57件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

日科技連、懇話会第1次報告書 (2020/6/18 機械・ロボット・航空機)

日本科学技術連盟(東京都新宿区、03・5990・5846)は「品質経営懇話会第1次報告書」をまとめた。同懇話会(坂根正弘委員長=コマツ顧問)は「品質経営」を実践している企業の首脳が経営と品質に関する議...

「KAIKA Awards」3社に大賞 JMA (2020/2/6 中小・ベンチャー・中小政策)

日本能率協会(JMA)は優れた経営モデルを表彰する「KAIKA Awards 2019」の受賞企業を決めた。... このほか、KAIKA賞にはブリヂストン技術・品質経営部門、ミライロ(大阪市淀川区)、...

挑戦する企業/日本ガイシ(10)経営の品質にこだわる (2019/6/3 素材・医療・ヘルスケア)

「決まりを統制する仕組み、コンプライアンス(法令順守)が抜けていた」と取締役専務執行役員製造技術本部長で品質経営を統括する丹羽智明は振り返る。 ... 本社直轄の品質経営統括部による...

品質マネジメントシステム拡張 実務家と話していると、品質保証の二極化が進んでいると感じる。... モノの品質保証とコトの品質保証のどちらが重要かという質問は、適切ではない。... こ...

品質経営の実践で成長と発展を 今後、日本企業はサービス経済化に対応した新たな競争優位を築く必要性に迫られる。... 共通価値テーマは「品質経営の実践による産業界の成長と発展」だ。.....

品質は「モノの出来栄え」のことではない。... 生き残ることが出来るのは、変化に対応できる者である」という環境適応の重要性は、企業経営にも当てはまる。... 12回にわたって、進化する品質経営の姿につ...

日本科学技術連盟、品質経営大会 31日から2日間 (2018/10/23 機械・ロボット・航空機1)

日本科学技術連盟は31日―11月1日の2日間、日本教育会館(東京都千代田区)で「クオリティフォーラム2018(品質経営総合大会)」を開く。河合満トヨタ自動車副社長による特別講演「モノづくりは、人づくり...

日本品質管理学会は人工知能(AI)技術やIoT(モノのインターネット)などの社会変革に向けて、品質管理や品質経営の研究領域を強化する。... 品質管理の研究は不良率を減らすための品質管理から、顧客の求...

日本科学技術連盟、14、15日に品質経営総合大会 (2017/11/7 機械・ロボット・航空機1)

日本科学技術連盟は「クオリティフォーラム2017(品質経営総合大会)」を14、15の両日に日本教育会館(東京都千代田区)で開く。富士フイルムホールディングスの古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)が「...

日本科学技術連盟(東京都新宿区、佐々木眞一理事長=トヨタ自動車顧問・技監、03・5990・5284)は3日、品質と経営に関して議論する「品質経営懇話会」を発足させたと発表した。品質を狭義にとらえること...

日本科学技術連盟、11月21―22日に品質経営総合大会 (2016/10/31 機械・ロボット・航空機2)

日本科学技術連盟はクオリティフォーラム2016(品質経営総合大会)を11月21―22日に日本教育会館(東京都千代田区)で開く。

利益は経営における目的なのであろうか。... 品質が、顧客に提供された価値に対する顧客の評価であるととらえるなら、品質こそが経営目的となる。... 事業とは持続的な顧客価値提供であり、品質経営とは顧客...

開発・営業について責任を負い、必要な費用を親会社から回収する経営から、08年のリーマン・ショック後に、「自ら稼いで自ら投資する」自立した企業への体質改革のためにTQMを使い、これを原動力に、売上高60...

この賞は、品質中心経営の継続的推進により業績が向上し、将来デミング賞受賞も可能と評価できる組織を表彰するため、日本科学技術連盟創立50周年にあたる00年に創設された。 ... 同社は...

デミング賞委員会は、セキソーへのデミング賞授賞の理由として、(1)ブランド確立のためのTQM、(2)ひとづくり中心の品質経営、(3)経営トップ層の機動的運営による戦略経営−の三つを挙げている。 ...

この間、世界経済の変化や、激化する企業間競争のなかで「顧客指向で環境変化に対応できる企業体質」への変革をめざし、11年にTQM導入、12年にTQM強化宣言を行い、社長の熱い思いと信ずる心、それを支える...

生産本部では、統合当時より生産性向上を目的とした改善活動を進めていたが、リーマン・ショックによる経営環境の悪化に対応するため、09年度にTQMの本格導入を行った。翌10年度以降はTQM活動の強化を謳い...

創立40周年の08年には10年後のありたい姿として「VISION50」を策定、その後のリーマン・ショック、東日本大震災を経て12年に経営基盤の再構築策として、持続的成功のための品質経営システムモデル ...

序文・自身の役割を再認識 ISO9001の2008年版から15年版へ移行するには、(1)品質マネジメントシステム担当者が社内・社外研修などでISO9000とISO...

その際、品質管理の手法が不可欠である。 一方、経営品質でも継続的改善が重要な考え方の一つになっている。... したがって、品質経営のパフォーマンス向上へ、社員に品質管理手法について継...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる