1,014件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

イノフィス(東京都新宿区、古川尚史社長)は、同社の装着型ロボット「マッスルスーツエブリィ」が国際規格ISO13482に基づく認証を取得した。パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する同...

電波天文で進行中の国際計画であるSKAでもさまざまな広帯域アンテナが開発され、利用される。... このフィードはどんなアンテナ光学系にも使え、しかも高周波化が容易な設計自由度にちなんでNINJAフィー...

西部ガス、中国にLNG出荷 タンクコンテナで実証 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

LNG270トンを容量約18トンの国際標準化機構(ISO)規格コンテナ15個に充填した。... 西部ガスは、ひびきLNG基地を活用した中国向け天然ガス販売の事業化を目指している。

一方、国際的な標準時刻である協定世界時(UTC)はというと、国際機関である国際度量衡局が世界中の多数の原子時計を基に決定している。... (火曜日に掲載) ◇電磁波研究所・時空標準研...

【就業環境改善】 ISO(国際標準化機構)に準拠した経営戦略を策定し、女性活躍推進を軸に運営できるように編成した。... 就業環境の改善は女性従業員の定着と活躍を促し、多能工化の推進...

クリーンルーム内で使える国際標準化機構(ISO)クラス1対応のケーブル保護管「eスキン」の新製品と、工具なしで取り外しができる樹脂製ケーブル保護管「E4Q」を開発した。... eスキンフラットは設置ス...

19年に国際標準化機構(ISO)規格として発行されたのは、工作機械の環境測定に関する規格と、プレス機械に関する規格。20年はこれら新しい国際規格の日本産業規格(JIS)化と、新たにプレスブレーキのIS...

2019年 第62回十大新製品賞 (2020/1/6 十大新製品賞)

同社従来機と比べ設置床面積を23%減、機構部質量を10%減、手首部干渉半径を13%削減し、密集した設置レイアウトを可能にした。 ... クリーンルームでの適用が可能な清浄度(ISOク...

国際情勢の変化や五輪開催後の国内需要など新たな動態への注視が肝要だ。... ただ、経済協力開発機構(OECD)が実勢より6カ月程度先行するように策定する景気先行指数では、中国の指数が19年に入り底打ち...

その後、99年には日本産業規格(JIS)に制定され、00年に国際標準化機構(ISO)の規格に制定されるプロセスをたどった。... いまは、この安全規格を国際標準化するための作業が進む。... 18年に...

この政策は、廃棄物問題からリサイクル、シェア経済まで幅広い概念を包含しているが、環境保全に資するだけでなく、経済の活性化につながる、すなわち経済と環境を『ウィンウィン』の関係と位置付けている点では新鮮...

日本航空電子、車載ECU向けコネクター (2019/12/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ピン端子は国際標準化機構(ISO)/日本自動車技術会規格(JASO)標準タブサイズの0・64ミリメートルを採用した。

国際刑事警察機構(インターポール)やデンマーク、ノルウェー、オランダ、豪州、南アフリカ、カナダ警察など世界25以上の機関が採用。... 大規模な地震や津波、テロ事件などが発生した際、犠牲者は複数の国籍...

モノづくり日本会議(事務局=日刊工業新聞社)は5日、産業技術総合研究所、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、製品評価技術基盤機構(NITE)との共催により、東京・内幸町のイイノホールで「国...

IGSAP、向殿安全賞を決定 (2019/12/6 機械・航空機 2)

セーフティグローバル推進機構(IGSAP、大阪市淀川区、06・6399・1211)はモノづくりでの安全の向上に貢献した団体や個人を表彰する第5回「向殿安全賞」の受賞者を決めた。団体(企業)の部はファナ...

日本規格協会(JSA)は、中国標準化協会(CAS)と国際規格の開発など標準化に関する協力協定を結んだ。国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)などの国際規格に関する取り組みや、標準化に関す...

一般道対応の自動運転車の量産化を見据えて準備を進め、安全性を担保し普及を後押しする。 ... 自動運転車の安全性評価手法をめぐっては、日本とドイツが標準化を目指しており、すでに国際標...

原油の国際相場は軟化。12月上旬の石油輸出国機構(OPEC)などによる産油国の会合で、ロシアが協調減産の拡大に賛同しない意向を持っているとの報道を受けて下落している。原油相場の安定化に向けて17年に始...

国際標準を取り巻く環境は刻々と変わっている。... モノづくりだけでなくサービス分野においても標準化の持つ意味は大きくなった。... 経済産業省の調査によると、国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会...

原油の国際相場が上値を試す展開となっている。ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は日本時間28日13時現在、バレル当たり56・5ドル近辺を推移しており、先週の安値に比べ約6%高い。... 一...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる