電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

7,989件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

日本政策金融公庫国民生活事業が実施している「事業承継マッチング支援」の2023年度の引き合わせ件数は、前年度比85%増の666件、成約件数が同2・4倍の103件となった。... マッチング支援...

2026年夏の本格稼働時点で、同事業所の売上高は40億円、従業員は50人を見込む。稼働に合わせ、18年に開設した設計部門の四国テクニカルセンター(松山市)を同事業所に集約する。 ...

オータックス、佐鳥電から事業買収 (2024/5/22 電機・電子部品・情報・通信2)

佐鳥電機が8月30日付予定で同事業を会社分割(簡易新設分割)し、オータックスに全株式を1億円で譲渡する。同事業の売上高は2023年5月期実績で27億9000万円。 ....

同補助金は、令和6年能登半島地震により、被害を受けた被災区域4県(石川県、富山県、福井県、新潟県)に所在する小規模事業者が、商工会議所などの国が指定する支援機関の助言も受けながら災害か...

大倉工業、農機から提案 フィルム製品を拡販、省力化・コスト減支援 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

【高松】大倉工業は農業関連製品のトータルソリューション(提案)事業に乗り出す。... 大倉工業は同事業の開始に伴い、機械メーカーの出身者を採用し提案営業の人員を増強した。... 同フィ...

宇部マクセル、セパレーター膜増産 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

UBEとマクセルの合弁会社である宇部マクセル(京都府大山崎町、中安哲夫社長)は、堺事業所(堺市西区)でセパレーター(絶縁体)原膜製造設備を新設する。.....

NTNの24年3月期は主力の自動車事業で値上げが進展し、同事業の営業損益が黒字転換した。... ジェイテクトの24年3月期の産機・軸受事業は「日本やアジアで販売が減少したが、欧州などで増加した」...

日立造のバイオメタネーション調査、国交省事業に採択 (2024/5/21 機械・ロボット・航空機2)

日立造船は下水処理施設から発生する消化ガスを活用したバイオメタネーションの調査事業が、国交省の「令和6年度下水道革新的技術実証事業」に採択された。... 同事業に伴い、日本下水道事業団(東京都...

山善など、日本製紙の国内3工場に太陽光発電拡大 (2024/5/20 機械・ロボット・航空機2)

山善とDaigasエナジーは共同でのコーポレートPPA事業の1号案件として、2023年3月から日本製紙クレシアの開成工場(神奈川県開成町)で電力供給を始めている。新たに供給する3工場の...

京都に新ライン マクセルはリチウムイオン電池(LiB)用塗布型セパレーター(絶縁材)事業を拡大する。UBEとの共同出資子会社、宇部マクセル京都(...

財務分析(162)artience ROE、26年7%以上に (2024/5/16 マネジメント)

2026年の自己資本利益率(ROE)7%以上、29年同10%以上の目標を中核に据え、稼ぐ力の強化と企業価値向上を図る。 既存事業の構造改革とリチウムイ...

三菱ガス化学が新中計、26年度売上高8500億円 (2024/5/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

26年度の売上高を23年度比4・5%増の8500億円、営業利益は同79・6%増の850億円とすることを目指す。特に電子材料などICT(情報通信技術)3事業を成長ドライバ...

ニュース拡大鏡/シャープ、液晶大幅縮小 経営資源「選択と集中」 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信1)

AI・次世代通信・EVで成長 シャープは14日、液晶ディスプレー事業と半導体などの電子デバイス事業を大幅に縮小すると発表した。... 同事業は近年、減収営業減益傾向にあり、時期を見て...

島津、北米で分析器メンテ 現地専業を買収 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機1)

【京都】島津製作所は北米で複数メーカーの分析機器に対応した保守・メンテナンスサービス事業に参入する。このほど約4400万ドル(約67億円)を投じて、同事業専業の米ゼフ・サイエンティフィ...

経営ひと言/日本板硝子・細沼宗浩社長「欧州減速を注視」 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

2024年3月期決算では建築用ガラス事業が増収営業減益だった。 25年3月期の同事業については、アルゼンチンの新フロート窯稼働に伴う南米向けや日本市場向けは堅調とみる。

旭化成、横浜に新拠点 半導体・電子部品の技術開発 (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

旭化成は電子部品や半導体材料などを手がけるデジタルソリューション事業を重点成長領域と位置付ける。同事業では2030年ごろに、23年3月期比で約2・5倍の売上高3000億円を目指す。

工作機械、再生エネ活用加速 多様な手法で脱炭素 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

これまで導入してきた設備を含め同事業所で年間約250万キロワット時の発電量を確保し、同約1096トンの二酸化炭素(CO2)排出削減効果を見込む。... 海外では中国で25年度までに太陽...

名古屋樹脂、新棟の生産ライン本格稼働へ NC機を追加導入 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

生産能力を現状比2割増に高め、2026年5月期に売上高で同2割増を目指す。 新棟は小牧事業所内の空いていた敷地に建設した。... 工場棟の新設は、複数の工場棟で構成する同事業所の動線...

同事業所では6インチ(直径約150ミリメートル)や8インチ(同約200ミリメートル)のウエハーを取り扱う。... 親会社の日清紡ホールディングス(HD)...

TOWA、韓国に新工場 半導体装置の中核拠点 10月稼働 (2024/5/14 機械・ロボット・航空機1)

また新工場は過去に納入した半導体製造装置のリニューアル事業にも活用し、韓国を同事業の中核拠点に育てる。 ... 顧客の要望に応じ納入済みの装置を改良するリニューアル事業は現在、台湾や...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン