10,339件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

将来の商用化には、CO2を排出しない水素製造に向けたCCUS(CO2の回収・貯留・利用)が求められるなどまだ課題は多い。

フルヤ金属、脱炭素貢献 イリジウム含有合金 “水素製造の要”開発 (2022/5/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

電気分解の寿命を終えた触媒からもイリジウムを回収し、再生することで安定供給に貢献できる。... その水素と、工場から回収したCO2で化学品を製造することで化石資源の消費を抑えられる。

メタンが回収され燃料として利用できる。

加藤照和社長兼最高経営責任者(CEO)は中計発表会見で「最初の3年で国内の漢方事業におけるスマート工場化や中国での中成薬事業のM&A(合併・買収)を含む先行投資...

東洋紡はすでに使用・回収後の同離型フィルムからマテリアルリサイクルで、従来と同等の性能を持つフィルムを製造する技術を開発している。 ... 同社は23年にリサイクル設備を導...

まず、自治体任せとなっている①廃棄物の回収ルールの統一②廃棄物処分業業の自治体ごとの許可制見直し―が必要だろう。

弁当の製造で飲食店経営のセラム・グループ(同市中央区)、回収後の容器を発酵分解させて堆肥をつくる工程で有機堆肥製造のワコーグリーン(同市南区)が協力する。... 3社は...

石油系5社の通期見通し、一転減益基調 油価高止まり影響 (2022/5/16 建設・生活・環境・エネルギー)

両社とも今後は短期間で利益を回収できる投資を中心に進める方針だ。

これが塊になると熱エネルギー回収効率を下げ、除去のため設備を止める必要がある。

また、人工知能(AI)を活用した切りくず除去システムやクーラントタンク内のスラッジ回収装置もそろえるなど、機器の高効率化と稼働最適化、廃棄物削減を通じた周辺装置のCO2削減を進めている...

脱炭素燃料は再生可能エネルギーを活用して製造した水素と回収した二酸化炭素(CO2)を材料とする合成メタン。

京葉ガス、脱炭素3目標 再エネ投資・CO2活用など (2022/5/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

脱炭素への手法・新技術では、再生可能エネルギーの開発のために太陽光発電所を投資対象とするファンドへの出資や森林保全、CO2回収・利用・貯留(CCUS)の社会実装に向けた研究開発などを推...

本債券による調達資金はフィリピンのサステナブル・ファイナンス・フレームワークに記載する適格基準を満たす支出のファイナンスや回収・再融資の全部または一部に充当する。 ... ...

経済産業省は二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)の実用化に向けた支援の枠組みを検討する。... 一方、CO2の回収や輸送、貯留事業者には設備の...

主力のインド市場ではバックオーダー(入荷待ちの注文)の回収などで、同11%増の151万5000台程度と見込む。

50年目標は事業で使用したプラスチック資源を回収・再生・事業活用する「循環し続けるプラスチック利用」の実現を掲げた。... このため今回の宣言に基づいて、使用するプラスチックを最小限にすることや使用し...

JパワーとENEOS、30年めどCCS共同事業化 (2022/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

JパワーとENEOSホールディングス(HD)は10日、共同で二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)の事業化調査に取り組むと発表した。... Jパワー...

また低成長・低採算事業を削減することで循環型成長を加速し、売却による投資回収CFを24年度までに1兆5000億円確保する。

ただ「全体の(作業)時間が延びてしまう」と担当部署から課題が挙がったため、ピンの回収ができるよう機械を独自に改良。

触媒を溶媒とともに回収し、活性を保ったまま繰り返し再使用できた。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる