259件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

国際海事機関(IMO)は50年までに温室効果ガス総排出量の50%以上削減する目標を掲げる。

航空は国際航空運送協会(IATA)が50年までの半減を目標に掲げる。... 海運は国際海事機関(IMO)が50年までの半減、今世紀中のゼロを目標とする。

日本郵船が船体と燃料供給システム、IHI原動機が主機関や排ガス後処理装置をそれぞれ研究・設計する。日本海事協会は安全性を評価する。... 国際海事機関(IMO)は国際海運での温室効果ガス排出量を205...

今治造船はアンモニアの貯蔵タンクや燃料供給システム、主機関を合理的に取り入れた船舶全体の開発を担当する。... 【28年商業運航へ】 国際海事機関(IMO)では温室効果ガスを50年ま...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

造船業では国際競争力の向上を目標に、企業間の連携や技術力の強化に重きを置く。... このような支援は世界貿易機関(WTO)の補助金協定に違反しているおそれがあり、日本と韓国で二国間協議...

中北製作所、調節弁の増産投資 船舶修繕向け受注増にらむ (2020/7/16 機械・ロボット・航空機1)

新造船市況は低調だが、国際海事機関(IMO)の環境規制対応としてバラスト水処理装置などの修繕工事向けの受注が底堅い。

日本は海事クラスターという言葉に甘えてはいけない。... 今治造船、JMUの提携がうまくいくことを望む」 ―国際海事機関(IMO)は2050年までに温室効果ガスの排出量を08年水準の...

(京都・大原佑美子)■西日本に関連記事■ 今治造船との提携に活路 中・韓勢と差別化必要に 6月3日、参議院国際経済・外交に関する調査会。... 国際海事機関(IMO...

1日に国際海事機関(IMO)に加入書を提出し、10月から効力を発揮する。

造船、海運、舶用工業がそろう、わが国の海事クラスターの強みを生かし、海洋国家とモノづくりの復権に挑戦する。... 国際海事機関(IMO)が19年6月に開いた海上安全委員会(MSC101)で、有志国によ...

川崎汽船、2030年にCO2排出量半減 LNG燃料船導入 (2020/6/22 建設・生活・環境・エネルギー)

国際海事機関(IMO)が掲げる同40%改善を上回る挑戦目標を設定。

国際海事機関(IMO)が進める窒素酸化物(NOx)3次規制や二酸化炭素(CO2)削減に対応する開発に取り組んでいる。

【国際標準へ前進】 「グローバルスタンダード」も意識する必要がある。... その一例が液化水素運搬船の建造に際して策定した国際安全基準において、日本の提案が国際海事機関の承認を得たこ...

船の環境規制強化 川重・三菱造船、相次ぎ承認取得 (2020/2/6 機械・ロボット・航空機1)

川重―LPG燃料供給システム ガス運搬さらにクリーン 二元燃料化でも先行 川崎重工業は5日、液化石油ガス(LPG)を船舶燃料として使用可能にする「LPG燃料供給システム」が、日本海事...

国際海事機関(IMO)が今年1月1日、硫黄含有率が0・5%を超える船舶用燃料の使用を禁止して以降、軽油の精製マージンは27%下落している。

国際海事機関(IMO)は50年までに業界の温暖化ガスの排出量を08年の水準から50%削減することを目指している。

【価格競争に】 20年1月から国際海事機関(IMO)による船舶燃料油中の硫黄分濃度(SOx)規制が強化され、環境や省エネ技術に強い日本メーカーには追い風だ。

海運業界では2020年1月から硫黄酸化物(SOX)規制が、国際海事機関(IMO)によって全体的に強化される。... 主機関と発電機機関に二元燃料エンジン「ME―GIエンジン」を搭載。... エネ効率4...

川重、LNG二元燃料システム 設計承認を取得 (2019/12/27 機械・ロボット・航空機)

国際海事機関(IMO)による硫黄酸化物(SOx)規制強化と二酸化炭素(CO2)排出量規制強化を背景に、LNGなどクリーン燃料の利用拡大が見込まれている。

石炭火力発電は環境負荷の高さが国際社会から批判されており、運搬時の環境負荷を抑える。... LNG燃料船は重油燃料船に比べ、国際海事機関(IMO)の今後の環境規制強化に対応しやすい。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる