12,055件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

の会社から脱却】 衛星放送事業者としての知名度が高いが、法人向け衛星通信などの宇宙事業で営業利益の7割を稼ぐ。

展望2022/JX金属社長・村山誠一氏 5G向けなど素材開発強化 (2022/1/27 素材・医療・ヘルスケア2)

これに銅を中心とした資源価格の高騰が相まって、営業利益目標1700億円は1年前倒しで達成できる見込みだ。

展望2022/YKK AP社長・堀秀充氏 省エネ住宅支援制度 追い風 (2022/1/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

今の急激な原材料価格の上昇は1年間の営業利益が吹き飛ぶぐらいのインパクトがある。値上げしなければ営業赤字に陥る。... 環境意識の高まりで断熱性能の高い樹脂窓や樹脂とアルミの複合窓などの販売が好調で、...

ファナックの通期見通し、上方修正 FA関連・ロボ好調 (2022/1/27 機械・ロボット・航空機1)

ファナックは26日、2022年3月期連結業績予想の売上高と営業、経常、当期の各利益を上方修正したと発表した。営業利益は21年10月公表比90億円増の1865億円(前期比65...

同日発表した21年4―12月期連結決算(国際会計基準)は当期利益が前年同期比20・1%増の1004億円。... 営業利益は同16・6%増の1346億円だった。 ...

経営ひと言/ミネベアミツミ・貝沼由久社長「『相合活動』必要」 (2022/1/26 電機・電子部品・情報・通信2)

これにより「売上高1兆円、営業利益900億円の今期業績目標の必達に向けまい進する」と意欲満々。

ヒロセ電機、設備投資160億円超 来年度、次世代モノづくり加速 (2022/1/26 電機・電子部品・情報・通信1)

同社は21年11月、22年3月期連結業績予想(国際会計基準)の売上高を21年7月公表比60億円増の1560億円(前期比16・8%増)、営業利益を同20億円増の3...

展望2022/文化シヤッター社長・小倉博之氏 都心の大型再開発に期待 (2022/1/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

「原材料価格の上昇だけで、今年度は営業利益を19億円押し下げる見込みだ。... 22年3月期見通しは、原材料高で営業利益が落ち込む分を値上げで補う計画だ。粘り強い価格交渉に加え、生産性向上策でいかに利...

積水ハウス、米戸建て住宅会社を買収 北西部で4000戸供給 (2022/1/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

21年12月期は売上高が3億6200万ドル(約400億円)、営業利益が4500万ドル(約51億円)で、住宅の供給戸数は約700戸に上る。

激動の経営/三星毛糸(1)“アトツギ”のあり方模索 (2022/1/25 中小・ベンチャー・中小政策)

短期的には設備更新が困難なほど採算が悪化しており、営業利益などの経営数字を見れば撤退の判断は合理的と言えた。

展望2022/日立造船社長・三野禎男氏 アフターサービス伸ばす (2022/1/25 機械・ロボット・航空機1)

収益重視だが、次期中計で年間5000億円の受注が視野に入る」 ―30年度までに営業利益率10%達成を掲げています。 「利益率の高いAOM(...

経営層の考えも伝わり変革への社員の意識のレベルも加速的に上がっている」 ―23年3月期に営業利益率20%以上、売上高成長率5―6%を目指しています。... 科学の利益...

展望2022/明電舎社長・三井田健氏 EV成長、来年度以降期待 (2022/1/24 電機・電子部品・情報・通信)

「19年度は売上高、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新した。... 現状(21年12月)、21年度通期予想の営業利益100億円は達成できるという感触がある」 ―電...

ISID、通期上方修正 売上高など4期連続最高予想 (2022/1/24 電機・電子部品・情報・通信)

注力する製造ソリューションの引き合いが予想以上に伸び、売上高と全利益が4期連続で過去最高を更新する見通し。... 売上高を21年2月公表値から20億円増の1120億円(前期比3・1%増...

21年3月期までに営業利益の損益分岐点となる販売台数を19年3月期比12%低減。22年3月期連結業績予想では営業損益を1800億円の黒字(前期は1506億円の赤字)と、3期ぶり...

2021年3月期の業績は連結売上高913億円(前年比2%増)、営業利益96億円(前年比60%増)。

展望2022/日清紡HD社長・村上雅洋氏 無線通信・半導体 飛躍期す (2022/1/21 電機・電子部品・情報・通信)

―2021年12月期は連結営業利益で前期比12倍以上の大幅増益を見込みます。 ... 売上高が5000億円なら営業利益は最低でも250億円、本来は400...

「石炭価格の高騰で、セメント事業の21年度下期の営業利益は赤字に陥る見通しだ。

トヨタは22年3月期の業績予想で営業利益が前期比27・4%増の2兆8000億円になると見込む。21年4―9月期の連結決算では売上高、営業利益、当期利益が過去最高になるなど業績は堅調に推移してお...

展望2022/NTN社長・鵜飼英一氏 軸受補修事業に投資 (2022/1/20 機械・ロボット・航空機2)

「売上高の約70%を占める完成車向けは営業利益率が約5%にとどまる。顧客が必要な時に交換用の軸受をすぐ納められ、利益率も高い補修事業を伸ばさないといけない。... 利益が出ないなら取引...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる