2,952件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

内閣府が2020年7―9月期の国内総生産(GDP)速報値から推計した同四半期のGDPギャップ(需給ギャップ)は、マイナス6・2%だった。... 特に7―9月期のGDP速報で、民間設備投資の落ち込みが顕...

外需の復調などを受けて、生産の持ち直し傾向が強まった一方で、民間設備投資はさらに落ち込んだとし、設備投資の回復の遅れに警戒感を示した。... 11月は景気の現状を表す個別項目のうち生産に関する判断を、...

成長には生産性向上が不可欠との認識の下、生産性運動を推進する中核組織として、経済界、労働界、学識者で構成される日本生産性本部が設立されたのである。 ... 本部では、生産性運動と併せ...

THIS WEEK (2020/11/23 総合2)

23日(月)赤口 勤労感謝の日 ■国 際 ▽10月のシカゴ連邦準備銀行全米活動指数 24日(火)先勝 ■政治・経済 ▽中国...

「貿易・投資」「イノベーションとデジタル化」「持続可能かつ包摂的な成長」を柱に、世界の国内総生産(GDP)で約6割を占める経済圏としての指針を示した。

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)は19日、20カ国・地域(G20)が連携してインフラ投資に取り組めば、新型コロナウイルス流行で打撃を受けた世界の実質国内総生産(GDP)を、2025年までに2...

映画やテレビ番組、音楽、書籍のコンテンツの使用許諾を受けて対価を支払った場合に固定資本形成と見なし、国内総生産(GDP)に民間設備投資として計上するなどの内容。12月8日に公表する2020年7―9月期...

ただ事業規模にしてドイツが国内総生産(GDP)の37%相当、イタリアが同じく34%相当といった具合に、各国が大規模な経済対策を講じたため、20年の財政状況はいずれも大幅に悪化すると予想。... 経済協...

石油ガス部門はカナダの国内総生産(GDP)の約10%に寄与している。

内閣府が16日発表した2020年7―9月期の国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値は前期比5・0%増、年率換算で21・4%増と、データを比較できる80年以降で最高の伸...

内閣府が16日発表した2020年7―9月期の実質国内総生産(GDP)1次速報値は、年率21・4%増で、同28・8%減の記録的落ち込みとなった4―6月期から急反発した。 ... 急反発...

回復ペース、欧米より鈍く 内閣府が16日発表した2020年7―9月期の国内総生産(GDP)は、日本経済の成長力の衰えを如実に示した。... 国際通貨基金(IMF)...

各国政府による発効への国内手続きを経て国内総生産(GDP)や貿易額で世界の約3割に及ぶ貿易圏の誕生を目指す。

THIS WEEK (2020/11/16 総合2)

16日(月)大安 ■政治・経済 ▽7―9月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府) ▽財政制度等審議会財政制度分科会(財務省) ▽9月の鉱工業生産・出荷・在庫確報(経済...

2035年に「1人当たり国内総生産(GDP)を中等先進国並みにする」という目標を明らかにした。 ... 世界第2位の経済大国となっている中国は21年までに小康社会が実現されるが、その...

日本経済研究センターがまとめた11月のESPフォーキャスト調査によると、2020年7―9月期の実質国内総生産(GDP)に関する民間エコノミストらの予測は、平均で前期比年率18・03%増となった。......

2013年に16カ国が参加して始まったRCEP交渉は、妥結すれば国内総生産(GDP)で世界全体の約3割に及ぶ貿易圏となる。

「新たな日常」の構築や、労働生産性の向上といった観点からも、デジタル化のための投資を積極化すべきだとした。... 4―6月期の国内総生産(GDP)統計に基づく内閣府の推計によると、同四半期は日本経済全...

現在、最低賃金の上昇率は国全体の実質国内総生産(GDP)成長率とインフレ率を元に計算され、全国一律で適用されている。

内閣府が16日に発表する2020年7―9月期の国内総生産(GDP)速報について民間調査機関各社がまとめた予測によると、コロナ禍で戦後最大の落ち込みとなった4―6月期からの回復は、落ち込んだ分の半分程度...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる