1,615件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

トラックなど商用車向けが多く、ディーゼル発電機や農機、冷凍コンプレッサーにも使われる。

同社のコネクテッドカー(つながる車)技術にも対応。これにより大型から小型商用車まで全てのラインアップで同技術に対応するようになった。

牧野フライス製作所も電機・電子や商用車関連向けの受注が好調で「新型コロナの感染拡大前の水準まで戻っており、今後は乗用車向けの受注も期待できる」(業務部IR課)としている。

そのうち全体の約8割を占める乗用車は同8・0%増の約209万台、商用車は同40・3%増の約48万台だった。 調査会社のマークラインズによると、乗用車は各地の消費促進政策の継続が寄与し...

いすゞとボルボは19年に商用車分野で包括提携することで合意。

独ボッシュはエンジンを手がける中国ウェイチャイ・パワーと共同で、トラックなど大型商用車向けのディーゼルエンジン(写真)について熱効率を既存製品に比べ約4ポイント高い50%まで高めることに成功した。ボッ...

環境性能と商用車としての実用性の両立を目指している。

日立オートモティブシステムズ(AMS)は、スポーツ多目的車(SUV)など定格車両総重量が3・5トン以下の車両向け自動パーキングブレーキを開発し、市場投入した。... 同ブレーキはSUVをはじめピックア...

【UDトラックス調達担当シニアバイスプレジデントのニコラ・ジャンドル氏】 ―新型コロナウイルス感染症の拡大はサプライチェーン(供給網)を寸断しました。 「1次サプラ...

当社の小型電気トラック(EVトラック)『eキャンター』の第1世代を17年に発売して、今は次世代車に取り組んでいる最中。

ある部品メーカー幹部は「完成車メーカーの需要動向から部品メーカーは1カ月程度遅れる」とし、国内で月に数日の非稼働日を設定しているという。 【商用車/主力の東南ア 足取り鈍く】 ...

「2―3年後の新型車の投入時期に合わせて部品を追いかける従来の『プロジェクト』対応型を改めた。... 新型車の投入計画など自社の時間軸からあえて距離を置き、まずはサプライヤーが持つ最新技術の探索を貪欲...

SUBARU(スバル)は軽トラック「サンバートラック=写真」と軽商用車「サンバーバン」を一部改良し、発売した。... サンバートラックは架装車の「三方開ダンプ」と「パネルバンハイルーフ」に、衝突回避支...

国内商用車メーカーは主戦場の東南アジア地域が依然、経済回復に向けた見通しが立たず、苦境に立たされている。... 事業環境が激変している商用車メーカー各社の調達トップに現状と今後の方針を聞いた。... ...

世界的に環境規制が厳しくなる中、商用車メーカー間では電動トラックの開発競争が激しくなっている。

新型コロナ禍の再発を防止するためには引き続きヒトの動きを制限する必要がある一方、経済活動を正常化する上ではモノの動きを盛んにする必要もあり、トラックなど物流を担う商用車の需要が増えたようだ。そして、自...

また、中国の8月の商用車を含む新車販売台数は同11・6%増と4カ月連続で2ケタ増となったが、1―8月では前年同期比9・7%減にとどまる。

【ブリュッセル、ミラノ=ロイター時事】仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)がトヨタ自動車との合弁会社で小型商用車の生産能力の増強を提案したことが分かった。 ...

自動運転トラックはトヨタ自動車の商用車「トヨエース」をベースにレーザーセンサーなどを搭載したほか、自動でバック走行ができるようにソフトウエアを改良するなどして開発した。 同社は道路管...

うち乗用車は同6・0%増の175万5000台、商用車は同41・6%増の43万1000台と全体を押し上げた。 調査会社のマークラインズでは、乗用車は政府の支援策などで消費意欲が高まり、...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる