43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

月島機械など、栃木・小山市と汚泥処理整備で協定 (2021/8/23 機械・ロボット・航空機2)

汚泥消化設備全体の改築のほか、固形燃料化設備などを新設する。... 04年―07年に重力濃縮設備など一部改築したが、未改築の設備の老朽化が進んでいた。

月島機械、下水汚泥を燃料化 (2021/4/27 機械・ロボット・航空機2)

月島機械は京都市で、下水汚泥を固形燃料化する事業を始めた。... バイオマス資源である下水汚泥由来の固形燃料を石炭の代わりに使うことで、温室効果ガス排出を抑制し、地球温暖化対策につなげる。... 同事...

日鉄エンジニアリング(東京都品川区)などが出資する特別目的会社(SPC)空見バイオパートナーズ(名古屋市西区)は、名古屋市港区に下水汚泥を燃料化する「空見スラッジリサイクルセンター下水汚泥固形燃料化施...

9月10日は下水道の日 (2020/10/6 特集・広告)

汚泥から発生するメタンガスや炭化した汚泥はバイオマス発電の燃料として使用されており、19年までに国内の下水処理場109カ所でバイオガス発電、同20カ所で汚泥の固形燃料化による火力発電が行われている。&...

月島機械など、千葉・市原市から下水汚泥処理施設を受注 (2020/4/2 機械・ロボット・航空機2)

月島機械とテスコ(東京都千代田区)、上野工業所(千葉県市原市)は、市原市から「松ケ島終末処理場下水汚泥固形燃料化事業」を受注した。... 今回、受注した事業は、老朽化した松ケ島終末処理場の汚泥焼却炉に...

アースエンジ、廃棄物固形燃料化装置の新工場稼働 (2018/9/25 中小・ベンチャー・中小政策)

主力製品である廃棄物の固形燃料化装置の展示や試験運転を行う。... 中国による廃プラスチックなどの輸入規制に伴い、廃棄物の固形燃料化装置の需要拡大を見込む。

含水率50%の廃棄物対応 タジリが固形燃料化装置 (2018/9/18 機械・ロボット・航空機)

ウエストポーターは不燃ゴミやシュレッダーダスト、廃プラスチックなどを破砕後、加熱しながらスクリューで圧縮し、筒状の固形燃料に成形加工する。従来、水分の多い廃棄物はスクリューで搾り出される際、「吐出口か...

合理化で多くの人材を失い『人は品質』と実感した。... 廃プラスチックの固形燃料化や有機廃液処理など環境やエネルギーを切り口に事業が広がる可能性はある。

月島機械、下水汚泥の固形燃料化事業 京都市と契約 (2018/5/29 機械・ロボット・航空機1)

月島機械は28日、下水汚泥を固形燃料として利用する事業の基本契約を京都市と結んだと発表した。... 固形燃料の製造量は年間約6100トン。... 地球温暖化対策に有効で、月島機械の試算によると二酸化炭...

新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区、藤原真一社長、03・6665・2000)は、福岡市から下水汚泥を固形燃料化する事業を受注した。福岡市西部水処理センター(福岡市西区)に固形燃料化システムを20...

中でも樹脂などの可燃ゴミを固形燃料化する「ウエストポーター」は、発売24年で累計178台を出荷したロングセラー製品。... 国内でバイオマスボイラや燃料チップ生成工場の設置も増え、環境的にはフォローの...

新日鉄住金エンジ、下水汚泥をバイオ燃料化 (2017/2/9 機械・ロボット・航空機2)

新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区、藤原真一社長、03・6665・2000)を代表とする共同事業体は、広島県から受注した「広島県芦田川流域下水道芦田川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」の建設工...

月島機械など、下水汚泥を固形燃料化 福岡で事業開始 (2016/12/23 機械・ロボット・航空機)

月島機械は福岡市内で、下水汚泥の固形燃料化事業を始める。... 燃料物の平均生成量が年間約3800トン。... 低温による炭化燃料製造技術を用いて燃料物を生成し、石炭火力での混焼利用まで一貫して取り組...

極東開発工業、廃棄物系バイオマスを固形燃料化する成形機 (2016/5/26 機械・ロボット・航空機2)

極東開発工業は木くずや紙、プラスチックなどの廃棄物系バイオマスを圧縮成形して固形燃料にする「突き押し式成形機=写真」を6月1日発売する。... 新製品はスクリューレスと、小型モーター採用などで消費電力...

他のゴミは減容化できるが、紙おむつは減らしづらく、処分のための社会的負担も増す。 ... こうした環境価値を定量化しようと、ライフサイクルアセスメント(LCA)を実施した。 ...

従来の固形燃料化技術に比べて温暖化ガス排出量は79%、導入費は40%、維持管理費は11%削減できる。 ... 汚泥を固形燃料化する前に一部を水熱反応器と担体式高温消化槽で処理する。&...

一部では樹脂系材料を固形燃料にするサーマルリサイクルの事例がある。パルプ系材料も固形燃料になるが熱量が低く、水分も含むため燃焼に向かない。 ... 東京都市大学の伊坪徳宏研究室と環境...

【さいたま】埼玉県下水道局は20日、新河岸川水循環センター(埼玉県和光市)で下水汚泥固形燃料化施設の稼働を始める。下水汚泥を蒸し焼きにして固形燃料にするのが特徴。... 建設費は約35億円、汚泥処理量...

ケア・ルートは廃棄された紙おむつを水溶化し、ビニールやパルプなど素材別にリサイクルしている。プラスチックは専門業者に固形燃料化を委託してきた。

廃プラスチックの固形燃料化にも着手する予定。... このほか建設系廃棄物のうち、埋め立てていた廃プラスチックを固形燃料として製造し、販売する。子会社の富士車輌(滋賀県守山市)が廃プラの固形燃料化技術を...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる