電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

757件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.042秒)

経営ひと言/タカトリ・増田誠社長「中国で生産増強」 (2024/6/12 機械・ロボット・航空機2)

「現地法人の品質・国際標準化機構(ISO)担当が定期検査している」と協業先にまで目を光らせる。

大日印、プラ部分100%再生材 ICカードのCO2減 (2024/4/23 電機・電子部品・情報・通信1)

リサイクル材は厚みや熱特性、色などの特性でバージン材と異なるが、組み合わせや加工条件の工夫で国際標準化機構(ISO)基準を満たす製品ができた。

新東工業、人的資本情報開示の国際認証取得 活人主義評価 (2024/3/20 機械・ロボット・航空機1)

【名古屋】新東工業は19日、人的資本に関する情報開示の国際的ガイドライン「ISO30414」の認証を取得したと発表した。... 国際標準化機構(ISO)のマネジメン...

工場管理4月号/製造現場の問題発見力を養う (2024/3/15 機械・ロボット・航空機)

総論と解説では製造現場の問題発見力を養うための考え方、問題発見の着眼点、国際標準化機構(ISO)システムを活用した問題発見手法などを紹介。

法令や安全基準に基づく試験では「より厳格化した自社基準を設定し、想定を超えた使用にも安全性を担保できるようにしている」(滝澤部長)と話す。 ... 世界的には国際標準...

スマートファクトリーJapan2024/製造現場の状況可視化 (2024/2/21 電機・電子部品・情報・通信1)

運搬業務の自動化により、従業員は組み立てなど付加価値の高い作業に注力できる。 ... 各社員の技能や資格を可視化することで、組織の状況に応じた人材育成計画の立案が可能になる。... ...

日本原子力研究開発機構(JAEA)は福島第一原子力発電所廃炉に向けて福島県内5カ所の拠点で進める研究・開発の成果報告会を福島県いわき市で開いた。... この手法は国...

自動車の電動化に伴い、試験の基準や規格の国際標準を主導した国が世界市場で優位に立つ可能性は高い。... 国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)での議論をはじめ、国際標準化機構&#...

興研、米大学に清浄機納入 半導体研究向け (2024/1/30 機械・ロボット・航空機2)

KOACHは開放空間内で局所的に国際標準化機構(ISO)規格で清浄度最高のクラス1の環境を作り出す装置。

東京製鉄、厚板など3品目でEPD認証取得 7品目に (2024/1/30 素材・建設・環境・エネルギー2)

東京製鉄は国際的認証機関の米ULから、厚板、酸洗コイル、溶融亜鉛メッキコイルの3品目で環境製品宣言(EPD)を取得した。... EPDは米国発祥の建築物環境性能評価制度で、国際標準化機...

国際標準化機構(ISO)規格に準拠した品質・特性評価を実施し、細胞医療に関わる企業や研究機関のグローバル展開を後押しする。... 米アイ・ピースはこれに先立ち、カリフォルニア州の本社研...

国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)のAIに関する分科委員会で検討し、日本の専門家も加わって国際規格の開発を進めてきた。... ここ数年で、AIをめぐる...

有害物処理・規制 島津、国際標準化で存在感 (2023/12/29 機械・ロボット・航空機)

4月には国際標準化グループを設置しており、日本企業が出遅れがちな標準化作業で存在感を示し、競合との差別化や事業拡大につなげる。... 研究者らとのネットワーク構築・情報収集を行い、国際標準化を目指すワ...

日立建機、人的資本の認証取得 (2023/12/20 機械・ロボット・航空機2)

日立建機は人的資本に関する情報開示の国際的ガイドライン「ISO30414」の認証を取得した。... 国際標準化機構(ISO)のマネジメントシステム規格の一つで、組織が自社の従業員に関す...

神鋼環境ソリュ、ISO規格認証停止 (2023/12/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

神戸製鋼所の完全子会社、神鋼環境ソリューション(神戸市中央区、SKS)は、国際標準化機構(ISO)の認証機関、LRQAリミテッドから取得していた品質管理の規格「ISO9...

経済産業省は介護や清掃、配膳ロボットなどサービスロボットの普及に向け、日本主導で開発した安全運用に関する国際規格が正式に発行されたと公表した。... 国際標準化機構(ISO...

摩耗試験「国際標準」つくる 2025年に欧州で適用される新環境規制「ユーロ7」では、新たにタイヤやブレーキから出る粉塵も対象になる見込みだ。... これらが環境に与える影響の調査は業...

紡績産業ではボリュームゾーンの生産は海外市場にシフトしており、今後はどれだけ高機能化、高付加価値化を進められるかが国内生産品が海外市場で競争力を確保するための条件となる。... リサイクル繊維のJIS...

「これで微弱発光検出の認知度が上がる」と2023年度の産業標準化事業表彰・経済産業大臣表彰受賞を喜ぶのは、東北電子産業(仙台市太白区)社長の山田理恵さん。 ...

大学と企業の接点である学会で標準化に関するシンポジウムなどを開き、アカデミア人材が標準化に関わる接点を構築する。... 24年度から学会で標準化についてのシンポジウムなどを開き、アカデミアとの連携を促...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン