旭化成の吉野彰氏と新規蓄電素子の共同研究を開始。19年に吉野氏がLiBの開発者としてノーベル化学賞を受賞した際、スウェーデンでの記念講演では、KRIが以前から作成していた動画を流して、電気自...

リチウムイオン電池(LiB)の開発者として19年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰旭化成名誉フェローは、KRIの特別顧問の一人だ。

例えば、ノーベル化学賞を受賞された吉野彰先生をはじめとする研究者たちの新材料開発が、高いエネルギー密度をもつリチウムイオン電池(LiB)の開発につながり、現在のスマート社会の礎となって...

CFのページを通じて、名誉会員でノーベル賞受賞者の吉野彰先生や、光触媒の第一人者である藤嶋昭先生らを紹介するなど当学会の取り組みをPRする。

ノーベル化学賞受賞者で、同機構名誉顧問の吉野彰名城大終身教授の特別講演のほか、吉野氏を交えてのパネルディスカッションを行う。

リチウムイオン電池の基本原理を確立した吉野彰氏がノーベル化学賞に輝いたのも、日本の優位性の現れだ。

名城大、13日に特別講演会 (2022/7/5 科学技術・大学)

また、2019年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰終身教授の創立記念ビデオメッセージも披露する。

日本人のノーベル賞は19年に吉野彰・旭化成名誉フェロー(73)が化学賞を受賞して以来で計28人目(米国籍取得者を含む)。

ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェローが講演。

講演した旭化成の吉野彰名誉フェロー(19年にノーベル化学賞受賞)は日本の電池産業の現状について危機感をにじませた。

吉野彰氏のノーベル化学賞受賞のニュースは瞬く間に日本中を駆け巡った。

サムコ科技振興財団、薄膜研究助成5人決定 (2021/7/15 科学技術・大学)

同日は19年ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェローが「リチウムイオン電池が拓く未来社会」をテーマに記念講演も予定している。

会合では2019年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰旭化成名誉フェローが講演した。

2019年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰博士の特別講演も予定している。

国際共同研究については「産総研ゼロエミッション国際共同研究センター」(GZR)を1月に立ち上げて吉野彰センター長を中心に、240人あまりの研究員が活発に取り組んでいる。 ...

経済透視図(31)次世代電池(3) (2021/1/20 金融)

リチウムイオン電池は、19年に旭化成名誉フェローの吉野彰氏が同電池の生みの親として、ノーベル化学賞を受けたことでも分かるように、これまで研究開発で日本が先行していた。

カーボンニュートラルを進める上で、吉野彰産業技術総合研究所ゼロエミッション国際共同研究センター長は「モノの共有による環境負荷と個人費用負担の低減が必要」と強調した。

「研究開発マネジメントには外向きと内向きの2種類がある」と話す、産業技術総合研究所ゼロエミッション国際共同研究センター長でノーベル賞受賞者の吉野彰さん。

産業技術総合研究所ゼロエミッション国際共同研究センター長の吉野彰氏とも連携する。

産業技術総合研究所ゼロエミッション国際共同研究センター長でノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏による講演や、吉野氏も加わった再エネに関わる県内の有識者によるパネルディスカッションも行う。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン