44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

既存の圧電セラミックスも含めた圧電材料事業として、30年度に売上高100億円を目指す。 ... テイカは医療用超音波画像診断機向けの圧電セラミックス材料として、世界シェア約5割で首位...

電子部品各社はCASEのうち、どの領域に優先して注力しているかをまとめると、京セラや村田製作所などが自動運転(A)を1位に、日本電産やTDKなどが電動化(E)を1位に挙げた。 【生産...

日本電産は子会社の日本電産エレシス(川崎市幸区)で次世代アンテナを活用した単眼カメラとレーダー一体型の世界最小のADASセンサーを開発しており、採用に向けて市場を開拓中だ。日本電産は4月にオムロンの車...

電子部品各社が車載機器やウエアラブル機器向けなどに圧電素子を使ったハプティック(触覚)デバイスの開発を活発化している。... 京セラは圧電素子を活用した触覚伝達技術「ハプティビィティ」を用いて、カーナ...

【国家への奉仕】 「サプライジング・セラミックス」。... ブームを起こし09年3月期には154億円を売ったカラープリンター用圧電セラミックスも今はない。 ... ...

圧電セラミックスの粉と圧電ゾルゲル溶液を混合して塗布し、焼成して圧電膜を作製する。... 圧電セラミックスの膜内部に微細な空隙をもつため、内部を通る超音波が減衰しやすい。... 圧電膜が薄いため、柔軟...

村田製作所、車載用「たわみセンサー」量産 21年度にも (2019/2/5 電機・電子部品・情報・通信2)

圧電セラミックス箔(はく)をたわみセンサーに応用。

時代とともに圧電セラミックスや複合圧電材、単結晶といった素材を用いて超音波の届く帯域を広げてきた。日立が受賞した探触子は、今までの素材とは異なるCMUT(静電容量型マイクロマシン超音波トランスデューサ...

圧電セラミックスの微粒子と粘弾性ポリマーを複合化した電気音響変換フィルム「B・E・A・T・」に仕上げた。

テイカは超音波診断機に使われる圧電セラミックスを手がけ、世界約5割のトップシェアを持つ。TRSは同診断機の高性能化に必要な圧電単結晶に強みがあり、今回の買収で圧電材料事業を拡大する。 ...

竹中工務店、人の歩行で生じる揺れ低減する制振技術を開発 (2017/4/19 建設・エネルギー・生活1)

センサーが振動を検知すると、制御コンピューターが信号を出して圧電セラミックスに電圧を加える。圧電セラミックスの微少な伸縮により、振動を打ち消す波を送る。薄膜の圧電セラミックスを建築構造物の振動制御に応...

NECトーキン(宮城県白石市、小山茂典社長、0224・24・4111)は、カスタム製造の焦電型赤外線センサーを改良した「PL―Nシリーズ」を開発した。 ... 焦電型センサーは、人体...

SAWデバイスの生産は、前工程として圧電セラミックスのウエハーに薄膜・微細加工を施す。

「野洲事業所(滋賀県野洲市)で現在開発中の新製品は、バルク弾性波(BAW)フィルターや薄膜圧電共振器(FBAR)でしか対応できなかった帯域にも入り込める。... シリコン基板向けの加工技術を、圧電体の...

同拠点で生産する既存の圧電セラミックス応用製品とは全く異なる製品になるという。... 同拠点は、圧電セラミックス技術に強みを持つ。

代表的な製品が車室内のディスプレーなどに使われる静電容量方式のタッチパネルで、新たに欧州車メーカーへの供給が決まった。... 「10年前からメーカーと共同開発を進めていたガスメーター向けの圧電セラミッ...

産業技術総合研究所は従来と同等の性能を持ちつつ、人体や環境に有害な鉛を含まない圧電セラミックス材料を開発した。... 結晶構造を制御して圧電特性を最適化して、性能を高めた。... その他の特性値も、既...

そこで本多氏が門をたたいたのが、圧電セラミックスの権威であった京都大学の田中哲郎教授。田中教授の助言で従来の金属で圧電素子を挟み込み一体化したランジュバン型振動子より高感度な円筒型振動子を開発した。&...

環境対策では鉛を使わない圧電セラミックスを開発、08年にこのための新工場を稼働した。

一般的な圧電セラミックスには鉛が組成比で約6割使われているが、ゼロにまで削減できる。... できた無鉛圧電セラミックスは400度C以上の温度でも特性を失わない。... 開発した圧電セラミックスを使った...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる