115件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

私は情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)で、人が過去の出来事を思い出す際の脳の働きに関する研究に取り組んでいる。... (火曜日に掲載) ◇未来ICT...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所の山下歩研究員らは、広島大学などと、人工知能(AI)技術により脳の配線状態からうつ病を見分ける「脳回路マーカー」技術を開発した。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は10日、アジア太平洋トレードセンター(大阪市住之江区)の「セレッソ大阪メガストア」で、小売店の店員ロボットの実証実験を始めた。

筑波大学と国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の研究グループは、ロボットやコンピューターグラフィックス(CG)のキャラクターから褒められることで運動技能を効率的に習得できることを明らかにした。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校、香港大学は、成功と失敗の試行錯誤の結果が意識下に作用することで、ヒトの脳が報酬を得るための行動を合理的に選択する強化学習を...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の脳情報通信総合研究所と情報通信研究機構の脳情報通信融合研究センター(CiNet)は、人工知能(AI)とヒトが互いを訓練するシステムを開発し、ヒトが感じる痛みの軽減...

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者の、強い恐怖と恐怖の過剰抑制という2種類の反応について、脳のスイッチ機能を発見した。

KDDIなど、スマホ依存で共同研究 (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

KDDIはKDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)、エックスネフ(京都府精華町)と連携し、脳神経科学と人工知能(AI)を用いて「スマートフォン依存」の...

【広島】広島大学の岡本泰昌大学院教授らをはじめ、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)や昭和大学などによる研究グループは、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)による検査と人工知能(AI)を用いて特定のうつ病に...

浅見徹審査委員長(国際電気通信基礎技術研究所社長)は講評で「社会課題にスポットを当てたプランが多く、志を感じた」と今後に期待を寄せた。

「ニューラル翻訳」で精度向上 国際化が進む中、国内外の資料を訳す機械翻訳の重要性が高まっている。... 創造的な部分が多く翻訳者をAIに置き換えるのは難しいだろう」 ...

VR(バーチャルリアリティー)技術の発展が著しい。... 私は、こうしたVR技術を脳研究に応用することで、日常の自然な状況での人の脳機能を詳細に調べることができると考え、研究を進めている。 &...

(火曜日に掲載) ◇脳情報通信融合研究センター・脳情報通信融合研究室研究マネージャー 内藤栄一 京都大学大学院人間・環境学研究科修了。カロリンスカ研究所客員研究員、...

5G実用化機運高まる 総務省、クレーン遠隔制御など21件実証 (2019/8/19 電機・電子部品・情報・通信)

総務省は2019年度に実施する第5世代通信(5G)の実証試験21案件を公表した。... 国際電気通信基礎技術研究所はジュピターテレコムと大阪府東大阪市で選手・観客の一体感を演出するスポーツ観戦を実証す...

国内外のスタートアップ、ATRが伴走支援 (2019/7/23 中小企業・地域経済2)

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は22日、国内外のスタートアップ企業を伴走支援する「けいはんなグローバルアクセラレーションプログラムプラス(KGAP+)」を始めた(写真)。

恥ずかしながら私はそれまで、音声認識は話せる人のための技術、音声合成は聞こえる人のための技術と思い込んでおり聴覚障害者の役に立つという発想は全くなかった。... 聴覚障害者は、耳の代わりになる技術を待...

今後さらに翻訳データを集積し、翻訳技術の多分野化・高精度化に取り組んでいく。(火曜日に掲載) ◇NICTフェロー 隅田英一郎 日本アイ・ビー・エム、国際電気通信基礎...

私たちの研究の目的は、人々にとって優しく自然なコミュニケーションを阻害しない、ツールとしての立体(3D)映像技術を研究開発することである。 ... (火曜日に掲載) ...

九工大、デンソー、KDDI、国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)の4者は、高速・大容量の第5世代通信(5G)技術を使って産業用ロボットを制御する実証実験を戸畑キャンパス内で始めた。5Gの無線技術...

【北九州】デンソーなど4者は29日、無線技術を使って産業用ロボットを制御する実証実験を始めたと発表した。高速・大容量の第5世代通信(5G)技術を利用して製造現場の大容量通信や効率化を目指す。 ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる