252件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

国立情報学研究所とNTT、東京理科大学、大阪大学、日仏情報学連携研究拠点(JFLI)の研究グループは、「時間結晶」と呼ばれる時間的な結晶状態の中から複雑なネットワーク構造を発見した。

国立情報学研究所の滝坂透特任研究員や蓮尾一郎准教授らは、意思決定の支援システムが示す選択肢の正しさを保証しながら高速計算し結果を提示できる手法を開発した。

それを陰で支えたのが、国立情報学研究所が開いたオンライン型シンポジウムだ。... 今は孤立学生のメンタルが気がかりだ」 【略歴】きつれがわ・まさる 83年(昭58)東大院工学系研究科...

「この世界的な災禍の中でも、約1600万人の学生が十分に学習できるよう『データダイエット』にご協力を」と呼びかけるのは、国立情報学研究所長の喜連川優さん。 情報通信回線は全国民が共有...

国立情報学研究所の石川冬樹准教授らは、マツダの研究用モデルを基に、自動運転の経路計画から衝突事故などにつながる危険動作を自動検出する人工知能(AI)技術を開発した。... ドイツ・ミュンヘン工科大学と...

NTTコム、東京―大阪間に伝送基盤 速度400Gbps (2019/12/12 電機・電子部品・情報・通信2)

国立情報学研究所が運営する学術情報ネットワーク「SINET5」の基幹回線(バックボーン)網に組み込まれ、実運用を始めている。

東京大学とソフトバンクは6日、人工知能(AI)の基礎研究と事業化を進める「Beyond(ビヨンド)AI研究所」を2020年に設立すると発表した。 ... 研究所は2拠点。... 国立...

国立情報学研究所との連携によるビッグデータ(大量データ)を扱える超高速回線の建物は、20年に完成予定。18年に整った産業技術総合研究所の施設・設備における、スーパーコンピューターの解析との連動が目玉だ...

国内では例えば脳科学の大量データ(ビッグデータ)解析で、生理学研究所に加え統計数理研究所、国立情報学研究所に長期滞在できるように学則を変更。... 総研大は研究者養成で5年一貫の大学院教育を行う国立大...

新規の書誌情報入力のコストなど大幅に削減できる。... 図書館における書誌情報は、各言語の洋書の表記統一などを厳密にする必要があり、登録の手間がかかる。国内では国立情報学研究所の独自仕様による登録デー...

帝京大学医学部の神野浩光教授と、東京医科大学教授で慶応義塾大学先端生命科学研究所の杉本昌弘特任教授らは、AIを活用し、唾液中の代謝物の濃度の違いから乳がんを検出する診断予測システムを開発した。... ...

個人情報の壁 自分のデータ、自分で管理 車両の運用効率化が目的であっても、走行データには個人情報が含まれる。... クラウド...

18日は外交評論家の岡本行夫氏や国立情報学研究所社会共有知研究センターの新井紀子センター長がそれぞれ講演。

一方、新井紀子国立情報学研究所教授は「コンピューターが数学の言葉を使って動いている限り、予見できる未来にシンギュラリティが来ることはない」と断言する。

日本では直近5年間で東京大学が圧倒的で、第2グループは国立情報学研究所、NTT、東京工業大学、京都大学などだ。機械学習では統計数理研究所や名古屋工業大学も目を引く。画像認識は産業技術総合研究所、東芝に...

低コストな保証技術が必要だ」と指摘するのは、国立情報学研究所副所長の越前功さん。

「新技術の悪用対策は悪用するコストより、悪用を見抜くコストを下げる仕組みが重要」と指摘するのは、国立情報学研究所准教授の山岸順一さん。

日立ハイテクがスコープ 蛍光の計測精度向上 (2019/1/25 電機・電子部品・情報・通信2)

子会社の日立ハイテクサイエンス(東京都港区)が国立情報学研究所と共同開発した。

予算や人員、調達、情報セキュリティー、社会貢献窓口など多くの業務を一元化し、効率化や柔軟な資源配分を追求する。... 4法人は、国立情報学研究所や国立天文台など計17機関を傘下に持つ。... 「国立大...

国立情報学研究所のシン・ワン特任研究員と高木信二特任助教、山岸順一准教授は、自然な音声を手軽に合成できる人工知能(AI)技術を開発した。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる