電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

LCAで“品質”見える化を 社会・企業価値を競争力に 国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)の「パリ協定」(地球温暖化対策の国際的枠組み&...

23年の国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)では、「気候変動と保健」をテーマとする初の会合が開かれた。「気候と健康宣言」には日本を含む120カ国以上が署名し、気候変動に...

競合しないバイオ資源を 国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)が、2023年11月30日から12月13日にかけアラブ首長国連邦...

展望2024/王子HD社長・磯野裕之氏 木質資源利用で新事業 (2024/1/5 素材・建設・環境・エネルギー)

諸物価高騰や為替変動により社会に経費削減、買い控えが広がっている。... 正しい認識を求め、国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)に合わせ中東でアピール活動を行った」&#...

アンモニア燃料船開発 カギ 国際海運から排出される温室効果ガス(GHG)は、国連の専門機関である国際海事機関(IMO)により削減目標...

11月にエジプトで開かれる国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)に向け、適応をめぐる国際的議論の動向と、企業を支援する金融のあり方を探る。

脱炭素・資源循環・自然共生に移行 気候危機と新型コロナウイルス感染症によるパンデミック(世界的大流行)の二つの危機が進行する今日、地球環境容量は限界に近づき、地球生態...

地球と人類社会の未来に貢献する活動で、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の活用を掲げた。... まず国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)による、温室効果ガス排出...

証拠は明白「行動するなら今」 2月末の第2作業部会に引き続き、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で温室効果ガス(GHG)の排...

電事連会長、COP26で「取引ルール合意は成果」 排出減、アジアと協力 (2021/11/22 建設・生活・環境・エネルギー)

電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、英グラスゴーで開かれた国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)について「一番の成果は排出量削減に関する取引ル...

もっとも、どの程度どういう風に気候変動対策するのかについては「議論」の余地がある。... しかし、気候変動対策は世界全体で一定の目標に向かって取り組む必要がある。国連気候変動枠組条約第26回締約国会議...

COP26開催、議論の行方注視 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて延期されていた国連気候変動枠組条約(UNFCCC)...

10月末には英国で「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)」が開かれる。... 気候変動もバイデン政権には「譲れない問題だ」(前嶋教授)。... ジョン・...

今年10月末には英国で国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が予定される。

言葉が似た「気候変動非常事態宣言」を発している自治体が第1号の長崎県壱岐市など国内に約20、世界では1000超の都市で存在する。 ... が、幸か不幸か、こうした事態によって気候変動...

気候変動対策の議論活発化 長い梅雨、局地的豪雨、連日35度Cを超す暑さと、今年の日本の夏は異常気象に見舞われた。... 2015年パリで開催された「国連気候変動枠...

(5回連載) □ 2日、ポーランド・カトヴィツェにて、国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が開幕した。

国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が2日、ポーランドで始まった。... 一方、日本でも有力企業が参加する日本気候リーダーズ・パートナーシップ(J―CLP...

産業春秋/豪雨と猛暑 (2018/7/24 総合1)

2015年12月の国連気候変動枠組条約締約国会議で、産業革命時代からの温度上昇を2度未満に抑えるというパリ協定が決議された。

「昨年末の国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)で採択された2020年以降の地球温暖化対策の新たな法的枠組『パリ協定』を実行に移していく。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン