電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

12,243件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

電気自動車(EV)向けで需要拡大が見込まれるLiBの回収・再資源化ニーズを取り込む。 ... ミラクルエターナルの海外からの原料調達力も生かしながら、使用済みLiBの...

都など、米アルケミスト誘致 新興に支援プログラム提供 (2024/5/28 中小・ベンチャー・中小政策)

アルケミストはBツーB(企業間)に特化したシードステージのスタートアップを支援し、これまで650社以上に投資し、60社以上の投資資金を回収している。

都、産廃処理のDX支援 (2024/5/28 東日本)

東京都では廃棄物処理システムの強化や、資源の回収・再資源化を担う静脈ビジネスの効率化に向け、事業者を支援し、サーキュラー・エコノミー(循環経済)の推進を目指す。

3時間しか稼働しないシステムなら1台500万円でも高価だろうが、24時間稼働であれば1500万円でもコストは十分回収できる。

このほか液体水素をエンジンに送るポンプの耐久性や大気中の二酸化炭素(CO2)を走行中に回収する装置の技術も向上した。 ... CO2回収装置では、特殊な吸着材をつけた...

三浦工業、生菌分離装置を開発 3時間でレジオネラ検出 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機1)

試料中の生菌を、死菌や微小ゴミといった生菌以外の成分から分離して回収する。... 新開発の「GF―1A=写真」は、試料の前処理をした後の生菌分離から回収までの工程を全自動化できる。

29日から使用済み油付きペットボトルを回収する実証実験をイオンの協力で開始する。... 回収の実証実験は千葉市内の「イオン」「イオンスタイル」8店舗で11月末まで実施する。店頭に回収ボックスを設置し、...

三菱重工、ベルギーで高炉CO2回収実証 (2024/5/27 機械・ロボット・航空機2)

CO2回収技術の本格導入に向けた実証試験として1―2年間稼働する予定。同技術の実装により、同製鉄所から排出されるCO2の大半を回収できる見込み。 ... 4社は、三菱重工と関西電力が...

LIXIL/再生材使用、猫のハンモック (2024/5/27 新製品フラッシュ1)

LIXILはマグネット脱着式キャットウォーク「猫壁(にゃんぺき)」のラインアップを追加し、日本で回収、再生されたポリエステルを約40%配合した生地を用いたハ...

トヨタは4月17日にプリウスの後席ドアハンドルに大量の水がかかるとスイッチ内部に浸入し不具合を起こす可能性があるとして、国土交通省に無料の回収・修理(リコール)を届け出ていた。 ...

このほか、鉄鋼、化学、石油やガスのプラントなどを巡回し、赤外線カメラや3次元(3D)レーザースキャナー、超音波などでデータを計測・回収する。

積水マテリアルSOL、資源ゴミ堆積可視化 ニッケンと建設現場向け (2024/5/23 素材・建設・環境・エネルギー2)

現状は管理者がステーションまで赴いて目視で状況を確認し、回収を手配するが、負担となっている。... 数値化したデータは、回収の判断基準の統一化や傾向把握にも活用できる。

資本政策で注力するのが、原材料などの仕入れ代金を払ってから、製品を売って現金を回収するまでの期間を示すキャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)の短縮だ。

アサヒG食品、ベビーフード一部自主回収 (2024/5/22 生活インフラ・医療・くらし1)

アサヒグループ食品(東京都墨田区、川原浩社長)は、詰め合わせ用ベビーフード商品「牛肉とほっくりじゃがいもの煮物=写真」の一部にフッ素樹脂「テフロン」の混入が...

JCCL、排ガスCO2分離回収材の評価装置外販 (2024/5/22 科学技術・大学)

吸収材メーカーやCO2回収システムのユーザーに評価技術を提供して実用化を促す。... 固体吸収材の評価装置は吸収材にCO2を吸わせてから水蒸気と減圧でCO2を回収する。同社のアミン含有ゲル吸収材で試験...

また、米国ではインフレ削減法による税制上の措置が核融合エネルギーにも適用されており、日本も同様に減税措置の対象とするなどの建設費用回収リスクの低減を目的とした制度の適用も検討する。

また、エネルギーの安定供給のために「火力発電は不可欠」とし、その脱炭素化のため石炭のガス化や水素、アンモニアなどへの燃料転換、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)...

日建設計、超高層ビル脱炭素でプロトタイプ開発 構造を合理化 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

動脈と静脈が熱交換を行い体温の低下を防ぐ生物の身体組成「ワンダーネット」に着想を得た冷暖熱回収システムや、発汗による体温調節機能に着想を得た空調の高顕熱運転と水噴霧システムなど、生物の仕組みを模したバ...

さらに同社は切粉の濾過装置、浮上した油の回収装置、液中の有機物汚泥(スラッジ)の回収装置など、クーラント液関連の周辺装置もラインアップ。

同時にCO2の回収・貯留(CCS)に関する「CCS事業法案」も可決、成立した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン