24件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

政府は、国産ワクチンの開発・生産体制の強化に向けた関係閣僚会議を開いた。会議内では新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、ウイルスの特性に関する知見を踏まえ、必要な場合は政...

国産ワクチンを実現するための世界トップレベルの研究開発拠点の形成に515億円を充てる。

感染症対策の切り札になるワクチン開発にも本腰を入れる。... 国産ワクチン開発に資する世界トップレベルの研究開発拠点の整備・強化に65億円を計上。... ワクチンの開発・生産を取りまとめる井上信治健康...

国として戦略的に推進する重点分野でも、65億円を盛り込み、国産ワクチン開発のための世界トップレベルの研究開発拠点を整備する。

新興・再興感染症の最新の発生状況、ウイルスの感染力や全遺伝情報(ゲノム)、症状など臨床情報を迅速に収集・分析し、国産ワクチンの研究開発につなげる。... 6月に閣議決定した「ワクチン開発・生産体制強化...

塩野義、東南アで新型コロナワクチン治験 3万例目指す (2021/8/20 素材・医療・ヘルスケア)

将来には塩野義がワクチンの製造技術の供与を行いワクチン供給ネットワーク構築に貢献することで、ワクチン調達を進めたいベトナムなどの協力を得られる見通しが立った。 ... 一定の開発期間...

政府は国産ワクチンの開発・生産体制の強化に向けた関係閣僚会議(議長=加藤勝信官房長官)の初会合で、新型コロナウイルスワクチンへの対応として、緊急事態におけるワクチンの特別使用を認めるための制度の在り方...

国産ワクチンへの期待が高まる中、感染症研究者への奨学金を充実させるなど、人材育成にも力を注ぐ。... ―ワクチン開発の進捗(しんちょく)はいかがですか。 ... 中でも期待が高いのが...

既存のRNAワクチンよりはるかに少ない投与量で発症予防効果が期待できるのが特徴で、有力な国産ワクチンとして注目される。 ... インタビュー/代表職務執行者・赤畑渉氏 ウイルスの弱点...

新型コロナウイルスのワクチンについて、一刻も早い接種と並行し、国産ワクチンの開発体制を再構築する必要がある。 ... 政府は国産ワクチンの開発や生産体制構築を省庁横断で取り組む国家戦...

国産ワクチンの開発・生産体制の強化に向けて、1日に閣議決定した省庁横断型の国家プロジェクト「ワクチン開発・生産体制強化戦略」が始動した。... 国産ワクチンは国民の健康保持のみならず、外交や安全保障の...

現在、新型コロナワクチン市場はいわゆる寡占状態。... 一方、国産ワクチンが実用化されるのはまだまだ先。... さらには、18年に独ビオンテックとインフルエンザワクチンの共同開発契約を結んでいて、mR...

政府は1日、国産ワクチンの開発・生産体制の強化に向けた戦略を閣議決定した。新型コロナウイルスのワクチン開発で欧米に比べて出遅れたことを踏まえ、実用化のための研究開発拠点の形成や薬事承認プロセスの迅速化...

製薬協会長、製薬はインフラ産業 厚労省への提言公表 (2021/5/19 素材・医療・ヘルスケア)

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬で日本が後れを取った現状について、中山会長は「国産ワクチンや治療薬創出のためには国内製薬産業の健全な成長が不可欠」とした上で、製薬産業を国の基盤産業、成長産業と位置...

ワクチン開発体制再構築を 日本医療研究開発機構(AMED)は医療分野の研究費配分機関(ファンディングエージェンシー)の役割を持つ。... AMEDが支援する国産ワクチン開発で第1相・...

新型コロナウイルス感染症の国産ワクチン開発が前進している。政府が年内にも国産ワクチンが承認される可能性を言及し、製薬メーカーやバイオベンチャーが進める開発に追い風が吹くとみられる。... 国産ワクチン...

諸外国ではワクチン接種が急速に進み、欧米諸国が今夏には社会経済活動の正常化を目指す中、わが国では国民全体の接種を完了するには、もうしばらくは掛りそうである。国産ワクチン開発が欧米製薬企業に比して遅れ、...

経営ひと言/日阪製作所・竹下好和社長「培養槽で存在感」 (2021/3/2 機械・ロボット・航空機1)

「新型コロナウイルスの国産ワクチンが本格的な生産体制に入れば、量産設備の受注が見込まれる」と話すのは、日阪製作所社長の竹下好和さん。

日本でもワクチン接種に向けた準備が進むが、ワクチン接種の浸透を図るには、開発が進む“国産ワクチン”の実用化が欠かせない。... 【敏感な国民性】 KMバイオロジクス永里社長はmRNA...

日本人に適した国産ワクチンの開発を着実に進めるべきだ。 ... 安全性や保管条件、調達の多様化を考えれば、多少遅れても国産ワクチンを開発する意義がある。... 政府は国産ワクチン開発...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる