2,046件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.033秒)

量子技術の応用の中でも、脳磁場のような弱磁場を計測できる「量子センシング」は早期実用化が望まれる課題で、特に「ダイヤモンド中で窒素と空孔がペアを形成するNVセンター」は室温動作する固体量子センサーとし...

日産自動車は20日、東京工業大学と光の短波長化材料「固体フォトンアップコンバージョン材料」を共同開発したと発表した。

同大の全固体電池研究センター長を務める菅野了次特命教授が拠点長だ。

ホンダはEVの基幹部品である電池の活用に関して、全固体電池の研究を独自に進めるなど、複数の選択肢を並行して検討している。

展望2022/村田製作所社長・中島規巨氏 MLCC、年10%能力増強 (2022/1/19 電機・電子部品・情報・通信2)

電動工具向けなどで需要が急増している円筒形リチウムイオン二次電池増産にも積極投資する」 ―全固体電池量産時期や電池事業の黒字化が市場の関心事です。

このメタンガスを触媒の存在下で加熱もしくはプラズマ照射によって固体炭素と水素(H2)に分解し、水素ガスを得る「メタン直接分解」が現在、大きな注目を浴びている。... その一つは、メタン...

分子科学研究所の小林玄器准教授らは、水素のマイナスイオンである「ヒドリド」が固体中で液体のように流れる超イオン導電体を開発した。... 電気化学反応を起こす固体電解質材料になると期待される。 ...

経営ひと言/太陽誘電・登坂正一社長「MLCC成長」 (2022/1/18 電機・電子部品・情報・通信2)

全固体電池も量産可能な体制を構築中だ」と業容拡大に自信を見せる。

米ジョージア工科大学と韓国KAISTの研究チームは、全固体電池向けに合成ゴムを原料とする電解質材料を開発した。... 安全性が高く、電気自動車(EV)向けの次世代電池として注...

東京工業大学の榎本陸大学院生と村上陽一准教授らは日産自動車と出光興産と共同で、吸収した光より高エネルギー波長の光を出す「フォトン・アップコンバージョン」を固体有機材料で量子効率16%...

一杉教授らは、全固体電池用の電極材料を、さまざまな気体にさらした結果、大気と水蒸気の場合に固体電解質と電極との界面抵抗が10倍以上に増大し、性能が低下することが分かった。 ... 加...

工程で二酸化炭素(CO2)を排出せず、固体の炭素を副生する。

プロジェクトでは、ナノ無機固体物質を対象に、それら物質のナノ空間を開拓したり高度集積化を目指したりする「物質空間テクトニクス」を提案している。

浜松ホトニクス、新製品開発スピード向上 光技術部門の連携加速 (2022/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

光センサーや光源などの電子管事業部、光半導体センサーの固体事業部、光技術を用いた検査装置やカメラモジュールなどのシステム事業の選抜メンバー10人程度で各テーマを研究するワーキンググループを増やす。

例えば半固体リチウムイオン電池を開発する米24Mテクノロジーズに追加出資した。

真空システムで真空に面しているさまざまな固体表面から不純物をしっかり減らした上で、基板・試料などの表面に対して、作業粒子である気体分子・イオン・電子・プラズマ粒子をどう作用させるかで、つくったモノの出...

(編集委員・村国哲也) プラズマは固体、液体、気体に次ぐ第4の状態で、原子や分子がイオンと電子に分離し、自由に飛び回る状態だ。

固体材料の新たな熱制御技術として、電子部品の効率的な冷却・放熱などへの応用が期待される。 ... 一般に、固体材料に正極から負極へ電流を流すとペルチェ効果により材料中に温度勾配が生じ...

大阪大学の椿俊太郎特任講師らは東京工業大学、豊橋技術科学大学と共同で、固体触媒をマイクロ波で加熱する際に局所的に加熱されるメカニズムを解明した。

開発した放射線の飛跡構造解析コード「ITSART」は、固体・液体・気体を問わず任意の物質中での放射線の動きを予測し、放射線影響を原理から予測する。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる